「獣になれない私たち」見逃し配信 2話あらすじネタバレと感想「京谷と晶のキスシーンに胸きゅん」

獣になれない私たち 獣になれない私たち

 

皆さん、こんにちは!

2018年10月17日(水)よる10時00分放送「獣になれない私たち」の2話あらすじネタバレと感想をお届けします。

 

「獣になれない私たち」の見逃し動画配信はhuluがおすすめです。
>>hulu公式サイトはこちら<<
(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はhulu公式HPにてご確認ください。)

「獣になれない私たち」見逃し配信 2話 あらすじネタバレ

すべての仕事を一人でこなしていることに耐えられなくなった晶(新垣結衣)は、翌日新しく買った、パッと見強く見える新しい服とブーツで来社し、社長の九十九(山内圭哉)に業務分担の改善要求書を突き付ける。

周囲が晶の姿と行動にガクガクブルブル震える中、九十九とやりあった結果、出張明けに返答するとの約束を取り付ける。

一方、恒星(松田龍平)は初対面の会社社長・勝俣(八嶋智人)から、粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと頼まれる。

恒星は不正には手を貸さないと拒否、勝俣を事務所から追い出す。

その晩、5tapの店前で出くわした晶と恒星。

恒星が入らないの?と言うと、晶は入りますと言って2人は店内へ。

「このブーツ分かりませんか」

「本当に関心ないんだ」

晶は恒星の無関心さを改めて知ることになる。

呉羽(菊地凛子)の話題になり、「呉羽は恋に落ちた瞬間、鐘の音が聴こえるらしい」と話す恒星。

一目惚れをしたことがない晶は、どんな音かと首をかしげる。

わからないのは恒星も同じだった。

翌朝、有給休暇中の晶は松任谷(伊藤沙莉)の電話で起こされる。

上野(犬飼貴丈)が大事な契約書を持ったまま会社を無断欠勤しているというのだ。

晶は松任谷からこのまま止めたらまた深海さんの仕事が増えますねと言われる。

晶は急遽、上野のアパートを訪ねることにする。

契約書は上野さんが持って行った方がいいと思うと言うと、僕がどんなに辛いか分からないでしょうと上野は言う。

じゃあやめるんだねと言った晶は上野から、思わぬ話を持ちかけられる。

上野は新海さんのこと好きになってもいいですかと。

ビックリする晶に上野のは、好きとか嫌いとかではなく、会社に行くのも行けるようにそういう存在が欲しいんですと言う。

翌日上野はイキイキと出社し、今日から深海さんは僕の女神だと言う。

松任谷は、さすが深海さんどんな手使ったのと聞く。

勝俣は出先まで恒星を追いかけ待ち伏せし、人前で土下座して懇願する。

恒星はこんなところでやめてくださいよ。僕は土下座するような人が一番嫌いなんですよと勝俣を振り払う。

京谷に誘われて晶は 前の会社の恒例のイベントBBQパーティーに参加する。

晶は座って飲んでるお客さんにならず、こんな所でも焼き側にまわる。

6年前近く、晶と京谷は同じ会社で出会っていた。

晶は派遣社員として、京谷は社員として働いていた。

最初はその頃いたお互いの彼氏・彼女が働かないということで意気投合。

晶と京谷は少しずつお互いを意識し始めるようになっていった。

しかし、晶はECサイトの会社へ転職。

みんなから送別会をしてもらった帰り道に京谷と会い、お互い愛し合ってることを確認しキスを交わす。

BBQの現場で会社の人からなんで結婚しないのですかと言われる。

先日京谷が電気代が高くて大変だと言ってたけど一緒に暮らしてるんでしょ?と。

答えられない彼を晶がかばう。

皆がいない場所で京谷は晶にごめんと言う。

晶はなんのごめん?

