ドラマ「デイジーラック」アラサー讃岐ミチル役・中川翔子の経歴・ 役柄・演技力の評判は!?

デイジーラック デイジー・ラック

ドラマ「デイジーラック」で、讃岐ミチルを演じるのは、女優、中川翔子さんです。

 

ヒロイン、楓の幼馴染で、フリーランスのかばん職人という役柄ですが、実は、貧しい生活を送っているということで、どんな生活を送っているのか…気になります。

 

ここでは、女優、中川翔子さんに注目して、経歴、役柄、演技の評判について、まとめてみました。

 

 

ドラマ「デイジーラック」讃岐ミチル役の女優、中川翔子とは?

ドラマ「デイジーラック」讃岐ミチル役中川翔子のプロフィール

名前 中川翔子

生年月日1985年5月5日

年齢32歳

事務所 ワタナベエンターテイメント

 

ドラマ「デイジーラック」讃岐ミチル役中川翔子の経歴

幼い頃から、子役として、芸能事務所に所属していた中川翔子さん。

 

2001年、「ポポロガール」オーディションで、グランプリを受賞。

2002年にはドラマ「ビッグマネー」で、女優デビュー。

2004年、「特捜戦隊ギガレンジャー」で、テレビドラマ初出演。
このドラマで、 中川翔子さんは ファルファ星人ヤーコという地球外星人を演じました。

 

2004年頃からは、バラエティ番組にも出演。

「王様のブランチ」や「どうぶつ奇想天外」などに、レギュラー出演されていました。

 

そして、2006年には歌手としても、デビュー。

2007年、3枚目のシングル、「空色デイズ」は、オリコン3位を獲得し、NHK の紅白歌合戦にも出場。

 

2010年、「恋の正しい方法は本にも設計図にも載ってない」で、映画初主演。

この映画で、中川翔子さんは、本がとにかく好きで、恋愛に臆病な図書館司書、野田泉という役でした。

 

2011年には、「塔の上のラプンツェル」で、主人公のラプンツェルの日本語版吹き替えを担当し、声優としても活躍。

 

2016年 3月に、ロングヘアーをバッサリ、50㎝も切って、ショートヘアに、イメージチェンジされました。

 

2017年4月期のドラマ「あなたのことはそれほど」では、主婦役に挑戦。

このドラマでは、 中川翔子さんは、主人公と不倫をする有島家の隣人で ちょっと怖い性格の主婦、皆美を熱演しました。

 

その他の出演作には、2015年の NHK の朝ドラ「まれ」や、大河ドラマ「軍師官兵衛」などがあります。

 

 

ドラマ「デイジーラック」 中川翔子・讃岐ミチルの役柄は?

デイジーラック/中川翔子

デイジーダックでの中川翔子さんの役柄は、ヒロイン楓の幼なじみ、讃岐ミチル、30歳。

 

ミチルは、フリーランのかばん職人をしていますが、実は、1 DK の狭い部屋で、貧しい暮らしをしていて、それでも、自らの生き方を貫く、たくましいアラサー女子です。

 

友達の薫の弟、貴大から思いを寄せられ、徐々に、貴大を男性として意識するようになるという役柄です。

 

ドラマ「デイジーラック」讃岐ミチル役・中川翔子演技力の評判は?

中川翔子さんの演技力の評判はどうなのでしょうか?

ここでは、最近出演されたドラマ、「あなたのことはそれほど」での演技の評判を中心に、ツイートを見てみましょう。

 

 

このように、中川翔子さんの演技に、 好印象を持ち、注目した方がたくさんいらっしゃいます。

 

その一方で、「しょこたんはタレントとして、バラエティとかに出ている方が生き生きしてていい」という厳しい声もありました。

 

女優以外にも、声優やタレントとして幅広く活動されているので、タレントとしての活動の方を評価する方も、いらっしゃるようです。

 

筆者も、「あなたのことはそれほど」の中川翔子さんの演技を拝見しましたが、夫に認めてもらえないと号泣する迫真の演技に、引き込まれる感じがしました。

 

これからも、女優として、いろんなドラマ映画に出演してほしいと思います。

 

 

まとめ:ドラマ「デイジーラック」讃岐ミチル役・中川翔子の経歴・ 役柄・演技力について

4月20日スタートのドラマ「デイジーラック」で、讃岐ミチル役を演じる、中川翔子さんについてご紹介しました。

 

ヒロインの幼なじみで、自らの生き方を貫く強い女性という、重要な役柄をどう演じるのか…

 

中川翔子さんの演技力に注目したいです。

 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!