いつかこの雨がやむ日まで7話ネタバレ感想!天竺要の自殺が衝撃的!

いつかこの雨がやむ日まで」 いつかこの雨がやむ日まで
[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”ラン”] 皆さん、こんにちは!

2018年9月22日(土)放送のオトナの土ドラ

渡辺麻友主演ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話のネタバレと感想をお届けします♪ 

國彦(桐山漣さん)が歩道橋から落ちて意識不明に、國彦を見舞いに来たひかり(渡辺麻友さん)が思わず笑みを浮かべ、沙耶(筧美和子さん)は和也(堀井新太さん)に妊娠を告白します。

さて7話はどんな展開になったのでしょうか。
「いつかこの雨がやむ日まで」7話動画の無料視聴はこちら

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話ネタバレと感想

沙耶の妊娠告白

沙耶は和也に私と和也さんの赤ちゃんができたのとエコー写真を見せんながら言う。

和也はエッと驚いた顔をする。

ひかり今笑った?

天竺は練習をしているひかりにペットボトルを差出しながら、俺は妥協の精神が大嫌いだと言う。
お前には本番までの残り1週間、血反吐を吐いてのた打ち回ってもらうと。

構いません、ジュリエットの為ならとひかりは答える。

天竺はイイ心がけだと言って去る。

ひかりの携帯に母・由希子から留守電が入っており、兄・國彦が大変なのと。

ひかりが病院にかけつけると、由希子は國彦は歩道橋から足を滑らせて落ちちゃったと。
たまたま千尋が一緒だったから救急車を呼んでくれて一命は取り留めたが頭を強く打ったのでいつ意識が戻るのか心配だと言う。

母が千尋と言った言葉にひかりは「千尋?」とひっかかり、先日千尋がひかりに話した麻美のお腹の子は天竺の子。國彦さんはそれを知って天竺に復讐しようとしていると話したことを思い出しフッと微笑む。

すかさず、由希子がひかりに今笑った?と聞くが、ひかりはほっとしたの、國彦が無事で良かったなとその場を取り繕った。

病室に調布南署の刑事ががやってきて、矢吹麻美が殺された事件と、花田舞子さんが殺された事件が無関係ではなさそうなので、是非國彦に話を聞きたいと言ったきたが、由希子は國彦は人を殺す人間じゃないと激怒しその場を取り乱す。

すべてを捨てると誓うひかり

千尋は亡くなった麻美の写真に向かって全部あなたのせいと言う。

ひかりの自宅では母・由希子が國彦の病院へ千羽鶴やお守りを持って行く用意をしている。
ひかりが兄の洋服を鞄に詰めていると、由希子がひかりの元へ飛んできて、そんなしわくちゃに入れないでともう一度たたみ直し、お兄ちゃん早く目が覚めればいいねという母にひかりは素っ気なくそうねと言う。

劇団ではひかりのジュリエットの練習が行われている。
その時、ひかりの脇に本が勢いよく投げつけられ、ここにきてまだつまんない悩み抱えてるんじゃねえよな、今のお前のジュリエットでは俺の心に何も響いてこないと言う。

ひかりはどうすればいいのか、何をすれば私は完璧なジュリエットを演じられるか教えてくださいと天竺に食いつく。

ロミオという魂の半身を失った時、ジュリエットは生きながら死んだ。
その圧倒的絶望がお前にはわかっていない。
じゃあどうすればいい答えはすごく簡単だ。 捨てればいい全部。

15年前、いろんiあな才能を持ってながら、取るに足らない恋愛に最後までしがみついて ジュリエットを失った女がいた矢吹麻美だ。 このままいったら麻美先輩と同じ道をたどることができるよ。 麗しき師弟関係というものだ。

