「生田家の朝」続編 3話あらすじネタバレ/オジサン人形ダサい?

生田家の朝 画像「生田家の朝」続編

こんにちは!

こちらでは、毎朝7時50分頃からZIP!内で放送される「生田家の朝」続編版のあらすじ&ネタバレをまとめています。

本日10月3日の第3話のテーマは「人形」です。

今回はZIP!のメインパーソナリティーがスペシャルゲストで登場します。

さて誰が登場するのか楽しみですね♪

ドラマ「生田家の朝」では、日本のどこにでもあるようなフツーの家族のお話をテーマししています。

 

ドラマ「生田家の朝」を見逃した方はこちら、huluにて無料で視聴することができます。

2018年放送分「生田家の朝 第一シーズン」の全話動画(1話~13話)もまとめて配信中です。

朝ドラマ【生田家の朝】見逃し配信 hulu公式サイト
※今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中!

「生田家の朝」続編第3話ネタバレ

「生田家の朝」続編第3話ネタバレ/オジサン人形ダサい?

妻・早苗(尾野真千子)は朝からあるオジサン人形を探してます。

実はそれには訳があって…

 

1か月前の話。

リビングの掃除をしていると玄関から「ピンポーン」

出てみると、新聞の集金屋さん(役:田中直樹)

支払いを待ってる間、玄関先に置いてあるオジサン人形をじーっと見つめる集金屋さん。

オジサン人形は「ウェーオ、ウェーオ」中東系の顔つき。

集金屋さんは、生田家は新聞代を毎月現金払いしている為、来月から口座での引き落としを勧めます。

「ウェーオ」オジサン人形が男の眼中に入る。

書類の手続きが面倒そうなのでまた来月にでもと、理由を付けて引き延ばす早苗。

と言って、またやらないんでしょう。

「ウェーオ」ついついオジサン人形が男の眼中に入ってしまう。

 

早苗は集金屋の人形を見る目が気になり、とうとう口にします!

オジサン人形を男の前に突き付けて、「毎回この人形見ますよね!」と。

早苗はこの人形がダサいのか?なんでそんなにじろじろ見るのかと!?

(人形もウェーオと叫ぶ)!(o゚□゚)o!

 

こういう人形を玄関に置くのは風水的に良くないと聞いたと答える集金屋。

風水!?それなら良かったと安心する早苗。

ダサいと思われてるのかと思い気になっていたよう。

しかし風水や運気を気にしないと言う早苗に少々驚きながらも、気にしない人は気にしないですよねと言いながら集金屋さんは帰っていきました。

「生田家の朝」続編第3話ネタバレ/オジサン人形ダサい…

話は戻り…

集金屋から言われるまで気にならなかった人形のこと。

ところが「運気が逃げる」というのを聞いてからどうも気になって落ち着かない早苗。

思い切って人形を置くのをやめることに。

 

早苗からその話を聞いてすべてを理解した浩介。

しかし早苗が何でまたその人形を探してるのか意味不明(゚Д゚)?

理由は、今日集金屋が来る日だという。人形が置いてないのがわかると、やっぱり運気とか気にしてるんだと思われるのが嫌らしい。

気にしすぎじゃないかと浩介は言うが、人形を置くことによって「私は風水は気にしない主義」を守り通すんだと変なところに強情な早苗。

 

「あったー」探してたオジサン人形がやっと見つかった!

「また玄関にそれ置くの?」と美菜(関谷瑠紀)がポツリ。

「風水に関係なくダサいよ。」とグサリ。

「はぁーーっ?」

 

「ダサくないよね?パパっ」浩介の顔に人形を近づけ必死に問うと、ダサくないというか、まあダサいかな⊃゚Д゚)⊃

美菜やパパからダサいと言われ、ちょっとめげてしまったママに、集金の人用に毎月その人形置くのはやめて、新聞代は引き落としにしない?と優しく言うパパ。

「引き落としにする…」(◞‸◟)

パパと美菜は、v(⌒o⌒)vイエーイv(⌒o⌒)v

「生田家の朝」続編キャスト

父役:生田浩介/ユースケ・サンタマリア
普通のサラリーマン

母役:生田早苗/尾野真千子
サバサバお母さん

娘役:生田 美菜/関谷瑠紀(せきや・るき)
中二

まとめ

「生田家の朝」続編の第3話は「人形」をテーマにしたお話でした。

新聞の集金屋さんに木曜日のメインパーソナリティーの田中直樹さんがゲストで登場しましたね。

意外とお似合いでした(笑)

それと人形の「ウェーオ」という声がとっても臨場感溢れてましたね!

毎回どうでもいい話のようであって、あるある話に思わずクスッと笑ってしまいます!

明日はどんな問題が起こるのでしょうか?楽しみです(´∀`)

 

ドラマ「生田家の朝」を見逃した方はは無料視聴できますので、Checkしてみてくださいね?

朝ドラマ【生田家の朝】見逃し配信 hulu公式サイト
※今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました