【いつかこの雨がやむ日まで】6話ネタバレ感想!千尋・星野真里が本性発揮!

いつかこの雨がやむ日まで」 いつかこの雨がやむ日まで
[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”ラン”] 皆さん、こんにちは!

2018年9月15日(土)よる11時40分~放送のオトナの土ドラ

渡辺麻友主演ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」6話のネタバレと感想をお届けします♪ 

「いつかこの雨がやむ日まで」6話動画の無料視聴はこちら

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」6話ネタバレと感想

千尋から真実を明かされた國彦

ついに結ばれたひかり(渡辺麻友)と和也(堀井新太)。

國彦は千尋から殺害された麻美のお腹の子供の父親が天竺だということを聞かされ、知ってたんなら何で言ってくれなかったのかと言った。

千尋は國彦に伝える勇気がなかったごめんなさいと謝りる。

天竺は身ごもった麻美のことが邪魔になって殺害したということかと……疑い始める國彦。

しかし、そんな國彦に千尋が言う。「もう終わりにしない?」と。

復讐の為だけに生きてる國彦さんを知ったら麻美が悲しむ、もっと自分の人生を大切にしてほしいと麻美は言うんじゃないかなと千尋から言われ國彦は困惑する。

 

原田農園からの土産物

和也とひかりは原田農園からの帰り道手を繋いで歩きながら、和也はひかりに「沙耶とは別れる。」と話す。

しかし、ひかりは和ちゃんはこの先私と一緒にいると、いらないものまで背負い込むことになるんじゃないかと心配し、それと兄(國彦)が和也の兄に理由はわからないけど接触していたということを剛田から聞いたということを話す。

和也は俺は國彦さんを信じてる、真実はまだわからないけど、例え何があってもひかりに対する想いはこの先全く変わらないと強い気持ちをひかりに伝えた。

和也とひかりは改めてお互いの気持ちを確認し合った。

 

ひかりは原田農園の野菜を母・由希子にお土産で持って帰った。

母は和ちゃんとお泊まりしたんだ。たまにはおてんとさんも味方してくれるんだね。
邦彦も早く返してくれればいいのにねと言った。

 

剛田は矢吹と密会

剛田は矢吹と車の中で密会していた。

矢吹が森村の居場所はまだ見つからないですかと。

剛田は森村の狙いは劇団ウミヘビに張り付いていると森村國彦の身は確保できると話す。

 

矢吹は谷川和也の記憶が戻りつつあるのかと剛田に尋ねる。

剛田は最近和也は何も言ってきてないが、いずれにしろ先生には火の粉が降りかかるないようにすると話す。

矢吹は当然でしょう、君のためでもあるからと答える。

 

剛田が車から降りたら千尋が車の横に立っていた。

しかし千尋の姿は剛田の視界には入らず、千尋は去っていく剛田の後ろ姿に向かって何者?とつぶやく。

父への告白

自宅で和也は父親に原田農園はこの先も取引をやってくれることになったそれはひかりのおかげであることを話す。

父親もそういうことになるなと。

和也は谷川をこの先俺が必ず守っていくとそれと同じくらいにひかりのことも僕は大切なんだとだから沙耶とは結婚できないごめんなさいと父親に自分の思いを伝える。

父はひかりと生きていくにはいろんなことと戦うことになるぞと、それでも和也がその道しかななら俺は何も言わない。お前の人生なんだからと。

和也は電話で沙耶に今夜話したいことがあると言うと、沙耶は分かった家で待ってると返事をする。

 

ちょうどその時沙耶はひかりの自宅にいた。

母・由希子とひかり向かって昨日の夜は和也と一緒だったのかと言った。

由希子は和也のためにひかりは野菜まで掘って本当に頑張ったと話す。

ひかりはお母さんそういうのはいいからといと言うが、さらにひかりと和也は忌まわしい存在ではなくて赤い糸で結ばれているんだと言う。

それを聞いていた沙耶は笑いながら糸!?と呆れた声で言う。

糸なんてすぐ絡まるしすぐ解けるし、切れちゃいますよと。

自分は和也にとって命綱的な存在だと話し、その場を立ち上がって母幸子の作りかけの千羽鶴を持って思いっきり引っ張りほら切れたと。

そして糸じゃ勝ち目ありませんねと言い残して部屋を出て行く。

由希子はああなんてひどいことするのかしら絶対あの子はバチが当たると。

 

