「ドクターXスペシャルドラマ」の復刻版って再放送のこと?

ドクターXスペシャル~復刻版~

皆さん、こんにちは!

2018年9月30日、テレビ朝日系で

「ドクターX外科医・大門未知子スペシャル」復刻版が放送されるということで話題となってます!

これは2016年7月に放送されたSPドラマに、新たな未公開映像シーンが加わった再編集版です!

こちらの記事では、「ドクターXスペシャル~復刻版~」の放送日時と、SPドラマのあらすじやキャストについてもう一度振り返っていきたいと思います。

目次

「ドクターXスペシャルドラマ~復刻版~」の番組情報

  • 放送日:2018年9月30日(日)
  • 放送時間:よる9:00~11:14
  • 放送時間:テレビ朝日系24局

北海道テレビ放送、青森朝日放送、岩手朝日テレビ、東日本放送、秋田朝日放送、山形テレビ、福島放送、テレビ朝日、新潟テレビ21、長野朝日放送、静岡朝日テレビ、北陸朝日放送、メ~テレ、朝日放送テレビ、瀬戸内海放送、愛媛朝日テレビ、広島ホームテレビ、山口朝日放送、九州朝日放送、長崎文化放送、熊本朝日放送、大分朝日放送、鹿児島放送、琉球朝日放送

 

「ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル」作品紹介

ふくまめ
こちらでは、2016年7月に放送された、シリーズただ一つのスペシャルドラマの概要・あらすじ・キャスト一覧についてご紹介しますね。

「ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル」の概要

  • 脚本:中園 ミホ
  • 音楽:沢田 完
  • 企画協力:古賀 誠一(オスカープロモーション)
  • ゼネラルプロデューサー:内山 聖子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:峰島 あゆみ(テレビ朝日)、都築 歩(テレビ朝日)、霜田 一寿(ザ・ワークス)、菊地 裕幸(ザ・ワークス)、大垣 一穂(ザ・ワークス)
  • 演出:田村 直己(テレビ朝日)
  • 制作協力:ザ・ワークス
  • 制作著作:テレビ朝日

「ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル」のあらすじ

ドクターX外科医・大門未知子と言えば、「いたしません」、「私、失敗しないので」のセリフでおなじみですね。

「ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャルは、第3シリーズが終わってから1年7ケ月ぶりの放送となり、大門未知子は金沢を舞台に日本医療界トップの座をめぐる騒動に巻き添えを食らってしまいます。

そして最大の武器を奪われて危機に直面した大門未知子が言ったセリフが「私、失敗したので。」

金沢の街角で路チューをしていた衆議院議員・一ノ瀬愛子(岸本加世子)が、ふいに苦しみの表情を浮かべて倒れた。

相手の男が慌てて逃げ出す中、偶然居合わせたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は予断を許さない容体だと察知。

すぐさま愛子とともに救急車に乗り込み、国から「最新医療特区」に認定された日本初の創薬の拠点「クロス医療センター」へ。

新薬投与による内科的治療を最優先する病院側の制止を振り切り、鮮やかなオペで患者の命を救う。

そんな彼女をモニター越しに注視する人物がいた。
彼こそは「クロス医療センター」の病院長・黒須貫太郎(ビートたけし)。

未知子の腕を見込んで雇おうと決めた黒須は、ただちに未知子が所属する「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)と交渉する。

しかし、未知子は頑として派遣を拒否。
黒須がほかでもない、苦しむ愛子を置き去りにして逃げた男だったからだ。

だが結局、晶に言いくるめられ、未知子は「クロス医療センター」で働くことに。
外科医を見下す内科医軍団の冷遇を受けながら、勤務初日を迎える。

そんな中、黒須が何を思ったか、未知子にあるオペを依頼してきた!
患者は「国立高度医療センター金沢分院」から極秘転院してきた国民的フィギュアスケーター・氷室光二郎。

複雑なCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を患い、手術は不可能と目される患者だ。
しかし、未知子は「100%完璧な手術をする」と断言し、不安がる氷室を説得。

