サバイバルウェディングの名言から学ぶ!モテない女の必勝婚活戦略法!

サバイバルウェディング

皆さん、こんにちは!

2018年の7月21日から始まった婚活をテーマにした、
波瑠主演の「サバイバル・ウェディング」ご覧になってますか~?

結婚間近で婚約破棄された黒木さやか(波瑠)の恋愛に不器用なところと
宇佐美編集長(伊勢谷友介)の突っ込み具合がユーモアたっぷりでいい感じです♪

なんといっても、宇佐美がビジネスマーケティング戦略を恋愛に置き換えて、
さやかに婚活スパルタ教育していくのがこのドラマの見どころとなってますが、
見ている側も人生で大切なことを学び得ることができる素晴らしい作品だなと思います。

そこでこちらでは、「サバイバルウェディングの名言から学ぶ!モテない女の必勝婚活戦略法!」ということで、宇佐美の一つ一つの名言に対する解説と、婚活戦略法をまとめてみましたので「モテる女性になりたい!」と思われてる方は是非参考にしてくださいね。

ナルシスト編集長毒舌トークは迫力大!
海外高級ブランドのモテテクは必見!

サバイバルウェディング動画の無料視聴はこちら♪

※今なら2週間無料お試し視聴キャンペーン中!

「サバイバルウェディング」あらすじ

ではまず最初に作品のあらすじをご紹介しますね。

サバイバルウェディング あらすじ
『出版社に勤務する黒木さやか(29歳)は、4年間交際した和也と3か月後の30歳の誕生日に結婚式を挙げるために寿退社します。

だがその日の夜、和也の部屋で女性のパンティを発見、そう和也は浮気をしてたんです。

しかもなんと逆ギレされてしまい、まさかの婚約破棄に!!!!

結婚もパア、仕事も辞めてしまったさやかは一夜にして、ただのプータローとなったが、人気ファッション雑誌のカリスマ編集長の元で復職先も決まり安堵もつかの間、この編集長はブランド大好き、毒舌ナルシストの超変人・宇佐美博人(41)

そしてなんと!クセ者編集長が雑誌の企画として、さやかに突き付けた前代未聞の再就職の条件が、「半年以内に結婚しないとクビ!!」というもの!

宇佐美は「オレの言う通りに婚活すれば結婚なんて余裕だ!」と言い放ち、スパルタ婚活がスタートします!!

この作品のテーマである、黒木さやかに課せられた使命は、「半年以内に結婚すること」

そして上司である宇佐美がさやかに指導していくことは、宇佐美直伝、エルメス、ルイ・ヴィトン、シャネル、COACHと言った海外有名ブランドのマーケティング戦略を恋愛に応用した『必勝婚活戦略』です。

では、「サバイバルウェディング」名言と婚活戦略を第1話から順追って見ていきましょう。

 

「サバイバルウェディング」婚活名言まとめ

婚活名言①「女としての価値は、売り方次第でいくらでも上がる」

エルメスのバーキンが何故100万円で売れるか!?
エルメスはセールをしないし、すべて自社生産して、アウトレット品を出さない。 高級バックは予約してから数年待つほど希少性が高い。修理に出せば作った職人本人が直してくれる信頼性。企業努力があるからこそ値段に釣り合う価値があり100万円で売れる。

 

希少性が低い=簡単に手に入ること
恋愛に置き換えると
・すぐにLINEやメールの返信をする。
・相手の要望にすぐに合わせようとする
・体を求められたら直ぐにOKする
・都合の良い女になること。

 

希少性が高い=簡単に手に入らないこと
恋愛に置き換えると
・自分にブレない芯がある。(信念がある)
・女性らしさを失わない。(服装・清潔感・仕草)
・笑顔で明るい女性
・男性を立てるのが上手い。

 

人は、「タイムセール」「閉店セール」や「期間限定」「数量限定」「今日限りのプレミアム商品」などの言葉に弱くついつい踊らされてしまい、「今すぐに手に入れたい」という心理状態になります。
これらのキャッチフレーズは希少価値をウリにしています。

恋愛もこの深層心理を応用します。
「この女性を手に入れたい」と思わせることが重要なんですね!