私はジュリエットを見失ったりはしない。
ジュリエットを演じることは私の生きてる証だとひかりは答える。

天竺はひかりに近づき、 よく聞け 光の15年間の闇は 神さまからのプレゼントだと。
輝かしい光のように人々を魅了することができる漆黒の闇だ。 その闇を飲み込め。ひかりの魂を震わせるのは誰だ。絶対失いたくないものは何だ。それを全部捨てろ。捨ててどこまでも深く落ちて行け。そして最後にお前がたどりついた風景 それがジュリエットの絶望だ

ひかりは全てを捨てると心に誓う。

父からの説得を受ける和也

料亭たにがわの厨房で和也は、昨晩赤ちゃんのことを告白された沙耶が、子供は私一人でも育ててみせる。
お腹の赤ちゃんと私を取るか、あの人を取るか、決めてくれと言ったことを思い出す。

ふっと我に返った時、後ろから和也の父がちょっと話があると和也に言う。

和也は父と自宅リビングの方に向かうと、そこには母と隣に座っている沙耶がいる。

母は商店街で沙耶に会い、ムカムカすると言っていたので もしかしてと思い家に連れてきたと話す。
父は和也に、確かにお前の人生はお前のものだと言ったが、お腹に子供が出来たということになれば、子供の人生も責任を持って背負うことになるのでよく考えてくれと言う。

家の外に出た和也と沙耶、 沙耶は和也にもしかして私は和也のお荷物なのかと聞くがそんなことはないと言う和也。
そして和也にもうすぐあなたはひかり捨てられると、お腹の子供と一緒にいつまでも待ってるのでいつでも帰ってきてと言う沙耶。

剛田はある推理を矢吹に突きつける

病室では千尋が邦彦の顔をじっと見ている。

剛田と千尋の父・矢吹は例の如く車内で密会する。

15年前 愛する人に身ごもった子供共々殺された麻美さんは一躍悲劇の人となり、その親であるあなたの悲しみと怒りに世間は共感、見事再選を果たした。しかし真実は違う。麻美さんのお腹の中にいた子供は森村の子ではなく かつ森村ではない誰かに殺された。あなたはこの真実が森村の口から語られるのを阻止するために私を取り込んだ。

矢吹は言った、それがどうしたんですかと。

あなたにはもう一つ狙いがあった。いやそちらの方がもしかしたら本命かな。

矢吹はだから何の話だと。

麻美さんを殺したのはお姉さんの千尋である。
あなたは鼻からそう思っていた。千尋さん捜査線上に上げないために、森村を見たという谷川少年の証言がどうしても必要だった。

ばかばかしい 千尋がなんで麻美を。

妹の恋人である森村邦彦を愛していたからですよ。
森村が出所して ずっと匿っていたのは千尋さんですよ。

ちなみに昨日森村邦彦が歩道橋から落ちました。
第一発見者は矢吹千尋と言って、剛田は車から降りる。

矢吹は慌てて、剛田にいくらでもお金は包むから捜査はやめさせろと言う。

その時剛田は亡くなった妻を思い出し、もうお金の使い道ないですわ、残念ながらと。

矢吹はお前も同罪だ、わかってるのかと。

剛田は 望むところですと言い、 最後にひとつこの件は俺が全て片付けるから余計なことはするな。
もし妙な動きをするようなら全てを公にすると矢吹に言う。

矢吹は何故お前はそこまでするのかと。

剛田はこう見えて 約束は守る男なんでと言う。

家を出ていくひかり

劇団でジュリエットの練習に励むひかり。

矢吹芽衣は退院をし劇団の手伝いをしていた時、劇団員たちがやって来て片付けはこちらでやると気遣うも、芽衣は表舞台には立てないけれども 全力でみんなのサポートしたいから、ひかりの熱意に応えるためにも手伝わせてと言う。

劇団員からは、 「また稽古する気?」 「何か変わったよな北園」 「北園のジュリエット見てて時々どこまでいっちゃうんだろうって怖くなる。などの声が上がる。

ひかりが帰宅すると母・由希子が部屋の模様替えをしている。

何をしているのと聞くひかりに、由希子はヒント①家族みんなが幸せになること、ヒント②ずっと前から…と言いかけた時に、 だから何するつもりなのかそれだけ答えてとひかりはキレ気味。