何が何でも命を救うため、きたる手術に向けて英気を養う。
ところが、そんな未知子に黒須は“とんでもない条件”を提示。

しかもその矢先、“外科医としての最大の武器”を奪われる危機に陥った未知子は、ありえない言葉を口にすることになる。

「私、失敗したので」――それは“失敗しない外科医”として邁進してきた未知子とは思えぬ言葉だった…!
引用元:「ドクターXスペシャル~復刻版~」公式HP

 

NHKドラマ「フェイクニュース」キャスト一覧

名医紹介所

役:大門 未知子(だいもん・みちこ)/米倉 涼子


らんちゃん
米倉涼子さんは、フリーランスの外科医・大門 未知子という役を演じます。

人物の特徴

  • 「神原名医紹介所」に所属のフリーランスの外科医。
  • 勤務時間は絶対厳守。
  • 権力闘争に無関心。
  • 腕を磨き、超一流の外科医。
  • 桁違いに高額な手術報酬代。
  • 自分の腕に絶対の自信を持つ。
  • 物怖じしなく、言いたいことを口にする。
  • 趣味・特技は手術。
  • 船医、軍医の経験あり。

米倉涼子さんのコメントです。

今回は台本表紙の文字の色からして、派手なゴールド!
私自身もスペシャルな気分で臨めるなって、心が躍りました。

その半面、久々ということもあり、「メスでうっかり自分の腕を切っちゃったりしないかな?」って、心配にもなりましたね(笑)。
しかも、真夏から撮影が始まった前回までと違い、今回は最初から最後まで“真冬の未知子”。
それでもいつも通り“素足にミニスカート”なのかな…と、心配だったりもします(笑)。

そんな中、私の中で「今回も皆さんに受け入れていただけるよう、未知子と一緒になって頑張ろう!」という気持ちが強いのも事実。というのも第3シリーズ終了以降、プライベートでもたくさんの方が「今年は未知子をやらないの?」と声を掛けてくださって、すごくうれしくて…! 「やっぱり私には大門未知子が必要なのかな。また演じたいな」という思いが強くなっていったんです。

また、去年は再放送や飛行機の中で『ドクターX』を見る機会にも恵まれて、今までになく客観的に、いろんなキャストさんの動きやセリフを楽しめたんですよ。
「あぁ、『ドクターX』って面白いわ!」って、改めて作品のパワーを肌で感じました。

大門未知子は絶対に、私一人では作り上げられなかったキャラクター。
時に彼女に怯え、時に茶化すレギュラー陣のリアクション、それを受けての掛け合いの中で膨らんできた人物像なんです。
そんな、いつも私を支えてくださる“大切な仲間”とまたご一緒できるのが、すごく楽しみです!

今回の未知子にはまた、新しい試練が待っています。
前回のシリーズでは未知子が敬愛する晶さんの手術で人として大いに揺れ、最後には宇宙にまで行ってしまったし、私自身は「本当にこれで終わり」というつもりで臨んでいたんです。
でも、今回の台本を読んで「なるほど! 未知子に終わりはないんだな」って実感しました。

今回は未知子から「私、失敗したので」と、まさかの衝撃発言も飛び出しますが、それも未知子らしい!
すべてを受け止めながらも、真実に体当たりで突き進んでいく姿に触れ、「やっぱりカッコいい人だな」って思いました。

この発言の背景をドラマでご確認いただければ、皆さんにも同じように感じていただけるはずです。
とにかく今回の物語も、演者である私が感謝してもし切れないほど、すごく面白い! 見どころは…「路チュー」(笑)。
楽しみにしていてください!

