NHKドラマ「フェイクニュース」放送日は?キャスト・あらすじ内容・原作も

フェイクニュース 2018年秋ドラマ

皆さん、こんにちは!

2018年10月20日、10月27日、NHK総合テレビで「フェイクニュース」が放送されます。

北川景子さんはNHKドラマ初主演、野木亜紀子さんはNHKドラマ初執筆となるオリジナル作品です。

大手新聞社からネットメディアに出向してきた女性記者が、あるSNSへの投稿をきっかけにフェイクニュースの真相を追求し奔走する姿が描かれます。

今、フェイクニュースが世間を騒がせていますが、NHKドラマとしてどんな展開になっていくのか見逃すわけにはいきません。

こちらの記事では、NHKドラマ「フェイクニュース」の放送日、放送時間、あらすじ、見どころ、キャスト一覧についてご紹介します。

NHKドラマ「フェイクニュース」の概要は?

  • タイトル:「フェイクニュース」
  • 放送日:10月20日(土)前編 / 27日(土)後編
  • 放送時間:よる9:00~9:49
  • 原作:野木亜紀子作によるオリジナル作品
  • 音楽:牛尾憲輔
  • 演出:前編:堀切園健太郎、後編:佐々木善春
  • 制作統括:土屋勝裕
  • プロデューサー:北野 拓

NHKドラマ「フェイクニュース」作品紹介

NHKドラマ「フェイクニュース」気になるあらすじは?

大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲 樹(北川景子)はある日、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)からインスタント食品への青虫混入事件について取材するよう命じられる。

樹の前に現れたのは、SNSに青虫混入の投稿をした男(光石 研)。

この男は嘘をつぶやいたのか。
一体、何が目的なのか。

青虫混入の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ拡大。

企業間の争いにまで発展し、やがてその矛先は樹自身にまで及ぶ。

何が本当で何が嘘かもわからない世界の中で、樹は記者としてフェイクニュースにどう立ち向かうのか。

一連のフェイクニュース騒動の果てに、樹が見つけた真実とは──。
引用元:NHKオンライン公式サイト

 

NHKドラマ「フェイクニュース」原作&脚本情報

NHKドラマ「フェイクニュース」の原作は、漫画・小説を原作とする実写映像化作品の脚本を多く手がける脚本家・野木亜紀子さんのオリジナル作品です。

脚本家・野木亜紀子さんコメント

2017年の春、北野プロデューサーから「オリジナルが作りたい」という話をいただき、じゃあ互いに興味があるネタはなんだろう、と話し合っているうちに合致したのが「フェイクニュース」でした。

当時はまだファクトチェックどころかフェイクニュースという言葉そのものが一般に浸透していなかったため、フェイクニュースとはどういうもので何が問題かという「フェイクニュース入門」のドラマを考えていました。

年が明け2018年。前の仕事がようやく終わり、さあ書くぞと周囲を見まわしたら、フェイクニュースを取り巻く状況は一変していました。

当初のプロットはすべて捨て、まるっきり新しいドラマを作ることにしました。

おそらく半年もすれば今の内容も古くなっていることでしょう。

一方で、このドラマで描いている混乱は、半年後、一年後、十年後ですら変わらずに起こるような気もしています。

まったく喜べません。とはいえ、これはフィクションです。

エンターテインメントドラマです。

「NHK! 社会派! 現代社会に警鐘!」なんていうと難しいドラマのようですが、いうても青虫です。

青虫と登場人物たちの悲喜こもごもを、軽い気持ちで観みていただけたら幸いです。
引用元:NHKオンライン公式サイト

 

主な代表作

ラッキーセブン(フジテレビ:2012年1月)

空飛ぶ広報室(TBS:2013年4月)

重版出来!(TBS:2016年4月)

逃げるは恥だが役に立つ(TBS:2016年10月)

アンナチュラル(TBS:2018年1月)

