「ひよっこ2」第1話 ネタバレ/みね子・有村架純と秀俊・磯村勇斗は新婚夫婦

こんにちは!

2017年前期のNHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」から約2年が経ちました。

この度、「ひよっこ2」がNHK総合で、3月25日(月)~3月28日(木)のよる7時30分~8時、全4回にわたって放送されます。

今回は「ひよっこ2」第1話のネタバレをご紹介したいと思います。

冒頭から、主題曲・桑田佳祐さんの「若い広場」が流れてとっても懐かしかったです(*^^*)

「ひよっこ2」第1話 ネタバレ

みね子と秀俊が結婚

みね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)が結婚してから2年が経った1970年秋、2人は慎しやかに新婚生活を送りながらすずふり亭で働いています。

秀俊はコンロを使わせてもらうようになり、将来は自分たちの店を持ちたいと頑張ってます。

 

奥茨城村のその後

奥茨城村の矢田部家では茂(古谷一行)が、息子・実(みのる)の始めた花の栽培に当初は消極的でしたが、今では協力して、新しい谷田部家を築いています。

 

みね子の妹・谷田部ちよ子(宮原和)は高校2年生。

学業も優秀で、家の仕事も進んで手伝うしっかり者。

みね子が通った同じルートで学校に通い、最近、気になる人が出来た気配が…

 

美代子(木村佳乃)、君子(羽田美智子)、きよ(柴田理恵)の3人で開催した、恒例の「母の会」では、高子(佐藤仁美)が加わった角谷家の現状に泣いたり、笑ったり大盛り上がり。

 

みね子たちが通学に通っていた元バスの車掌・益子 次郎 (松尾 諭)は、政治家への転身を決め、奥茨城村の村長選に出馬のため選挙活動の日々を送っています。

 

「すずふり亭」の今

赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の店主・牧野鈴子(宮本信子)は、息子とともに店を切り盛りし繁盛店に育て上げ、奥茨城から上京してきたみね子も鈴子には大変世話になり、大きな存在となっていました。

 

「すずふり亭」の料理長で、鈴子(宮本信子)の息子・牧野省吾(佐々木蔵之介)は、みね子たちが働いていた向島電機「乙女寮」の元舎監・牧野愛子(和久井映見)と結婚し幸せな日々を送っています。

 

体が動けなくなるまでは頑張ると張り切ってる鈴子ですが、以前と比べると体力的に落ちてることは、省吾をはじめ全員が気付いてました。

 

日本橋「安部米店」の今

みね子の幼なじみで同級生の、角谷家の三男坊・三男(泉澤祐希)は日本橋で就職した米屋の娘・安部米子(伊藤沙莉)からの猛烈アプローチの末結婚し、名前が角谷三男から安部三男に変わり、相変わらず善三(斉藤暁)と米子の板挟みにあって苦労しています(´д`;)

 

「すずふり亭」の今後について

仕事が終わってから、みね子と秀は久しぶりにバー「月時計」へ飲みに出かけます。

店に入ると、省吾(佐々木蔵之介)と愛子(和久井映見)が、すずふり亭の今後について話し合っていました。

省吾は鈴子さんが体力的に少しきつくなってきてるのではないかと心配。

愛子に仕事をやめて店に入ってもらいたいと望んでいるが、鈴子さんにとって、店は生きがいであるから、今はできないと拒む愛子。

以前、愛子が店に出た時にヘマばかりしたのは、鈴子さんを気遣ったお芝居だったことに、みね子と秀はビックリ!

 

今夜はバー「月時計」に「すずふり亭」メンバーが集結しました(^^)

まとめ

今回は、「ひよっこ2」第1話のネタバレをご紹介しました。

「すずふり亭」では、今後、鈴子さん(宮本信子さん)にどう向き合っていかということが、テーマとなっていくように思いますね。

また明日の2話のネタバレもお楽しみに♪

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!