天竺の狂気が目を覚ます

その時ひかりの携帯に天竺要から着信があった。

ひかりに改めてジュリエット役を振る天竺。

天竺はひかりに麻美、舞子、芽衣、ジュリエットを演技しようとする人間にことごとく災難が降りかかる。これは何かの呪いではなくて天からの掲示だと思うと。

やはり殺人犯の妹北園ひかりでジュリエットをやるということだとひかりに告げる。

絶望、恐怖、怒り、悲しみ、荒れ狂う負の感情を胸の奥に沈め暗くて狭いかごの中でグッとと息を潜めて生きてきたはずだな。そんな人間からどんなジュリエットが生まれるのかぞくぞくするよ。全部さらけ出せ。人に知られたくない自分の全部だ。しかし籠の外の世界が光で輝き溢れ出てるとは限らない。さらにもっと深くて暗い暗闇が待っているかもしれない。それでも扉を開ける覚悟はあるか!?と問う。

ひかりははい!やらせてくださいジュリエット!と答える。

 

光は天竺の娘芽衣を見舞った。

芽衣はジュリエット役が私じゃなくって何でひかりなんだと言いつつも光のジュリエット役を歓迎した。

こわばった顔であまり笑顔を見せないひかりに芽衣はなんでもっと嬉しそうな顔しないのか、変わることが怖いのか、私たちは一度死んだも同然の人間なんだから変わることぐらいどうってことないわよとひかりの背中を押した。

 

沙耶との別れを決意

沙耶との別れを決意した和也は別れ話を切り出す。

沙耶は今の和也さんには何を言っても届かないわね。
微笑みを浮かべながら「あなたは必ず私のもとに帰ってくる」と告げる。

それまではお友達ということで一応お別れ記念にと赤ワイングラスを差出し乾杯を促した。

和也はグラスワインを一気飲みし、勝手だとわかっているが友達にはなれない。

沙耶の幸せを願ってると言ってその場を去って行った。

 

劇団に入団する沙耶

劇団に新しく入団希望者があったと天竺がみんなの前で紹介されたのは沙耶だった。

ひかりは入ってきた沙耶を見てびっくりした。

沙耶は仮入団で1ヶ月活動するとのこと。

ひかりと知り合いであること、ミュージカルに興味があるただの女の子として団員に挨拶する沙耶。

ひかりのジュリエット役の練習に入り天竺は、ひかりの演技が純真無垢だと怒りお前の15年間眠った負の感情を出して来いと厳しくアドバイスした。

休憩に入り、ひかりに笑顔でひかりさんすごいですね、感動してます。
私が思っていた以上にあなたは怖い人だと沙耶は言う。

 

和也が調理場で包丁を研いでいる時今日ウミヘビに入団しました。
未知の世界でとても刺激的ですとさやからLINEが入り、和也はびっくり!

さらにひかりさんの本当の姿を和也さんは知っているのか心配になったとメッセージが入った。

 

千尋から事実を明かされるひかり

ひかりが劇団を出た時こんにちはと千尋が近づいてきた。

矢吹麻美の姉の千尋だと自己紹介し、ひかりに今少し話したいことがあるので時間を頂きたいと言った。

千尋は今日はひかりに言いたいこととお願いがあって来たと。

 

國彦は今私の家にいる。そして麻美のことも誰も殺していない無実だと。

ひかりは事実を聞かされビックリする。

 

麻美のお腹に子供ができたことは邦彦は知っているが誰の子か話していない。

邦彦は政治家の娘である麻美のスキャンダルを恐れて麻美を守るために自分が身代わりになった。

 

そして千尋は、麻美のお腹の子供は天竺かなめだと。

邦彦は天竺要に復讐しようとしている。

千尋は動揺するひかりにお兄さんを止めてくれとお願いをする。

 

ひかりと別れ自宅に戻って来た千尋の後を剛田はずっとつけてきた。

剛田はマンションの住人らしき女性に邦彦の似顔絵を見せてこの男性を見かけたことはないかと尋ねた。

 

生きてる実感がほしい

ひかりはキャバクラで働いている休憩時間に今夜少し会えないかなという和也からのLINEを見た。

 

和也はひかりに沙耶が劇団にウミヘビに入団してびっくりしたと大丈夫かとひかりをいたわった。

そして沙耶からひかりの本当の姿を知っている?と聞かされていたことが気になり、ひかりのジュリエットを演じてる時ってどんな感じなの?とひかりに聞いた。

 

そして和也に以前の子供の頃とは違い、この15年間が丸で死んだかのような生活だったから、今の自分は生きている実感がほしい。

恵まれた生活を送ってきた和也にはピンとこないかも知れないけど、気楽に楽しむとか穏やかに生活するというのではなくて、ただ”生きてる”という実感がほしいと話す。

 