由希子は 國彦をお家で看ようと思うと。

病院の先生に相談すると、家で家族みんなで見た方が意識の戻りも早いかもしれないと、なので國彦のベッドを置く場所を用意していたと。

ひかりは誰が國彦の面倒を見るのかと。

由希子はひかりと2人で協力し合ってと。 ひかりにはミュージカルの稽古があるのは分かってるので、 相談なんだけどミュージカルのお稽古を少しだけ削ってもらうことはできるかと。 こういう時だからこそ家族で一致団結してと。

ひかりはふざけないでと。
お父さんの借金もこの家の家賃も私が全部やってきた。 全部全部私がやることになる。
15年間ずっと我慢し続けてきたのにまたお兄ちゃんの犠牲になるっていうの。 私はいつ解放されるのかいい加減にしてくれと。

犠牲ってそんな言い方、だって家族じゃない、助けて助けられて家族なのよと由紀子は言う。

ひかりは家族という由希子に 私に何をしてくれたの、 一人じゃ何もできない、お金も稼げない、家事もできない、全部人任せ。そんなんでよくそのセリフを言えるわよね。 少しくらい母親らしいことをしてみせてと。

ひかりは服をカバンにつめ 帰ってくるよねっていう由希子を振り切って、帰らないと言って家を出て行く。

行く当てがなくひかりは劇団に来て、持っている鞄を床にブチ投げ、麻美の写真に向かって、私はあなたのようにはならないと心で誓う。

和也は真実を知ることに

剛田は和也に会いにたにがわにやってくる。

お姉さんが妹を?と和也は聞く。

家族が仲良しこよしというのは現存しすぎ、 ただ千尋の証言が信用できないとなると天竺のアリバイが崩れる。

和也は そこまでわかっているのならなぜ天竺を野放しにしておくのですかと。
ひかりは今、殺人犯かもわからない男と一緒に稽古してるんですよと。

お前の気持ちはわかるが、事件は今真っ暗闇の中、天竺はあくまで一人の容疑者に過ぎないと剛田は言う。

ひかりはミュージカル女優になる。俺はそのひかりを絶対守るって約束したんです。
それなのにひかりはどんどん俺の知らないひかりになっていく。
今止めなくちゃ取り返しのつかない事になりそうでと和也は言う。

剛田は和也に深々と土下座をし、すまんと言う。
15年前、俺はキミの記憶を改ざんした。俺がが雨が降っていたんだと思い込ませた。

和也は言う 雨は降ってなかったと。
やっぱり邦彦さんは犯人じゃなかった。

千尋の父親である矢吹が 森村を犯人に仕立てれば金を払うと言ってきた。

和也は厳しい口調で金のためですか と言う。

剛田は妻が倒れて治すには見たこともない大金が必要だと言われた。
こんなこと言っても何の言い訳にもならない。改ざんのことは すべて公にする。
どんな罰でも受けるだがその前に 事件の犯人、真実を明らかにする。 それが妻との約束なんだ。

胸の中にある大切な想いは言葉にしないと届かないんだ。 届かなかった想いはずっと胸に残り続ける。俺みたいに失ってから後悔するなと言って立ち上がり和也の肩を軽くたたき出て行く。

ひかりが親子の縁を切る

和也は邦彦を見舞いに行く。

病室に入った和也は由希子に向かって、15年前自分が誤った証言をしてしまい、邦彦さんを犯人にしてしまったことを深々と頭を下げ陳謝する。
そして邦彦 の無実は俺が必ず証言すると、真犯人を探し出すと。
この事件に光がさせば この事件の真実がわかれば ひかりだって…….