実は、何年も前から「たけしさんと共演したい」と、プロデューサーさんにお願いしていたんです。
でも、まさかテレビドラマに出てくださるとは思ってもいなかったので、すごくうれしい限りです。

たけしさんはこれまでも悪役をたくさん演じられていますし、その時のお芝居のイメージから「もしかして怖い人なのかな?」と思ったりもしていたんですけど、実際はとてもユーモアがあって、オチャメで楽しい方でした。
ですから、今回の現場でも人気者で、いつも周辺をほかのキャストの皆さんに陣取られているんです。

でも、約3日後に控えた撮影ではようやく、たけしさんを独り占めできる時間に恵まれそうなので、いろいろお話ししたいです!

今回、久々にオペのシーンでレギュラー出演者の皆さんと再会し、結束力が一層高まっていると感じました。
そして、何よりも驚いたのは、手術室から上を見上げた時の光景。

たけしさんをはじめ、(岸部)一徳さんや橋爪(功)さんといった、ものすごく豪華なメンバーがズラリと並んでいたんですよ!
「今回の『ドクターX』はスゴイな」って、気迫みたいなものをすごく感じました。

『ドクターX』はどこか現実に基づいたフィクション。
視聴者の皆さんには、物語の最初と最後を飾る“路チュー”はもちろんですが(笑)、医療現場の内幕もぜひ見ていただきたいです。
引用元:「ドクターXスペシャル~復刻版~」公式HP

役:神原 晶(かんばら・あきら)/岸部 一徳

 

View this post on Instagram

 

ベンケーシーも健在です😺 #ドクターX #岸部一徳

【公式】ドクターX ~外科医・大門未知子~さん(@doctorx_official)がシェアした投稿 –


らんちゃん
岸部 一徳さんは、大門未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長・神原 晶役を演じます。

人物の特徴

  • 未知子が「師匠」と慕う存在。
  • 過去に医師免許をはく奪された元外科医。
  • 大学病院の内情に詳しい。
  • 趣味は麻雀。
  • 第3シリーズで手術適応外の重病で命の危機を未知子のオペに救われる。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)/内田 有紀

 

View this post on Instagram

 

博美さんの厳しい視線の先には… #ドクターX #第6話より #海老名先生

【公式】ドクターX ~外科医・大門未知子~さん(@doctorx_official)がシェアした投稿 –


らんちゃん
内田 有紀さんは、麻酔科医として信用性が高い腕を持つクールな女性役・城之内 博美を演じます。

人物の特徴

  • 「神原名医紹介所」に所属。
  • 一人娘を育てるシングルマザー。
  • フリーに転身。
  • 未知子と公私ともに信頼関係を築く仲。
  • 未知子と「クロス医療センター」で働く。

クロス医療センター

役:黒須 貫太郎(くろす・かんたろう)/ビートたけし


らんちゃん
ビートたけしさんは「クロス医療センター」の病院長・黒須 貫太郎役を演じます。

人物の特徴

  • 元々は外科医で内科医に転身。
  • パッと見穏やかそうで物腰が柔らかい。
  • なにを考えているか読めないところがある。
  • 大門未知子をヘッドハンティング。

ビートたけしさんのコメントです。

『ドクターX』は以前から知っていました。
僕は普段、テレビの中をパンツ一丁で走ってるようなタイプなので(笑)、今回のオファーはありがたかったです。

ましてや、大門未知子の敵となる役で、それなりに立てていただいて…。
ほかにもっと上手い俳優がたくさんいるのに、申し訳ございません(笑)。

実は今回、オファーを受けて、真っ先に「オレも手術するのかな? それはダメだ!」と思ったんですよ。
なんせ手先が不器用なものでね。
それで番組サイドに「投薬の方がいい」と言ったら、まさにそっち派だと言われて、安心しました。

医者の役も初めてだけど、間抜けな野球解説者みたいに(笑)、上から言いたいことを言ってるだけの病院長役だから、ありがたいですね!