俺をかばってみんなの前で嘘をつかせたことがごめんと京谷。

京谷は晶を強く抱きよせる。

京谷は朱里に賃貸物件資料を見せ、今月中に出て行ってほしいと言う。

しかし、朱里はこの先はどうやって暮らせばいいのか、京ちゃんが言わなければ会社辞めなかったし、仕事決まるの待ってくれたっていいじゃん、勝手なのは自分じゃないと言ったことに京谷は一言も返さない。

夜、勝俣がまた恒星を待ち伏せし土下座して懇願する。

恒星はあんたにはプライドってものないんですかと言うが、 勝俣は会社を守る家族を守る責任があるんですと言う

偶然、その場を通った晶が勝俣の味方をし、恒星に対して少し声を荒げた。

恒星は「何であきらさんが怒ってるの? 道場で引き受けて裁判沙汰になっても責任取れるのですか? 会社をたたむ手伝いなら行ってもいいですが。 あきらさんそのおっさんの人生相談乗るつもり?」と。

呉羽(菊地凛子)が結婚相手に出会ったときに頭に鳴った鐘の音が「白楽の教会の鐘」と同じらしいということで2人は出かけます。

呉羽は生き物、あいつは直感と感情で動くと恒星は言う。

しかし17時に鐘が鳴るはずなのに鳴りません。

恒星が確認すると、近所からうるさいって苦情が来るので今は鳴らしてません。 日曜の礼拝と特別な日だけ鳴らしてるとか。

夜5tapで恒星と晶は呉羽に教会まで鐘を聞きに行ったことを話したところ、「イメージの話でしょう。頭で考えるから駄目」とバカだねバカと呆れられます。

晶が有給を終えて会社に来たら 社内はゴミの山くちゃくちゃ。

松任谷から、深海さん今日待ってましたと言われる。

社長の九十九は反抗期終わったのか、 俺も何でもかんでもやらせて本当に悪かったと。

そして、給料アップ、ボーナスアップ、営業特別チーフクリエイター 任命!

深海さんおめでとうございますと全員で拍手!

「獣になれない私たち」見逃し配信 2話 感想

 

恒星と晶は少しずつ言葉のキャッチボールが出来るようになり、心穏やかにみることができました。

晶が業務分担の改善要求書を突き付けたのに、社長からの回答は給料アップ、ボーナスアップで、特別チーフクリエイター 任命に晶も予想外で反発することもできずに流れで受けることになってしまいました。
改善どころか、余計大変な立場に立たされる晶はこれから大丈夫なのか心配…。

京谷はどうして朱里に対して強く言えないのでしょう?
これでは晶がかわいそすぎます。
こんな男は女としてクソです。

 

晶のスマホの待ち受け画面はクリオネだぁ。すごい珍しいな、どうしてクリオネ?と思ったけど、きっとクリオネ見て毎日癒されているんだろな。

晶と京谷の長すぎた春は今後どうなっていくのだろう。

晶は煮え切らない京谷に業を煮やし、捉えどころのない恒星に徐々に気持ちが移っていくのかな。

そして京谷はあまりにも優しすぎて優柔不断な人間だから、朱里のことを結局見放すことができなくなる気がする。

ゲームおたくで依頼心満載の朱里にもイライラするわ。

 

なんかこのドラマは職場での晶の姿を自分に置きかえて見てしまう。

真面目で正直で、人から頼まれたら「NO!」と言えずやってしまう。

そんな毎日にふとした時、疲れ切っている自分がいる。わかるな、結局真面目で優しい人間が損をするのかな。

損得で仕事をしている訳じゃないけど、疲弊してしまうとそう感じてしまう。晶の姿に共感して見ている。

 

恒星はすごい闇をかかえていそう。

仕事面では粉飾決算を依頼して来た人に誠実に対応していた反面、すごいブラックな面を持ってるし。

晶に対してもクールに接する部分と、ふとした時に見せる温かい部分。

一体どんな人間なのかな…。

 

せっかちイライラ関西弁の剛腕社長九十九、いつも晶に仕事を丸投げする迷惑な営業の松任谷と、いつも無気力で仕事から逃げてばかりの新人の上野。

この三人のキャラはほんと面白い。

このドラマの隠し味になってると思う。

まとめ

2018年10月17日放送、「獣になれない私たち」第2話のあらすじネタバレと感想を紹介しました。

「獣になれない私たち」の見逃し動画配信はhuluがおすすめです。
>>hulu公式サイトはこちら<<
(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はhulu公式HPにてご確認ください。)

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメント

error:Content is protected !!