その時、ひかりが部屋に入ってき和也に向かって、余計なことをしないでと言う。
そして これ以上 私たちをかき回すのやめてくれると。

和也はひかりに天竺要のアリバイは崩れたと。
あいつが麻生さんをと。

ひかり犯人はお兄ちゃんだと言い切る。そしてその罪を償ったからそれでいいじゃん。
悪いけど今どうでもいいことに振り回されたくないと。

由希子がどうでもいい事ってと? だってお兄ちゃんのことじゃない。 私たち家族のことじゃない。

ひかりはそれがどうでもいいと言ってるんだと強く言う。

もう私のことを家族と思わないで。 他人になろうそれを言いに来たと。
私はあなたの娘を止めるから、 あなたも私の親をやめればいいよ。

和也は光に どうしちゃったんだよひかり、 なんでそんなこと言えるんだよと。

光が部屋を出ようとした時、千尋がひかりを呼び止め少しいいかなと言う。

狂気に目覚めるひかり

千尋は天竺要に取り憑かれた人間は皆同じ道を歩むのかしらねと。

そして、光に対してあなたは麻美とよく似ていると言う。

ひかりはきっぱりと違いますと。私はジュリエットを見失ったりしない完璧に演じきってみせると。

そんな光を見て千尋は あまりにもくだらなくてとクスクスと笑い出す。
麻美も同じようにバカみたいな大義名分を振りかざして平気で人を傷つけたと。

そして麻美のことを子どもの頃からずっと大嫌いだったと明かす。
麻美は自分のために人を踏み台にできる人間。
誰よりも大切にしなければならない存在を天使みたいに笑いながら平気で地獄に突き落とすと。

麻美はあさましい死んで当然の女。
でも邦彦さんの心からは15年たった今でもずっと消えない。
そして邦彦さんを突き落としたのは私と白状する。

ひかりと近くでこの話を聞いていた和也も驚きの顔を見せる。

千尋は邦彦が麻美のために無実の罪をかぶってでも復讐しようとしている姿を見ることが耐えられなかったと言う。

光は15年前に麻生さんを殺害したのも千尋さんなんじゃないですか、 兄を愛しすぎたせいでと聞く。

千尋がでも私はと答えようとした時、 ひかりはでも私にとってはどうでもいい話だと、聞いたこの話は誰にも言うつもりはないが、あなたにはこのまま兄のそばにいてもらいます。 あなたの罪に目をつぶる代わりに。、兄が天竺さんに愚かな真似をしないよう 見張っててくださいと。

そこへ和也が来て ちょっと待ってひかり、何言ってるのかわかってるのかと言う。

千尋も 光ひかりのことをあなたおかしいと言う。

光はおかしくても構わないと。 家族も何もかも全部いらない捨てたいんですと、 ミュージカルを私を妨げるものすべてをと言って、ひかりは かずやの言葉も振り切ってその場を去っていく。