NHKドラマ「フェイクニュース」キャスト一覧

キャストに関しては現在わかっている情報をご案内します。
詳細等が発表され次第更新します。

役:東雲樹/北川景子

 

View this post on Instagram

 

#北川景子 #keikokitagawa

北川景子さん(@kitagawakeiko0822)がシェアした投稿 –

北川景子さんは、大手新聞社からネットメディアに出向している女性記者で主人公の東雲樹という役を演じます。

大手新聞社からネットメディアに出向してきた女性記者が、今世間を騒がせているフェイクニュースの真相を追求するために奔走する姿を演じます。

大手新聞記者としてのプライドと、仕事に対する姿勢と熱い想いを持った女性です。

ある一人の男がSNSに投稿した青虫混入事件をきっかけにネットメディアの現実を知り、取材を始めていく中で何が本当で何が嘘かわからないフェイクニュースの闇の世界に立ち向かっていく記者です。

役:宇佐美寛治/新井浩文

新井浩文さんは、東雲樹が大手新聞社から出向してきたネットメディアの編集長役を演じます。

SNSに投稿した男/光石 研

光石 研さんは、SNSに青虫混入の投稿をした男役を演じます。

光石さんは、癖のあるキャラクターも演じられる名脇役として定評があるので、フェイクニュース騒動の癖のある人物をどう演じるのか楽しみですね。

役名未詳/永山絢斗


[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”cat02.JPG” name=”らんちゃん”] 詳細等が発表され次第更新します。

役名未詳/矢本悠馬

詳細等が発表され次第更新します。

役名不詳/岩松 了

 

View this post on Instagram

 

鶴屋南北戯曲賞のお祝い #岩松了

秀樹 佐藤さん(@fighters21)がシェアした投稿 –

詳細等が発表され次第更新します。

役名未詳/杉本哲太

詳細等が発表され次第更新します。

NHKドラマ「フェイクニュース」の見どころと期待度は?

フェイクニュースについて調べてみました。

フェイクニュースとは、事実ではない、虚偽・デタラメな内容の情報・報道の総称である。
読み手が真に受けて(事実として受け取り)、ソーシャルメディアなどを通じて広く拡散され、時には世論を動かしたり社会的な混乱を招いたりすることもある。(引用元:IT用語辞典

今や世間で話題となってるフェイクニュース。
凄く巧妙に作られているニュースがネットの力でどんどんと拡散されていったらと思うと本当に恐ろしいです。

情報社会の渦中にいる私たちにはネットの情報が何が本当で何が嘘なのかを見極める力が必要と言われています。

ドラマでは、北川景子さん演じるネットメディアに勤務する樹が、『インスタント食品への青虫混入事件について取材するよう命じられる』となっており、樹はSNSに青虫混入の投稿をした男と事件についての真相をとことん調べていくことになりますが、矛先が樹自身にまで及ぶようになっていくようです。

ドラマは刑事ものではないので、ネットメディアのいち記者として真相を調べてあぶりだしていく樹を北川景子さんがどう演じるのかが一番の見どころだと思います。

フェイクニュースによる社会への影響は今後時代と共にもっともっと激しく、悪意あるものも出てくるかもしれないです。

今回のドラマをきっかに、フェイクニュースをあまりよくわかってない人に向けて、

・「誰が何の目的でフェイクニュースを作っているのか?」
・「フェイクニュースが溢れる世界で、どのように事実を探っていくのか?」
・「誰もが何を信じていいのかわからないフェイクニュースが持つ闇の部分にどう向き合い、このドラマの結末はいかに?」

このドラマを見終わった後、上記のことを含め、嘘や真実の見分け方や何か考えさせられる内容に期待したいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年10月20日、10月27日、NHK総合、土曜テレビで放送「フェイクニュース」

放送日、放送時間、あらすじ、見どころ、キャスト一覧についてご紹介しました。

ミタイケロ
ミタイケロ

フェイクニュースの真相を北川景子さんがどのように突き止めていくのか楽しみですね。

コメント

error:Content is protected !!