池江選手強さの秘密トレーニング道具とは?コーチ変更の理由は?新コーチは?

池江璃花子選手 エンタメ

皆さん、こんにちは!

今回は競泳の日本選手権において
4種目すべてで日本新記録を達成した
今注目の女子短水路のエース、
17歳の池江璃花子選手について調べてみました!

 

今後活躍がますます期待される池江璃花子選手ですが
なぜ次から次へと日本新記録を塗り替えられるのか?

そこには秘密のトレーニング道具が隠されているとか?

 

また村上二美也コーチから新コーチに変わる?という情報も入手しました!

その理由も含めて、いろいろ深堀りしていきたいと思います。

どうぞ最後までご覧くださいませ。

 

まずは、簡単に池江璃花子選手のプロフィールや経歴を見ていきましょう。

 

池江璃花子選手のプロフィール

名前:池江 璃花子
生年月日: 2000年7月4日(17歳)
出身地:東京都江戸川区
高校:淑徳巣鴨高等学校
泳法:自由形、バタフライ
所属:ルネサンス亀戸
身長:170cm
体重:56kg

 

池江璃花子選手の経歴

水泳は3歳10か月から7歳年上の姉とすぐ上の兄の影響で始めます。

母親の影響で、生後2ヶ月から英才教育を受けていたそうで

食事面でも肉、卵、牛乳は子どもたちには一切食べさせない。

食生活は有機野菜、魚、玄米中心で、幼児期の食事面で気を付けておくと

それ以降は解毒作用が働くという考えだったそうです。

なかなかそれを貫き通すということが凄いことだなと思います。

池江璃花子選手は、5歳児で、自由形、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの
4種目すべてを50m泳げるようになっていたそうです。

池江璃花子選手

 

3歳~中学1年までは
東京ドルフィンクラブ江戸川スイミングスクールで
水泳を習います。

小学6年で100mバタフライ「1分02秒3」の記録は
未だに塗り替えられていないそうです。

2010年、小学3年の時に出場した、
JOC春季ジュニアオリンピックカップでは
50Mバタフライで最年少で3位入賞!

2013年、小学校を卒業した直後に出場した
JOC春季大会の50m自由形で
初めての全国優勝を達成しました。

 

中学1年では
レベルの高い練習環境に身を置くために、

ルネサンス亀戸へ移籍し、中学記録保持者となります。

2014年3月のJOC春季大会で
50m、100m自由形で優勝・50mバタフライ優勝します。

 

中学2年では
中学記録を次々と更新します。

2014年8月の第54回全国中学校水泳競技大会で
50m自由形で優勝します。(源純夏の中学記録を0秒02更新)

 

2014年8月のジュニアパンパシフィック選手権で
50m自由形、100m自由形で中学記録を更新します。

 

中学3年では
全日本初制覇・世界選手権初出場・3種目の日本記録保持者になります。

200m自由形で3位(世界選手権のリレー選手に選出)日本代表入り

今までの活躍が認められ、世界選手権ではリレー以外に
個人種目の50mバタフライの出場も決まったようですね。

2015年のワールドカップ東京大会では、
得意の100mバタフライ50m自由形100m自由形50mバタフライで
表彰台を上がることができ
「今まで以上にスピードを出、勝つことができた。
これからもまだまだスピードは出ると思う」と自信をみなぎらせています。

 

高校1年では
日本競泳史上初めて、リレーを含めた7種目での五輪出場が決定します。
9種目の日本記録保持者になります。

 

リオオリンピックでは、
50m自由形36位
100m自由形12位
200m自由形21位
100mバタフライ5位

 

高校2年では
2017年4月の日本選手権で
50m、100m、200m自由形、50m、100mバタフライの
5種目にエントリーし、全て優勝を果たしています。

 

時系列で、主な池江璃花子選手の活躍と成績をまとめてきました。
池江璃花子選手はきつい練習にも耐えられるぐらい
スイミングが好きみたいです。
泳ぐたびに日本記録を更新するレベルは、
ただ好きだけでは到底無理なことで
母親の幼少期からの育て方やいろいろな条件が
合わさって、今日までの結果へと繋がっているのでしょうね!