そのまま 劇団へ稽古に行ったひかりは 天竺から「いい顔だ」と言われる。

ひかりは 天竺さん残酷ですと。

しかし天竺は 残酷なのは俺じゃなくて芸術だと。 そしてひかりに怖くなったかと。

ひかりは天竺に自分自身に怖くなった時はあるかと聞く。

天竺はないねと、 正確に言えば 怖いという感情が入る隙間もないくらい突き進む、それが俺の生き方だ。
行き詰まったら潔く消え去るのみ。

ひかりは今更消え去るなんて許さない。 あなたに本物のジュリエットの絶望を見せてあげます と言う。

天竺は 楽しみだと。

ひかりの目の前で天竺が死ぬ

和也は帰る途中で沙耶に会い、和也の家でお手製オムライスを和也と和也の両親に振る舞う。

沙耶は和也が料理の中で一番好きだと言うので練習をしたと。

和也は「美味しい」と言って、沙耶は涙ぐみ、「ありがと、嬉しい」と。

和也はいつもの 湖のほとりへひかりを呼び出した。

和也は沙耶と結婚すること、子どもも出来たことをひかりに報告する。

ひかりはそうなんだと。

和也はひかりを守ることができないと。

和也とひかりの間に長い沈黙が続き、雨が降ってきた。

ひかりは「おめでと、和ちゃんならあったかくて素敵なお父さんになれるよ」

ひかりは”しあわせの歌”を唄う。

止まないね、雨と言ってその場から立ち去ろうとするひかりの腕を掴み、和也は2人で誰も俺たちのことを知らない遠くに行かないかと。

ひかりはミュージカルがあるから私には行けないと答える。

和也はだよなとひかりの腕をそっと外し、その場から去ろうとするひかりを呼び止め、約束を破ってごめんと謝る。

ひかりの後姿をじっと見つめ、土砂降りの雨の中を立ち尽くす和也。

劇団に入りジュリエットの練習をするひかり。

そこで 見ていた天竺は 光に近づき それが闇の果てにたどり着いた風景かと尋ねる。

はいと答えるひかり。

北園ひかり最後の稽古だ。
全てを捨てきれなかった俺の絶望がお前をどこに導くのか神のみぞ知るということだと。

ひかりはどういう意味ですかと聞く。

天竺はナイフを両手で後ろに持ち自分の背中を刺した。

そして壁に刺したナイフを当て体重をかけていく。

血が噴き出し、横に倒れていく「絶望ってのは案外さびしいな」と言い残し。

ひかりは怯えるように「天竺さん!」と絶叫し泣き叫んだ!

ひかりの目の前で天竺が死んだ!


[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”cat02.JPG” name=”あーみー”]

物語が進むにつれてひかりのジュリエットにもようやく魂が吹き込まれてきた感がします。
天竺がひかりに「全部捨てろ」と言った言葉が印象的です。
絶対に失いたくないものを全部捨てて、どこまでも深く落ちていけ、最後にたどり着いた風景が絶望だ。

ひかりの中に狂気を宿らせていく天竺が憎いと思ったところもありましたが、ジュリエットの絶望の悲劇を演じるには普通の生活から脱却していかなければいけないのかと、役者さんの苦労がひしひしと伝わってきました。

ただ、親子の縁を切り、愛する和也という恋人も自ら切っていくところのひかりの心理描写が淡々としているので、物足りなさを感じました。

ジュリエットの絶望感を成功させるためには、このような苦渋の選択と決断をするしかないので理解してほしいといったひかりの気持ちを、お母さんにも和也にももっと全面的にアピールしてほしかったなと思います。

何かに取りつかれたようなひかりでは、ひかりに対して同情やかわいそうとかジュリエット役を頑張れと応援したくなる気持ちも半減します。

途中から、ひかりのお母さんや和也に同情したり、沙耶がいい人に見えたりと感じた人も多かったのではないでしょうか。

麻美や舞子を殺害した犯人探しや、ひかりのロミオとジュリエットの夢の舞台や、幼なじみの和也との結末や、このドラマでは数々の見どころや見せ場シーンが多くってとっても楽しめる展開になっているだけに、主人公・北園ひかりの気持ちの変化が見れるセリフ、表現や表情があれば、もっともっと感動的なドラマになっていたのではないかと思います。

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”fukoro01.JPG” name=”フクまめ”]

今回の剛田刑事は潔くって見ていて気持ちよかったです!

6話までは矢吹に言われたまま動いてるちっぽけで、どういう立ち位置で言いなりで行動しているのか不透明な部分が多く、剛田までが犯人候補の怪しい人物に見えた人も多かったのではないかと思います。

しかし7話では矢吹にお金で使われていた理由も明確になり、余計な動きをするなとはっきり矢吹に断言したこと、和也に真実を語り土下座をしたことなど、剛田なりにこの回では身辺整理をしだしたように思います。

謝っても許されることではないと思いますが、8話最終回では國彦に謝らないといけないですね。
15年の月日はかえってきませんが國彦のリアクションが楽しみです。

そして剛田は15年前、刑事という立場で冤罪事件に加担した罰則は受けることになるでしょう。

剛田は麻美を殺したのは姉の千尋だとほぼそう思っているようですが、では花田舞子を殺害した事件は別扱いになるのでしょうか?