自宅に帰るとひたすら鶴を折っている由希子の姿を見て、邦彦を止めてくれと言った千尋の言葉を思い出し母の手を止めもうおらなくていいと言った。

 

15年ぶりに再会する由希子と國彦

ひかりは母を連れて千尋の家に向かい、母と邦彦は15年ぶりの再会をする。

由希子はツカツカと國彦の方へ歩み寄り、國彦の頬を叩き、心配かけて何をしてるのと言う。

國彦はごめんと謝った。

やっとこれからは家族で一緒に暮らせるはねと言う母のことを想い光は國彦にもうお母さんを安心させてあげてと言った。

そこにいた千尋はひかりにお兄さんの為にきたのようね?と尋ね、ひかりのことを麻美と似ている感じがすると含み笑いを浮かべながら聞いた。

ひかりは母にお兄ちゃんも突然のことでびっくりしてるのでもう少し時間をあげようといい絶対に戻ってきてよねっと言った母に邦彦は「はい」と返事した。

 

ロミオとジュリエットの練習中、ひかりは千尋から聞かされた、國彦は麻美を無実だということ、麻美のお腹の子が天竺の子であることが脳裏から離れず、練習がほろそかになってしまい、天竺を本気で怒らせてしまった。

そして、暗くて狭い籠の中で命を燃やすことなく惨めに朽ち果ててしまえばいいと罵声を浴びされたひかりは、天竺が見たことのないジュリエットを絶対に演じてみせると覚悟を見せた。

 

麻美と天竺の証拠写真

和也は父と母で食事中の時、母から兄・幸太郎の話が出、兄が寿司が好きだったという話になりその時和也はふと母に寿司屋の名前を聞いた。

和也は兄のパソコンのパスワードを「fukuzushi」で入れてみたら開いた。

そして、「A・Y」のフォルダを開くと、麻美の写真がいっぱい保存されており、その中から和也は「これはー!?」と驚いた写真が見つかり、ひかりを呼び出して写真を渡した。

和也は兄が麻美のストーカーであったことを伝え、ひかりが写真を見てる中から天竺と麻美がキスをしている写真が見つかった。

ひかりは和也にそのことは知っていたと伝え、誰から聞いたと尋ねる和也に「それは言えない」と。

和也は何を言ってるのか意味がわからないとひかりに言い、天竺と麻美が出来ていたことは大したことじゃないと言う。

しかし和也はそんなひかりに天竺が麻美を殺したということも考えられるんだぞと声を荒げて言う。

國彦の名誉のためにも、ひかりたち家族の幸せのためにも真実を明らかにするべき、それにもしこの事実を國彦が知ったら天竺に復讐にいくかもしれない、それは止めないといけないと剛田に連絡をしようとする和也。

兄のことはもう手は打ってあるから剛田には言わないでくれというひかりに、和也はひかりどうしたおかしいぞと言うが、どうしてもジュリエットをやる衝動が抑えられない、自由にさせてほしいとひかりの想いは強かった。

 

國彦は手料理を千尋に振る舞った。

千尋は國彦に勝手にひかりに会いに行ったことを謝り、親元に帰りづらいようならいつまでもここにいていいのよと言うが、千尋さんの気持ちはわかるが、今でも麻美の事を愛してる、明日この家を出ていきますと言った。

 

和也はさっきは言いすぎた。明日もう一度会って話そうとひかりにLINEメッセージを送る。

 

千尋は仕事に出かける前、ソファーで寝ている國彦のおでこに軽くキスをして出かけた。

 

ひかりの練習を目の当たりにした和也は

ひかりのジュリエットの練習も力強さが出て1来たのか、天竺にもダメだしを食らうことがなくなってきた。

一通りの練習が終わった後、ひかりは天竺に個別でもう一度やらせてほしいと頼み、天竺はどこからやりたいとひかりに聞き、個別練習が始まった。

 

國彦はナイフを持ち、麻美の写真をじっと見つめ、意を固めたような顔つきで出かけて行った。

國彦がマンションの外に出た時、背後から肩をポンと叩き、待ちくたびれたでと言って来たのは剛田だった。

仕事を終えた和也は今日は居残り稽古で遅くなるから会えないというひかりからのLINEメッセージを見た。

和也はその足でひかりの稽古場へ行き、ひかりの稽古の様子を陰ながらじっと見ていた。

また沙耶もその和也をそっと陰から見ていた。

 

そこでひかりは天竺に「麻美さんを殺したのは天竺さんなんですか?」と問う?