この若さでいろんなプレッシャーとも戦いながら
本当に凄い事だなと思います。

 

池江 璃花子選手強さの秘密トレーニング道具とは?

では、続きまして
池江璃花子選手をさらにパワーアップさせる
トレーニング道具と方法についてまとめていきます。

秘密道具その1 フォーム改善に役立つ「シュノーケル」

水泳では、長く、楽に、ましてや池江璃花子選手のようにスピードを重視するには、

体の軸を崩さずに、理想的なキレイなフォームを身に付けることで記録が伸びると言われています。

 

フォームに全意識を集中して泳ぐ練習をする時に、息継ぎ動作が入ってしまうと意識が乱れてしまいフォームの修正がうまくできないようです。

 

池江璃花子選手は特に右側だけで呼吸することが多いそうです。

 

そこで、水中に顔を沈めたまま呼吸ができるシュノーケルを使うことによって、

横を向く必要がなくなり、よりフォームに意識を集中して泳ぐことができるため、

結果、体の軸を崩さずに左右のバランスを取って泳ぐことが出来、

キレイな理想的なフォームを身につけることで

記録も伸びるという最適な練習になるということです!

 

池江選手は、シュノーケル練習を重ねていくうちに、

「あっここだ」という感覚が分かったみたいです。

 

秘密道具その2 水中での筋力アップに「パラシュート」

パラシュートを使うと水中の抵抗が大きくなり、今まで以上に泳ぐ力が必要となるため筋力アップが狙えるようです。

 

筋力トレーニングは筋肉の増加と、持久力とスピードを大幅に向上することができることは既に証明されているとのこと。

 

池江選手は前半でトップスピードに乗るも、

後半で失速することが多かったために

世界で戦うための体をつくるために筋力アップが求められ、

腰にパラシュートをつけて泳ぐトレーニング法が精力的に取り入れてます!

 

パラシュートを付けて練習すると、

外した時にそれをすぐに感じることができるらしく非常に効果的とのことです。

 

こうしたハードなトレーニングを重ねた結果、

日本選手権で6回の日本新記録を達成することができたんだと言われてます。

 

池江 璃花子選手 コーチ変更の理由は?新コーチは?

池江璃花子選手は、中学1年から高校2年まで

所属先の村上二美也コーチに指導を受けてきましたが、

女子短水路のエースとして活躍が期待される

2年後の東京オリンピックを控え

新たな環境に身を置いて練習をしたいと

自分の意志で村上コーチの元を離れる決断をしたようです。

 

後任の新コーチは、情報を調べましたが

現在調整中とのことでした。

今後は、東京オリンピックのメダル獲得を目指して

新コーチの体制のもとで活動をしていくことがわかっています。

 

今回の記録更新タイムを出したことで世界の表彰台も見えてきたようです。
今回の池江選手が出した記録はこれに相当するらしいです。

100メートルバタフライは2017年の世界選手権4位、
50メートル自由形は同5位、
100メートル自由形は同7位

 

池江璃花子選手は、世界舞台に向け、

これから上を見ることもできるのではないかなと

強気の姿勢で世界を相手に勝負していくんですね!

心から頑張ってほしいと思います!

 

池江 璃花子選手 今年出場する世界大会は?

池江璃花子選手は日本新記録を更新してきましたが

今後、世界を相手にどのような勝負になるのでしょうか?

2018年の予定は

8月9日開幕パンパシフィック選手権

8月18日開幕ジャカルタ・アジア大会のそれぞれに

日本代表として選ばれています。

池江璃花子選手の活躍を大いに期待しています!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は競泳の日本選手権において
4種目すべてで日本新記録を達成した
池江璃花子選手についてまとめてきました。

 

年齢で言えばまだまだ17歳という若さですが

我々には想像もつかない精神力とスタミナを持ってます!

 

2年後の東京オリンピックに向け、

ハードなトレーニングも積み重ね、更にパワーアップしていく

池江璃花子選の姿を見れることを楽しみに

今後も注目していきたいと思います!

 

それでは最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

 

コメント

error:Content is protected !!