原作・水城せとなの青年恋愛漫画「失恋ショコラティエ」あらすじ、見どころ&感想は!?

失恋ショコラティエ 胸キュン恋愛作品

「失恋ショコラティエ」あらすじは!?

好きな女性を想いながらショコラを作り続ける青年の恋物語

 

この作品を読んで、どうして一人の女性を想い続ける事が出来るんだろうと思いました。

小動爽太は、高校生の時に1年先輩のサエコに片想いをします。

そして、彼女を振り向かせる為に、フランスへと修行に行き、立派なショコラティエになります。

 

しかし、日本に戻ってきた爽太は、サエコの結婚が決まったという事を知ってしまいました。

爽太は、意気投合したえれなと一夜を共にしたりしますが、やっぱりサエコの事が忘れられず、彼女が夫から暴力を振るわれていると知って、彼女を守ろうとしますが、

 

結局サエコは夫の元へと戻り、爽太はえれなと向き合う事を決めます。

 

爽太は最大の失恋はするも、サエコの存在がなかったら出会えなかった人もいたことに気付きます。

この時、爽太の長い片想いはやっと終わりを告げました。

 

好きな気持ちは生涯変わる事はないんだと思った作品でした。

 

「失恋ショコラティエ」見どころが!?ショコラが美味しそう♪

漫画だと分かっているのに、ショコラが本当に美味しそうなんですよね

この作品の見どころは、もちろん爽太のいじらしさと、サエコの小悪魔ぶりなんですが、なんと言ってもショコラの美味しそうな描写ですよね。

水城せとなさんが描くショコラは、イラストなのに、本当に甘くて優しい味が刷るように見えるんです。

 

爽太がサエコにプレゼントするボンボンショコラとか、美味しそうって、つい溜め息を吐いてしまいます。

ダイエットを決意していても、見ると食べたくなってしまうぐらい、美味しそうなんです。

 

そして、そんなショコラとは対称的に上手くいかない爽太の恋がとても際立つのだと思います。

 

ショコラは、ミルクもあればビターもある。そんなショコラと恋は似ているのかもしれないというのが、見どころだと思います。

 

「失恋ショコラティエ」感想は!?

もちろん爽太君も応援してたんですけど、個人的にはフランス人のオリヴィエと、爽太の妹のまつりの恋が気になっていました。

 

オリヴィエは、本当に優しい人だと思います。

まつりの事を、心から本当に好きなんだな。と、思いましたし、薫子が爽太に片想いをしている事にすぐに気が付いたのも、やっぱりオリヴィエでした。

 

だから、まつりがオリヴィエのプロポーズを受け入れた時には、とても嬉しかったです。

 

イケメンで、優しい人なんて、そうそういませんものね。

 

オタクな所もなんだか可愛らしく見えます。
失恋ショコラティエ

2014年1月スタート、失恋ショコラティエ」ドラマ化もされて、その時には、爽太役に松本潤さん。

サエコ役に石原さとみさん。オリヴィエ役に溝端淳平さん。まつり役は有村架純さんでした。

大好きな魔性系女子、サエコに一途な爽太は、サエコとの甘い妄想にふけりながら、サエコのひとつひとつの動作や行動に身も心も振り回される片想い男子。

爽太は、サエコに「片想いな気持ち」と「チョコ」を捧げますが…

コメント

error:Content is protected !!