来週で一気に真実が明確になりますが、まだまだ最後まで解明されていない謎が残るドラマ展開です!

果たして真相は?ドキドキします。

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”sirokuma01.JPG” name=”Alohaベア”]

天竺が自害したのが全く持って想像してなかっただけに大変衝撃的でした!

なんで死ななきゃいけないだろって自分なりに考えてみたところ2つの理由が考えられました。

1つ目は普通に麻美殺害、舞子殺害が天竺であること。
追い詰められてもうヤバイと思った。
ただここで疑問に残るのは、何故ひかりの前で、そしてあの練習中に死ぬ必要があったのかということ。

2つ目は、7話の中でひかりがジュリエットの練習をしている時、天竺からダメだしを食らいひかりに言った言葉、「…取るに足らない恋愛に最後までしがみついて ジュリエットを失った女がいた矢吹麻美だ。 このままいったら麻美先輩と同じ道をたどることができるよ。」の部分に凄く謎が隠されているような気がします。

麻美は天竺の子供を身ごもったことで、そのことにずっと執着していてジュリエットに身が入らず、天竺からも激怒され、全てを見失ってしまい絶望感のあまり自殺を図ったのでないかと。

しかし、ひかりは母・由希子、恋人・和也、自分を邪魔するものを自ら断絶することによってジュリエットに没頭する環境を作った。

ところがそのひかりの最後の練習を見た天竺はひかりに、それが闇の果てにたどり着いた風景かと尋ねる。

ひかりは「はい」と答えたが、天竺はひかりがまだ本当の絶望を味わっていないと悟り、ひかりに本当の絶望を与える為に自害したのではないだろうかと推測できます。

ただここで疑問に思うのは、そのために天竺があのような死に方を選択するとしたら本当に狂気な人間だと思うのと、「全てを捨てきれなかった俺の絶望がお前をどこに導くのか神のみぞ知るということ」にあるように、天竺が全てを捨てきれなかったのは何なのか?

麻美が自害したことと麻美のお腹の子供のことを最後まで捨てきれなかったのではないだろうか?と思うのであります。

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”cat03.JPG” name=”RIri”]

麻美の姉の千尋が人が変わったかのように狂気に満ち溢れてます(笑)

麻美を殺した犯人は千尋?とか思っちゃいそうですね。

普通のサスペンスドラマではそうかもしれないですが、このドラマはもう少し複雑になってるように思いますね。

確かに千尋は國彦のことが好きだった。
だから妹の麻美を恨めしく思っていたかもしれないけれど、千尋が凄い顏をして麻美のことを「あさましい女」と言うのは何故なのかわかりません。

次回の最終回では全ての真実が明らかになりますが、今の段階ではその部分を追求できる材料が少なすぎます。

その真相がわかれば、麻美、千尋、國彦との関係性もはっきりとわかるでしょう!

このモヤモヤしている気持ちをスッキリ解消したいです。

 

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話ツイッターの反応は?

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話についてSNS上では以下のような声が上がってました!

・7話は麻友ちゃんの演技力が大爆発してた回だと強く感じました。狂った演技上手すぎです。

・前回の千尋のアパートでのシーンが印象的でした麻美は国彦を裏切っていたのに国彦は「今でも麻美を愛している」と…千尋は妹を手にかけたのかもしれないけど今は静かに国彦を想う千尋を可哀想だなと感じます(例え彼を階段から突き落としたとしても…)ひかりが誰にも演じることを邪魔されたくない気持ちは分かりますがどんどん闇落ちして、それが真のジュリエット像なのかなのかよくわからなくなってきました天竺のひかりへの導き方が怖いです残り2話どうなることかドキドキと楽しみにしています!

