「後妻業」木村佳乃の変なエセ関西弁は、練習して上手くなるのか!?

2019年1月22日にスタートした、木村佳乃さん主演の「後妻業」。

初回視聴率は関東8.7% 関西は13.7%の高視聴率で好発進をきりましたね!

木村佳乃さん演じる・主人公・武内小夜子は資産家の老人をたぶらかし、遺産相続目当ての結婚詐欺を行う天才的な後妻業。

小夜子は、後妻業のエース・柏木亨(高橋克典さん)とバディを組み、大阪を舞台にストーリーが展開していきます。

ところが、「後妻業」1話放送終了後、出演者、特に木村佳乃さんの話す関西弁に「違和感を持つ!」「下手過ぎてドラマに集中できない」「途中離脱」といったネガティブな評価が続出してます!!

木村佳乃さんファンの筆者としては非常に気の毒に思いますが、複雑で難しいと言われる関西弁(大阪弁)は練習して果たして上手くなるのでしょうか?

世の中の評価に目を通しつつ、その原因を探り検証していきたいと思います。

関西弁ネイティブによる厳しい評価

「後妻業」小夜子を演じる木村佳乃さんの関西弁に絡む厳しい意見は、関西弁ネイティブ視聴者から多数上がっている模様です。

その一部を抜粋すると、

・破壊的にド下手な関西弁のせいで、ストーリーがちぃとも頭に入ってけえへんねんけど

・木村佳乃の関西弁が違和感ありまくって1時間経っても慣れない

・顔芸演技心配されてた割にマシ…というかめちゃくちゃ上手いと思うんだけど。むしろ高橋克典はじめ他の人が下手すぎ

・なんで関西出身でもない木村佳乃と高橋克典が関西弁で役やってんねやろ 違和感しかないやんこれ

・何か木村佳乃ってこんなに下手だった?変な関西弁のせい?大竹しのぶが凄すぎたせい?
後妻業ってドラマの木村佳乃の関西弁下手すぎ。見る気失せる。やめて欲しい。 関東人の関西弁って本当に下手。

・新ドラマ後妻業、観たいんやけど、下手な関西弁アレルギーあるから、観れないかも… 木村佳乃ファンやねんけど… アクセントだけじゃない。

・後妻業、見たいな 木村佳乃さんの関西弁が上手いかどうかも気になるけどな 下手だと見る気になれない

・後妻業、見てるんやけどさ、やっぱ違和感ある関西弁が気になるよねーwけど木村佳乃の関西弁はだいぶん頑張ってる!

というように、ドラマにおける「エセ関西弁はどうも違和感があってドラマに集中できないレベル」との鋭い指摘が次から次へと上がりました。

 

でも以下のように『エセ関西弁』を含め、佳乃さんの「顔芸」や「小夜子役」を面白い、ドラマ楽しいと感じている人の声もたくさん上がってました!

・ブラックコメディとして見たら面白いけどなあ。関西弁がダメダメなの? 木村佳乃 対 木村多江 顔芸も含め面白い。 私は来週も見ます。

・「後妻業」見たんだけどみんな関西弁が不自然じゃない?でも木村佳乃さんは面白いから期待できそう(ドラマの変顔も面白可愛かった)

・木村対決が面白いし、木村佳乃さんの変顔最高🤪佳乃さんの関西弁はネイティブな方には耳障りかもですが、私は逆にネイティブ関西弁は聞き取りにくいので此方の方が良い感じでした。

・最初はちょっとイメージ違う気がしたし、コテコテの関西弁が気になっちゃったけど、ストーリーは面白いし、見てるうちに馴染んできたw

・木村佳乃さん好きやけど、関西弁がおもしろいことになってる

・後妻業見てるけど、ゲスさも含めて木村佳乃の関西弁上手くておもしろいなー。

木村佳乃さん演じる小夜子はどんなキャラクター?