僕が演じる黒須は悪徳病院長。病院長のように位の高い人は、自分の立場を正当化するためにいろんな理屈をつけるんだけど、黒須はその典型だと思って演じてます。
その一方で、黒須は心の奥で大門未知子の腕に嫉妬し、悔しがってる。そういう感じを物語が進むにつれて、にじみ出していきたいと思ってます。

米倉さんはすごくテキパキしていて、こんなに器用な人だとは思いませんでした。
実は僕の担当医も女医さんで、普段は女っぽいけど、仕事になるとテキパキしていて、男っぽいんですよ。

だから、米倉さんは女医役にピッタリだと思うし、実際にちっとも違和感がない!
そんな米倉さんに対して、僕はよく難しいセリフを噛んだりして、迷惑をかけてばかりで…。
米倉さん、いつも耐えていただいて、ありがとうございます(笑)。

今回の『ドクターX』は一人の天才女医を中心に、難しく言えば現代の医療体制、もっと難しく言うと厚生労働省を頂点とした医療の問題を深くえぐり取る作品!

人間関係とはどういうものなのかも分かるドラマですので、ぜひとも見てください!
引用元:「ドクターXスペシャル~復刻版~」公式HP

役:青柳 忠志(あおやぎ・ただし)/橋爪 功

 

View this post on Instagram

 

好きやわぁ。 関西弁話してはるん聞いたらキュンとするわ❤️ #ナイトスクープ #橋爪功

AYAさん(@aya.spica12)がシェアした投稿 –


らんちゃん
橋爪 功さんは、「クロス医療センター」の事務局長・青柳 忠志を演じます。

人物の特徴

  • 陰で病院長の黒須貫太郎を支える。
  • マスコミ操作、あらゆる裏工作の手引きをする。

役:黄川田 高之(きかわだ・たかゆき)/生瀬 勝久

らんちゃん
生瀬 勝久さんは、「クロス医療センター」の内科部長・黄川田 高之役を演じます。

人物の特徴

  • 尊大な態度で部下を支配、「御意」軍団を形成。
  • アメリカ最先端のがんセンターで留学経験あり。
  • オペを批判、21世紀は薬の時代だと吹き散らす。
  • 外科医を見下し、大門未知子をヘルパー扱い。

役:桃井 富世(ももい・とみよ)/鹿沼 憂妃

らんちゃん
鹿沼 憂妃さんは、「クロス医療センター」の事務局秘書・桃井 富世役を演じます。

人物の特徴

  • 事務局長・青柳とお揃いのメガネに実は秘密がある。

国立高度医療センター

役:蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)/西田 敏行

らんちゃん
西田 敏行さんは、「国立高度医療センター」の総長・蛭間 重勝役を演じます。

人物の特徴

  • 「帝都医科大学付属病院」の外科統括部長、「西京大学病院」の病院長就任を経て、「国立高度医療センター」総長への鞍替えに成功。
  • 表向きは温和だが、裏では 冷酷無慙。
  • 大門未知子に積年の恨みを抱く。
  • 医療界のトップに君臨することが目的。

役:海老名 敬(えびな・たかし)/遠藤 憲一

らんちゃん
遠藤 憲一さんは、「国立高度医療センター」の戦略統合外科部長・海老名 敬役を演じます。

人物の特徴

  • 上には弱く、下には強い人間。
  • 多臓器体外摘出腫瘍切除手術」の執刀医として高い評価を受けた経験がある。
  • 総長の蛭間重勝に頭が上がらない。
  • 「御意」と言わせる立場にまで名声を博した。

役:加地 秀樹(かじ・ひでき)/勝村 政信

 

View this post on Instagram

 

ずっとおさぼりマンでごめんなさい…🙏🏿 前髪アップの勝村さんは控えめに言って最高💕 #蝶の眠り #勝村政信 #まいにち勝村

🥀 紗 奈 🥀さん(@__s_a_n_a_gram)がシェアした投稿 –

らんちゃん
勝村 政信さんは、国立高度医療センター」の戦略統合外科副部長・加地 秀樹役を演じます。

人物の特徴

  • 腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほどの凄腕。
  • 金に汚い男。
  • 「帝都医大・高松第24分院」に左遷された過去をもつ。
  • 今回、「国立高度医療センター金沢分院」へ出張。

