「生田家の朝」続編 5話あらすじネタバレ/ママの呼び方問題?

生田家の朝 画像「生田家の朝」続編

こんにちは!

こちらでは、毎朝ZIP!内で7時50分頃から放送される「生田家の朝」続編版のあらすじ&ネタバレをまとめています。

本日10月7日、第5話のテーマは「ママの呼び方」についてのお話です。

ドラマ「生田家の朝」では、普段の生活の中でよく起こる「あるある話」をテーマに、後半では「クスっ」と笑ってしまうようなオチが用意されています。

今日も笑いましょう(^▽^)

ドラマ「生田家の朝」を見逃した方はこちら、huluにて無料で視聴することができます。

2018年放送分「生田家の朝 第一シーズン」の全話動画(1話~13話)もまとめて配信中です。

朝ドラマ【生田家の朝】見逃し配信 hulu公式サイト
※今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中!

「生田家の朝」続編第5話あらすじネタバレ

「生田家の朝」続編第5話あらすじネタバレ/ママの呼び方変えた?

生田家の朝食タイム、「いっただっきまーす!」

ママ・早苗(尾野真千子)がちょっとある事に悩んでいる…と悟(鳥越壮真
)に尋ねます。

パパ(ユースケ・サンタマリア)は悟に何かやったのかと聞くと、何もやってないよと、かわいい悟くん。

ママは悟は何も悪いことやったわけではないけど、実は昨日からママの呼び方を変えたよう。

ママのことを「おふくろ」と呼ぶようになったよねと。

パパと美菜(関谷瑠紀)は「えええっー(゚Д゚ノ)ノ!」とビックリ!!

おふくろ!?

「生田家の朝」続編第5話あらすじネタバレ/「おふくろ」と呼ぶ?

今まで「おふくろ」と呼ばれたことないから、心の準備が出来なくて戸惑ってしまったと話すママ。

今後も「おふくろ」と呼ぶよと言い切る悟。

おふくろは「おふくろ」と呼ばれて大丈夫?(笑)

苦笑いしながらも、どうして悟が「おふくろ」と呼ぶようになったのか理由を聞きたがるママ。

理由はパパがよくおばあちゃんのことを「おふくろ」と呼んでいてカッコいいので真似したんだそう。

 

でもママは悟がパパのことを「パパ」と呼ぶことに納得いかず、「パパ」と「おふくろ」では

バランス悪くねえっ!!( `o´)と反発!

普通は「おやじ」と「おふくろ」の呼び方がセットみたいなもんだと悟に言う。

ママが嫌がっているのかなと感じる悟くん…。

そして「おふくろ」と呼ぶタイミング早くねえとさらにママは悟に言う。

悟の周りのお友達は「おふくろ」のことを「ママ」と呼んでいるんだそう。

 

ママの呼び方には何段階かあって、「ママ」から始まり、「おかあさん」になって、「母さん」か「母ちゃん」、「おふくろ」という呼び方は最終形であることを教える。

パパも一人暮らしを始めた頃から「おふくろ」と呼ぶようになったと。

「生田家の朝」続編第5話あらすじネタバレ/次は「おかん?」

地域によっては多少誤差はあるけど、例えば関西は「おかん」と呼ぶねとママが言うと、その呼び方を気に入った悟は「おかん」もいいねと言い出す。

「おふくろ」よりは「おかん」の方が違和感がないと言ったママに悟はやっぱり「おふくろ」が捨てがたいので、ママのことを「おふくろ」と呼んで、パパのことを「おかん」と呼ぶねと!

さすがにそれは変!

パパが「おかん」ではない理由がイマイチわからない悟に、パパを呼ぶなら「おとん」だよと教える。

でも悟は「おとん」という呼び方が好きじゃないらしい。

なのでパパは「パパ」と呼ぶ、ママは「おふくろ」と呼ぶことに。

「お願いだからやめてもらえる」と言うママに、わかった「ママ」って呼ぶねということでなんとか一件落着。

これでママは「おふくろ」と呼ばれることを阻止できた!

 

今度はパパから呼び方の提案があり

パパのこと「ダディ」と呼ばない?

「イヤだ!」

「ムリ!」

「却下!」

パパは「ダディ」と呼ばれることに失敗!

「生田家の朝」続編キャスト

父役:生田浩介/ユースケ・サンタマリア
普通のサラリーマン

母役:生田早苗/尾野真千子
サバサバお母さん

娘役:生田 美菜/関谷瑠紀(せきや・るき)
中二

息子役:生田 悟/鳥越壮真(とりごえ・そうま)
小二

まとめ

「生田家の朝」続編の第5話は「ママの呼び方」をテーマにしたお話でした。

悟くんがママのことを「おふくろ」と呼ぶことに、かわいさありの違和感もMAXでした。

今日のオチはパパの「ダディと呼ばない?」ってところですかね?

さて明日はどんな問題が起きるのでしょうか?

 

「生田家の朝」は無料視聴できますので、見逃した方はCheckしてみてくださいね?

朝ドラマ【生田家の朝】見逃し配信 hulu公式サイト
※今なら2週間無料お試しキャンペーン実施中!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました