長澤まさみの主演ドラマ「コンフィデンスマンJP」見どころ予測

コンフィデンスマンJP コンフィデンスマンJP

2018年4月1日~毎週月曜夜、9時~9時54分、日テレドラマ「コンフィデンスマンJP」がスタートします。

主演は、11年ぶり月9ドラマ主演の長澤まさみさんです。

「コンフィデンスマンJP」では、キャビンアテンダント、秘書、海外の大物女優マリリン・モンローなど、千変万化の職業人、変幻自在なコスプレになりすます、魅力あふれるダー子というキャラクターを長澤さんがどのように演じるか注目です!

そんな春ドラマ「コンフィデンスマンJP」の見どころをまとめてみました!

その前にもう一度、ドラマのあらすじを見てみましょう。

●「コンフィデンスマンJP」のあらすじを見る

『コンフィデンスマンJP』は、今や世界が注目する脚本家・古沢良太氏のオリジナル作品。

古沢良太氏がテーマとして選んだのは、相手を信用させて詐欺をはたらき、策略によって騙したり騙されたり、ゲームのように二転三転するストーリーの「コンゲーム」。

この物語の主要登場人物である、ダー子(長澤まさみ)ボクちゃん(東出昌大)リチャード(小日向文世)の3人が、全員詐欺師という設定。

 

⇒主人公・ダー子(長澤まさみ)は、手におえない性格の小悪魔的なコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)。

年齢わからない。
正体わからない。
身分わからない。
天才的な能力(知能犯)
考え方や行動が常識ハズレ

ダー子は毎回さまざまなコスプレをして、多彩な才能を持った職業人になりすましていきます。

 

⇒ボクちゃん(東出昌大)は、真面目だが、ちょっと頼りないコンフィデンスマン(信用詐欺師)

詐欺業界から足を洗いたいところだが、気が弱くダー子に本音を伝えることができず、いつも振り回され、最後はいいことのように丸め込まれてしまう。

 

⇒リチャード(小日向文世)は、あの手この手の方法で思うままに人を操りだます。数々の実戦で鍛えられ、多くの経験を積んでいる完成されたコンフィデンスマン・。

 

ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人の信用詐欺師たちが、チーム一丸となって、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界などの欲望にまみれ、金に狂った人間たちから、世界がぶっ飛ぶほどの壮大過ぎる入念な計画を練ってを巻き上げていく。

 

半端ないチームワーク力で桁外れの作戦を仕掛けていき、一度狙ったターゲットは絶対逃がさん!!! 見てる方もかなり力が入ります。(笑)

一度狙われたら、ターゲットが絶対逃れることができない、壮大で奇想天外な作戦とはいかなるものか?!

 

二転三転する壮烈なだまし合いのシーンが、何度見てもビックリ仰天するような度肝を抜くトリック映像の連続!

笑いと元気をもらえる、コメディ要素がある痛快エンターテインメントの傑作です。

 

脚本家・古沢良太が描き出す、さまざまな業界を舞台に、お金持ちを華やかに壮大にだますコンゲーム&コメディーを、演技力抜群の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が、どんな芝居を繰り広げるのか早くも注目です!!

 

●「コンフィデンスマンJP」の見どころ

見どころ①詐欺師3人トリオの度肝を抜くトリックの連続!

今回のドラマでは、名だたる実力・演技派俳優の長澤まさみ(ダー子役)、東出昌大(ボクちゃん役)、小日向文世(リチャード役)の3人が信用詐欺師として、とにかくたくさんの役を豪快、ユーモアに演じるところが、一番の見どころ!

金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界などを舞台に、華やかに壮大に、欲望と金に狂った人間たちをだまし、金を巻き上げていく。

スケールを越えた度肝を抜くトリックを3人がどんな演技で繰り広げていくのか!?楽しみである。

 

3人トリオの息があってるチームワークと団結力で繰り広げられる、スケールのデカい、型破りな詐欺作戦に、視聴者たちも「圧巻!!」「今までに見たことがない映像!」と笑って楽しんでグッと、注目度はさらに高まっていくでしょう。

 

 見どころ②日本のドラマ界の常識を破るような脚本家・古沢良太の描く世界観

「コンフィデンスマンJP」は、今までの連ドラで見たことがないような世界観をお届けしたいと、古沢良太の長年の想いが詰め込まれた作品です。

とにかく人を笑わせる、喜ばせることが大好き、圧倒的におもしろいものを作りたい、連ドラスケールを超えた一話完結モノで古沢さんご本人も「作るの大変です。」とコメント。

 

天才脚本家が生み出す、現実味がなく、ゴージャスで、お腹を抱えて爆笑する、テンポがあり、ド迫力満点のストーリー展開はまさにビックリ仰天の連続。

 

さまざまな業界を舞台に、お金持ちを華やかに壮大にだましだまされ、ドンデン返しの連続、度肝を抜くトリックの連続で、息をつかせないドラマ展開が見どころです。

古沢良太さんの脚本家としてのポリシー、日本のドラマ界の常識を、ことごとく破るような想像を絶する「騙し合い、コンゲーム」楽しみです!

 

 見どころ③悩殺!長澤まさみの演技力とコスプレ七変化に注目!

『コンフィデンスマンJP』では、キャビンアテンダント、秘書、マリリン・モンローなど、ダさまざまな職業人になりすまし、ターゲットの懐に入り込むことを得意とする、かなり厄介な性格の持ち主であるダー子(長澤まさみ)を演じる。

 

毎回のコスプレもあくどい金満男から大金を騙し取るため。

度肝を抜くかなり露出度の高いものになるらしい。

Fカップおっぱいやヒップをギリギリまで露出、彼女のお色気をムンムン出して、男を罠にかけて誘惑し大金をだまし取るという作戦。

胸やヒップを露出するシーンや大胆な濡れ場もあるという話。

 

「今まで特徴のあるキャラクター役を演じてみたいという願いが一気にかなってしまいそうです(笑)」とご本人も役柄にノリノリでエロ化”が止まらないという。

ハチャメチャでふざけてばかりだけど、反面、芯のしっかりとした女性「ダー子」というキャラクターを長澤まさみがどう演じるか!?

そして、可愛くもクールにも、ダー子(長澤まさみ)のコスプレ七変化に注目です!!

コメント

error:Content is protected !!