・1話からずっとわくわくドキドキしながら観ています。7話もあっと言う間に終わってしまい次回が最終回、とても寂しいです。ひかりちゃんの幸せを祈っています!どうか和ちゃんとも幸せになれますように。

・いゃあ~、第7話は衝撃のラストでした。天竺さんはなぜ死ぬ必要があったのか、よくわかりません。来週和也とひかりたんが襲われるみたいですが、剛田さんが「15年前から~」と電話で言ってたことと天竺さんが亡くなったことを考えると、真犯人は千尋さんかな。あまりないと思うけどお母さんの由布子もあると思う。どちらにしても来週の最終回が楽しみです。

・第7話は剛田さんの男気にぐっときました。今週のひかりの微笑み、特に天竺さんに向けたものにはぞくっとしました!「大人の土ドラ」初めてじっくり観ていますが、、展開が読めない!ヤバいです!!

・ひかりが難しい境遇に戸惑いながら、必死にジュリエットを演じようとする狂気と重なって、迫真の演技になっていると思います。実際のミュージカルの世界でも新しい活躍を初めているだけに、最終回のミュージカルのシーンが楽しみです。麻友さんの美しさと歌唱も素晴らしいですが、周りの役者さんたちの演技にも圧倒されています。犯人は誰?どん底で終わるのか、光が見える終わり方になるのか?ドキドキの最終回です。

 

[speech_bubble type=”think” subtype=”R1″ icon=”ran.JPG” name=”らん”] 北園ひかり役・渡辺麻友さんの演技が「演技力が大爆発」「狂った演技上手すぎ」「迫真の演技」など、上手くなったねという声が多かったですね!

ラストの衝撃的シーン、「天竺さんはなぜ死ぬ必要があったのか、」と思われた方はきっと多かったのではないでしょうか。

ひかりを盛り上げる周りの役者さんの演技にも圧倒しますという声が上がってました。

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」8話(最終回)あらすじ

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」7話のあらすじをご紹介します。

目の前で天竺(吹越満)が死んだ……

ひかり(渡辺麻友)を衝撃が襲う。

今まで信じてきた全てを崩されたような不安にさいなまれるひかり。

芽衣(宮澤エマ)たち劇団員もまた天竺の死を受け入れられず抜け殻のようになっていた。

主なき今、存続の危機を迎える劇団「ウミヘビ」。なぜこんなことに……だが、答えは誰も分からなかった。

 

そんな中、昏睡状態だった國彦(桐山漣)が目を覚ます。

由布子(斉藤由貴)から連絡を受けたひかりも兄を見舞うが、失うばかりの人生に自暴自棄になるひかり。

「こんなことなら私も天竺さんみたいに死んだ方が…」やりきれない気持ちのまま病院を出たひかりに黒い影が近付いてくる。

そのままひかりに体当たりする影。

ひかりは、階段から突き落とされてしまい…。

一方、和也(堀井新太)は沙耶(筧美和子)との結婚に向け、準備を進めていた。

だが、妙な焦燥が和也を襲う。

15年前の記憶を掘り返そうとする和也。

あの時、現場にいたのは自分と國彦、そしてもうひとりの人物……

その頃、千尋(星野真里)は訪ねてきた剛田(木村祐一)から、麻美(三倉茉奈)が殺された当時のことを聞かれていた。

無表情に冷たく応える千尋。
「…私が麻美を殺したとでも?」

15年間に渡るすべての謎の真相がついに明らかになります

公式サイトを引用

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”らん”]

まとめ

2018年9月22日放送、「いつかこの雨がやむ日まで」第7話のネタバレと感想、第8話のあらすじを紹介しました。

次回は9月29日放送、「いつかこの雨がやむ日まで」第8話(最終回)のネタバレもお楽しみに♪

「いつかこの雨がやむ日まで」7話動画の無料視聴はこちら

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメント

error:Content is protected !!