天竺はもしそうだとしたらどうするんだとひかりに問い返すと、ひかりの口からはもしそうだとしても自分は天竺の元でジュリエットを演じたいと言った。

天竺はひかりにパーフェクトの答だと言った。

 

そのやりとりをずっと聞いていた和也は劇団を飛び出し、猛ダッシュしてほんのり明かりが灯るトンネルにやってき、悔しさの余り、わああああーと大声を出し、足を地面にたたきつけた。

和也の後ろをずっと追いかけてきた沙耶は、笑みを浮かべながらおかえりなさいと。

 

國彦は衝撃の事実を知る

國彦の前に姿を現した剛田は國彦に対し衝撃の事実を告げる。

「15年前、麻美を殺したのは天竺ではない。天竺のアリバイを証明したのは矢吹千尋だ」

國彦はエッと驚く。

麻美が殺害された時刻に千尋は天竺と会っていたようだ。

 

剛田から真実を聞かされた國彦は背後にいた千尋に刑事から聞いたと何故…?と言った瞬間に千尋に押され、歩道橋の階段の上段から転げおちた。


[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”cat02.JPG” name=”あーみー”] 今回も記憶に残るいろんなシーンがありましたが、麻友さんの変貌ぶりが非常に印象に残ってます。

和也と結ばれたひかりは初めて見せた笑顔と和也と話す穏やかな声など、見ている側も幸せな気持ちになれてやれやれと思っていたのに、この回でひかりが豹変してしまい、笑顔が見れなくなってしまい残念でした。

天竺要から心の奥底にある暗くて悲しい負の感情を全部さらけ出せと言われたことで、ひかりの中の狂気がフツフツと湧き起っているのはよく理解できるんですが、愛する和也にまであのような突っぱねた態度を取る必要があるのかなと首をかしげてしまいました。

ひかりが本当に生きてる実感がほしいと言って、穏やかに生きてきた和ちゃんにはきっとわからないと思うけど…と言ってる場面がありましたが、愛する女性からあのような言われ方をされたら、男としてプライドずたずたですよね?

ひかりももう少し上手くやればいいのにと思っちゃいました。

和也とひかりの仲を応援していた者としては、これでは和也も沙耶のほうに戻っていくと思うと残念でたまりません。

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”fukoro01.JPG” name=”フクまめ”] 今回は千尋のシーンが多かったです。

國彦に「もう終わりにしない?」と言ってみたり、ひかりに國彦が無罪であることと「復讐しようとしているお兄さんを止めて」とお願いに行ったり、時折、薄気味悪い笑みを見せたり、國彦を歩道橋の上から突き落としたり、千尋のアクションシーンが凄く多かったと分析します。

千尋が麻美を殺した、父が政治家の娘が人殺しをしたとなるとスキャンダルになるのでそれをもみ消すために隠ぺい工作をおこなったというのは話として筋が通ってますが、ここまで引っ張って来てそんな単純な結末ではないようにも思います。

今回はドラマの内容が少し動いたので真実が見えるかなと思いましたが、まだまだ謎めいた隠されている部分があるので7話に期待したいと思います。

最終回ではどんでん返しが起こりそうな予感がします。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”sirokuma01.JPG” name=”Alohaベア”] 沙耶って本当に不気味で怖い女性ですね。

劇団ウミヘビに入団してきて見学だけしてるんですかね?

なんかストーカー気質たっぷりで見苦しい。

和也も沙耶が劇団にいるってわかっているのにどうしてひかりの稽古を見にきたんだろう?
沙耶に誘導されてひかりの本心というものを確認したかったのか!?

和也も見たくなかったひかりの本心という部分を見たからといって、あんな勢いで飛び出していってわぁーと泣き叫ぶなんて、和也の心情がいまいち理解できなかった。

沙耶は沙耶で和也の後を付けて来て、「おかえりなさい」なんて何であんなこと言うのかさっぱり理解に苦しむ。

なんでもかんでも自分に都合よく解釈するところが怖いこわい(ノД\lll)

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”cat03.JPG” name=”RIri”] 犯人は千尋ですかね??