役:原 守(はら・まもる)/鈴木 浩介

らんちゃん
鈴木 浩介さんは、「国立高度医療センター」の戦略統合外科医長・原 守役を演じます。

人物の特徴

  • 「国立高度医療センター金沢分院」へ出張。
  • 過去、「帝都医科大学付属第三病院」から、旭川の関連病院へ転勤。
  • ウラジオストクで“甲状腺がんのスペシャリストとして活躍。
  • 上の人間には頭の上がらない気の弱い男。
  • 患者の心に寄り添った医療を目指す心の温かい男。

役:一ノ瀬 愛子(いちのせ・あいこ)/岸本 加世子

 

View this post on Instagram

 

今日は結婚式に出席しました。

岸本加世子さん(@kayokokishimoto)がシェアした投稿 –

らんちゃん
岸本 加世子さんは、衆議院議員・一ノ瀬 愛子役を演じます。

人物の特徴

  • 病院長・黒須貫太郎と恋人関係。
  • 今回、黒須と密会中に倒れ、大門未知子によって命を救われる。

役:赤木 源(あかぎ・げん)/青木 崇高

らんちゃん
青木 崇高さんは、金沢のマタギで、一児の父・赤木 源役を演じます。

人物の特徴

  • 石川県輪島市の伝統芸能「御陣乗太鼓」の選手として活動。

役:氷室 光二郎(ひむろ・こうじろう)/伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP)

らんちゃん
伊野尾 慧さんは、世界大会出場を目前に控えたフィギュアスケートのメダリスト・氷室 光二郎役を演じます。

人物の特徴

  • 今回怪我で大門未知子のオペを受ける決意をする。
  • 「クロス医療センター」に転院。

役:金沢 春美(かなざわ・はるみ)/橋本 マナミ

 

View this post on Instagram

 

今夜19時からフジテレビ #ドレミファドン みてねん😊オレンジチーム😊バイキング終わったよー!お疲れ様💕

橋本マナミさん(@manami84808)がシェアした投稿 –

らんちゃん
橋本 マナミさんは、金沢にある鮨屋の美人女将・金沢 春美役を演じます。

人物の特徴

  • 神原晶と以前からの知り合い。
  • 晶に気のある素振りを見せる女将。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年9月30日、テレビ朝日系で「ドクターX外科医・大門未知子スペシャル」復刻版が放送されるということで、スペシャルドラマのあらすじやキャストについてもう一度振り返ってきました。

「ドクターXSPドラマの復刻版」とはSPドラマの再放送に未公開映像シーンがプラスされた内容になります。
未公開映像知りたいので見逃すわけにはいきませんね!

なお米倉さんは、10月からのテレビ朝日系のドクターX」の木曜夜9時ドラマ枠において、連続主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」で、今度はパワフルな元弁護士のヒロイン役を演じます。

また米倉さんの熱演が見られのでこちらも楽しみです!

ミタイケロ
SNSには、うぇええー!ドクターXスペシャルドラマ!?マジで!?嬉しいーーという声がたくさん上がってますね♪たのしみぃ~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラン

三毛猫が大好きで料理が得意な主婦のランです。 昔のバブリーなトレンドドラマからドラマ大好きで感情移入しやすい性格でドラマにはまっています。 最近のドラマは、昔のようなトレンドドラマではなく、とても緻密でそして、人間模様もものすごく複雑なので、いつも展開にハラハラさせられながら、楽しく観ています。 昔は、録画し忘れて、見逃したら、大変だったけど、今は、見逃しても動画サイトがあるから、便利な時代になりましたね。それにまとめて一気に観れるというのもちょっとドラマを楽しむ醍醐味でもありますね。 ストーリー展開が面白いドラマが多くて、いつもどれも見ようか迷ってしまうけど、やっぱり、キュンキュンものが個人的には、好きかな。。 まあ、いつまでも乙女の心は忘れちゃいけないしね♪ そんな私が気になるドラマやドラマにまつわることを気ままに書いてみたので読んでみてね♪