木村佳乃さん演じる武内小夜子は、男をたぶらかす天才後妻業、お金に目がなく派手好きで、関西弁が強烈なキャラクター。

清純なウェディングドレスからスタイリッシュな深紅のコートにド派手なサングラス、なにわのスタンダード・毛皮にヒョウ柄の着こなし、時には阪神タイガースのバッグを携えるなど、七変化ファッションに身を包み、男性がコロッといってしまう魔性の女。

小夜子は資産家の老人をたぶらかし、遺産相続目当ての結婚詐欺を繰り返す悪人なのに、天然ボケな一面もあってなぜか憎めない女。

木村佳乃さんはファッションウィッグをつけたり、全身お金がかかっている感を出すなど、男性がコロッといってしまう小夜子像を作るのに凄くこだわったみたいです。

木村佳乃さんの関西弁の練習法は?

では、木村佳乃さんはどのようにして関西弁を練習されてるのか見ていきましょう。

強烈な関西弁のキャラを持った小夜子役を演じるにおいて、まずセリフを覚え、次にイントネーションを覚え、そのイントネーションにとらわれないでお芝居に持っていくという流れで行っており、通常の倍以上の時間がかかってしまうらしいです。

方言指導の先生からもお芝居に合わせたイントネーションの練習を行い、家に帰ってからも方言指導の先生のテープをずっと聞いているという、一日中関西弁にどっぷりつかった生活を送られているようですね。

ご本人も関西弁は難しくて、すごく緊張すると言ってます。

関東で育った方にとって、関西弁を習得するのは本当に至難の業なのだろうと思います。

 

特に小夜子役が「関西弁が強烈なキャラクター」なので、強めに言う関西弁が、お芝居ではオーバーな表現になってしまい、佳乃さんの関西弁がどうしても「悪の強い関西弁」に感じてしまうのは仕方ないのかなと思ったりもします。

 

方言はその土地に住みついて耳で聞きなれないと「ちょうど良い程度」という感覚がわかりませんよね。

木村佳乃のエセ関西弁は、練習して上手くなるのか!?

さて一日中関西弁にどっぷりつかった生活を送っている木村佳乃さんのエセ関西弁は、練習して上手くなるのでしょうか?

東京の人が、笑いを誘う為にコミカルに、無理した喋り方を関西弁で話すと、変なイントネーションの下品(?)なエセ関西弁になり、イラッとしてしまいがちなところはあるかな。

小夜子の強烈な関西弁を話すキャラクターの役作りとしては、方向性は間違ってないと思うのですが、関西弁はそうでなくても標準語と比べると癖があるので、無理なオーバートークはかえって嫌な聞こえ方になるんでしょうか。

関西弁ネイティブによると、関西弁の難しいところはイントネーションと言われてます。

 

数ヶ月でも関西人の気の合う人を見つけて、一緒に生活する。
関西弁を録音し、台本に記号でイントネーションを書き込んで何度も反復練習する。
関西特有の語彙や言い回しを覚え、「京阪式アクセント」をマスターする。

 

など、イントネーションはとにかく耳で良く聞いて、聞き慣れるしか他に方法はないようです。
音感のある人は早く上達するらしいですね。

 

ということで、標準語で生まれ育った人にはちょっと難しいかもしれませんが、ドラマの内容に集中できて楽しめる程度のレベルまでは、関西弁のイントネーションはものにしてほしいですね。

まとめ

今回は「後妻業」木村佳乃さんの変なエセ関西弁は、練習して上手くなるのか!?に着目して、検証してきました。

今回のドラマは大阪が舞台になってるので関西弁は必須であり、強烈な役柄の小夜子に挑戦された木村佳乃さんは一ファンとして応援したいなと思ってます。

東京出身の佳乃さんは、「できる限り練習をして、ネイティブの方が聴いたらおかしいと思うところもあるかもしれないんですけど、及第点をいただけるまでは頑張りたいと思っています」と、このドラマに懸ける強い想いが伝わってきます。

ドラマはまだ始まったばかりで内容もものすごくおもしろそうです。

今後のドラマの展開も楽しみにしつつ、木村佳乃さんの今後の演技にも注目したいです!

それでは最後までお読み頂きましてありがとうございます。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました