ドラマ「デイジー・ラック」原作者海野つなみの過去の作品と評判は!?

デイジーラック デイジー・ラック

4月20日 スタートのドラマ「デイジーラック」。

 

その原作は、海野つなみさんの同名漫画です。

 

海野つなみさんといえば、2016年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者としても有名です。

 

海野さんは、この作品で、 第39回講談社漫画賞を受賞されました。

そんな海野つなみさんについて、過去の作品や、評判をまとめてみました。

 

ドラマ「デイジーラック」原作・海野つなみ 過去の作品について

原作・海野つなみ/デイジーラック

ここでは、ドラマデイジーダックの原作について、ご紹介します。

 

漫画「デイジーラック」は、楓、薫、ミチル、えみ、アラサー4人組のリアルを描いた作品。

 

主人公の楓は、パン職人になる夢を追って、地元のパン屋に再就職します。

そこで、ドイツから帰国した先輩パン職人の安芸という男性と出会います。

 

安芸は、店長の娘、リエコと交際していましたが、楓は、安芸のことが気になり始めます。

 

薫は、エステサロンの仕事に邁進していました。しかし、コンペに負け、年下の彼氏の浮気現場に遭遇。

その場で、彼氏に別れを告げ、ライバル会社の営業マンに惹かれていきます。

 

ミチルは、薫の弟貴大から、ある日突然、告白され、徐々に、貴大を恋愛対象として見るように。

 

4人の中で、唯一既婚者のえみは、夫の誕生日を楽しみにしていましたが、夫は、当日、はまっているエアロビの合宿に、仲間たちと出かけてしまいます。

 

楓や薫からしたら、羨ましい存在のえみですが、結婚したらしたで、親から、「子供はまだか」などと、新たなプレッシャーが与えられて、悩みが尽きないようです。

 

果たして、 アラサー仲良し4人組は、幸せになれるのでしょうか!?

 

この作品は、2巻完結で、サクッと読めるので、海野なつみさんの作品は、初めてという方にもぴったりです。

 

原作・海野つなみ/kiss の事情

「Kissの事情」は、キスにまつわるストーリーを収めたオムニバス形式の漫画です。

 

雑誌 「Amie」に、1997年2月号から6月号まで、連載されていました。

 

単行本では、記憶喪失になってしまった女子校生と、彼女が記憶を失う前に、キスしたことがある男子たちとの関係を描いた 「THE KISS OF LIFE」や、「回転銀河」の 4巻に収録されている「クェーサー」の元となるエピソード、「少年人魚」など、5編を収録しています。

 

新装版では、あとがきが1ページもあり、新しく各話のキスシーンが、5ページにも渡って書き下ろされています。

 

「THE KISS OF LIFE」 は、女子校生が記憶喪失になるという、ありえない設定ですが、だからこそ、海野さんらしい斬新な視点が生かされている作品です。

 

原作・海野つなみ/逃げるは恥だが役に立つ

この作品は、2016年10月に、ドラマ化され、大ヒットしました。

 

ドラマは、ラストで披露された恋ダンスも話題となり、一大ブームを巻き起こしたのも、記憶に新しいところ。

 

主人公は、京都大学卒のシステムエンジニア津崎平匡と、大学院卒でありながら、正社員になれず、派遣切りにあってしまった森山みくり。

 

36歳で、性経験なしの平匡と、みくりは、雇用主と従業員という関係の契約結婚をするのでした。

 

この作品、実は、海野さんの普段の妄想から、生まれたとのこと。ネタだしで、担当編集者と話をしている時に、誕生したようです。

 

現代社会の闇を明るくコミカルに映し出しており、海野さんの代表作と言っても、過言ではない作品です。

 

ドラマ「デイジーラック」原作・海野つなみ評判は!?

海野つなみさんの評判について、Twitter の反応を中心に見ていきましょう。

 

 

このように、海野つなみさんの漫画について、「絵が好き」とか、「単行本が新装版になってたからつい買ってきた」という声。また、「回転銀河」を他の人に勧め、高く評価する声などが寄せられていました。

 

海野つなみさんの漫画のファンは多いようです。

 

さらに、現在放送中のドラマ「アンナチュラル」について、海野さんが、自身の Twitter で、応援するコメントを寄せられているようで、それを好意的に受け止めている方も、おられます。

 

しかし、その一方で、海野つなみというペンネーム故に、2011年の東日本大震災後、このペンネームをめぐって、ご本人のブログには、心ないコメントが入ったこともあったようです。

 

「先生のつなみというペンネームは、どういう気持ちでつけられたのでしょう。大震災のチャリティーに参加されると聞きましたが、気分は複雑です」というもの。

 

そういったこともあろうかと、このずっと前に、海野さんは、はペンネームの変更を考えられたそうですが、関係者らに反対され、改名には至らなかったとのこと。

 

この件に関して、海野さんは、「事象と名前は別物」としながらも、「私は、逆に、そういう名前だからこそ、積極的にチャリティーに参加したい」とコメントされています。

 

非常時には、人は正しい判断ができなくなるし、普段気にならないことも、過敏に反応してしまうのかもしれません。

 

 

まとめ:ドラマ「デイジーラック」原作・海野つなみについて

ドラマ「デイジーラック」の原作者の海野つなみさんの作品には、「デイジーラック」の他に、代表作「逃げるは恥だが役に立つ」や、「Kisの事情」などがあります。

 

テーマやアイデア、発想がうまく、言葉選びのセンスにも長けており、独自の視点で、温かく描く漫画は、多くのファンを獲得し、高く評価されているようです。

 

そんな海野さん原作のドラマ「デイジーラック」の放送が楽しみです。

 

コメント

error:Content is protected !!