でも物語はまだまだそんな単純なものじゃないと推測できるので、犯人の候補として千尋を挙げておきましょう。

千尋はやっぱり國彦のことが好きだったんですね。

國彦が最後の晩餐に千尋に料理の腕前を披露して少し2人の会話がありました。
「今でも麻美を愛してます。明日この家を出ていきます。」
そうと言って、國彦の料理を憎らしいほど美味しいと言って食べてる千尋に恐怖を感じました。

15年経った今でも國彦が愛しているのは妹の麻美であること、自分のものになることはないんだと悟った千尋は計画的犯行の如く、一切ためらうことなく國彦を歩道橋の階段上から突き落としたように見えましたね。

沙耶とは違うタイプですが非常に恐ろしい女性ですね。

國彦は15年前殺人犯にされ捕まり、刑を終えて出所し真犯人を探してる過程で、今度は歩道橋から突き落とされ意識不明になるなんて災難が降りかかってばかりでかわいそう。

とにかくまだ何の確証もないですが、麻美の姉・矢吹千尋と父・矢吹が真犯人に繋がる何かを握っているのは確実だと思います。

 

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」6話ツイッターの反応は?

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」6話のツイッターをご紹介します!

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”らん”] 確かに気になるシーンがいろいろとあった回でした!

千尋が犯人?と思わせるような場面もありましたが、そんな単純なものじゃないW

犯人特定が出来そうで出来なかった一段と難しくなったような印象です。


[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”らん”] 6話はまたまた怒涛の展開でしたね!

麻友ちゃんのジュリエット役で唄うシーンも多かったですね!

残りあと2話でどのような展開になり結末はいかに!?楽しみです。


[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”らん”] のめり込むほどの印象深いシーンが多かったように思います!

6話の時点で真実が見えそうで見えないまだまだ謎が深いことが多くって、あと2回でどんな事実が明かされるのか興味深いですね。

確かにジェットコースターのような急上昇?急降下?の展開が待ち受けているのでしょうか?


[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”らん”] またまた國彦が災難に遭遇してしまって、桐山漣さんファンは非常に気になる回でしたね!

無事に意識が回復して、最終回ではひかり家族たちと元の穏やかで幸せな生活を送ってほしいです!
がんばれ國彦!!

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話あらすじ

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話のあらすじをご紹介します。

「麻美を殺したのが俺だとしたらどうする?」天竺(吹越満)の言葉に、ひかり(渡辺麻友)の目に狂気が宿る。

「だとしても私は天竺さんのもとでジュリエットを演じたい」

そんな中、兄の國彦(桐山漣)が歩道橋から転落し、意識不明で病院に運び込まれたと母・由布子(斉藤由貴)から連絡が入る。

眠り続ける兄を前に思わず笑みを浮かべてしまうひかり。

「ひかり…今、笑った?」母の問いかけに自分の中に芽生えた感情に気付き、ひかりは恐怖を感じる。

一方、ひかりの中に芽生えた狂気を感じ困惑する和也(堀井新太)は、沙耶(筧美和子)から一枚のエコー写真を見せられる。

「私、妊娠したの」沙耶の突然の告白に和也は驚く。

自分一人ででも育ててみせる、と告げる沙耶は和也を静かに見据え言う。

「和也さんが決めて。私とこの子を取るか、それとも…あの人を取るか」

そんな中、國彦の転落事故を通報したのが千尋(星野真里)だったことを知った剛田(木村祐一)。

なぜ千尋が國彦を匿っていたのか…矢吹(京本政樹)はなぜ、15年前目撃者の少年の記憶を剛田に改ざんさせたのか…剛田はある推理を矢吹に突きつける。

麻美を殺したのは姉の千尋ではないか、と。

それを隠すために矢吹は担当刑事だった剛田を金で抱き込んだ。

剛田の推理を聞いた矢吹は否定せず、改めて剛田に言う。

「捜査を辞めさせろ。金ならいくらでも出す」

劇団では、天竺が鬼気迫る表情でひかりを追い込んでいた。

「全てを捨てろ。その先に見えるものがジュリエットの絶望だ」因縁の舞台…『ロミオとジュリエット』。

天竺に導かれ、ジュリエットの闇がひかりを飲み込もうとしていた。

公式サイトを引用

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”らん”] ひかりの中に狂気が芽生えてしまったのでしょうか!?

ひかりと和也はどうなるのでしょうか?

物語も佳境に入りますが、まだまだ謎が深くて、結末がまだ予想できないですね!

目が離せません!!

まとめ

2018年9月15日放送、「いつかこの雨がやむ日まで」第6話のネタバレと感想、第7話のあらすじを紹介しました。

次回は9月22日放送、「いつかこの雨がやむ日まで」第7話のネタバレもお楽しみに♪

「いつかこの雨がやむ日まで」6話動画の無料視聴はこちら

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメント

error:Content is protected !!