モテる秘訣は「女性としての希少性価値を高め、特別感を感じさせること!」

内面、外見ともに女度を充実させていくということが大事なんですね。

婚活名言②「男の脳が喜ぶことをしろ」

「吊り橋理論」効果を利用する。
「吊り橋理論」というのは、カップルで吊り橋に行くと不安定な場所に立っているのを恋愛でドキドキしてるのと錯覚するという意味。

 

人間の脳は不安になると興奮し、恋愛感情が生まれやすくなる。

反対から言うと、人間は不安な状況にならないと恋愛感情は生まれないということ。

つまり、不安になるような状況下で、意中の男性の脳を興奮させるという戦略ですね。

 

婚活名言③「不安な状況下で脳を興奮させ、競争意欲を煽る」

エルメスのケリーバック
エルメスのケリーバックは最初、サック・ア・クロアという名前だったんだ。グレース・ケリーというアメリカの女優がモナコの王と結婚してパパラッチにカメラを向けられた時、とっさに妊娠したお腹をそのバックで隠したんだ。その写真が週刊誌の表紙を飾ってバックが一躍話題になった。それでモナコ王室の許可を得てケリー・バックという名前に変えたんだ。(ケリー・バックの誕生)

ナイキだって、マイクロジョーダンやタイガーウッズに100億以上の契約金を払っていただろう。つまり誰が持っているかが勝者が価値を計る時の大きな判断材料になってるんだ。

 

ものには、絶対的価値なんてそもそも存在しない。
人間が相対的に価値を計算しているに過ぎない。
要は、価値がわからないものは物差しの当て方次第で価値の感じ方が大きく変わるという理論。
つまり女性がどんな男性に狙われているか、それが物差し。

女性が引く手あまたの状態で、魅力的な男に狙われていることを知れば、
それが判断基準になって一緒にいる女性も価値が高いものだと認識され、
脳を興奮させ競争意欲を煽らせるという戦略である。

 

「この女性を他の男に取られたくない!」
「今手に入れないと後々後悔するかも…。」

と思う人は、「手に入れたいと思うものを失うことに恐怖感を覚えるそうです。

婚活名言④「安売りするな!高めた価値が一気に下がる!」

ライセンスの悲劇
第二次世界大戦後のパリに100年に一人の天才デザイナーが現れた。彼はココシャネルやクリスチャンディオールと共に20世紀のパリのファッション界をリードしたが自分の名前で立ち上げたブランド事態は地位を築くのに相当な苦労をしたんだ。大々的にライセンス契約(ブランドの名前だけ貸して生産や流通を他の企業に任せること)をしブランドの価値が低下したことが原因だと俺は思う。
ライセンス契約はブランドの命取りになりかねない。
何故か?ブランドの名前を借りた方はライセンス料を払ってるわけだから、できるだけ儲けたい。だから何にロゴを入れようか?など、名前を使えるだけ使おうとする。その結果大量生産されたタオルやスリッパなどにブランドのロゴをいれて売ってしまったのだ。
当然ブランドの価値は落ちる。

 

目の前の利益に囚われて大切なものを安売りしてしまったら価値を下げることになる。
タオルのように扱われるか、一生もののように扱われるかは全ては自分次第ということですね。

自分の物だと思っていた女性が他の男の物になりかけそうになると男は不安な気持ちになり、自分のプライドを満たすためと、女性を自分のものだと認識するために必ず体を求めてくるようです。

人間は苦労して手に入れたものほど大切にするが、楽に手に入れた物は大切にしない心理が働くんですね。

大切にされたかったら安々と体を許すものでない。
相手にとって都合の良い女になるなということですね。
安売りしちゃうと希少価値を下げることになるわけですね。
とっても重要ポイントです!!

 

婚活名言⑤「自分を愛せ!如何なる時も自分だけには愛を注がないといけない」

ルイ・ヴィトンが愛される訳
何年経っても変わらないことを保証するために価値を下げる要因は徹底的に排除する。それがルイ・ヴィトンだ。
それにルイ・ヴィトンは160年を超える歴史の中で一度もセールをしたことがない。
古いシーズンの服を取っておいても在庫コストがかかるだろ?だから多くのブランドは売れ残ったら値段を下げてくる。でもルイ・ヴィトンは価値を下げないために仮に廃棄をすることになったとしてもセールはしない。
ルイ・ヴィトンならセールで安く売ったとしても相当な利益になるはず。にもかかわらずだ。
自分たちのブランドや商品を愛してるからだ。決して商売の道具だなんて思ってない。自分の命のように愛してるからこそ、損をしても嫌われてもブランドを守ろうとする。俺はそう思う。

 

自分を愛するということは時間を大切にし、自分を磨くことができます。
自分を愛するということは自分の身体を大切にします。

もし体だけの関係を続けていこうとするなら、自分への愛が足りない故、自分を傷つけることになります。

バックやものならいくらでも変わりはありますが、自分の体は両親から授かったこの世にたった一つしかない大切なもの。自分が自分自身に愛を注いでやらないとどうする?

もっと自分を愛しなさいと教えてくれてます。

婚活名言⑥「断捨離」

断捨離
今日から新しい自分に生まれ変わってまた一からやり直せばいい。

会社のデスク周り、自分の部屋にあるいらない物も全部捨てる。

 

断捨離は、今あるものを捨て、モノへの執着から離れるだけでなく、自分にとって「本当に必要なモノ」を改め見つめ直すという意味があります。

新しい自分に生まれ変わりまた一から出直すという戦略ですね。

 

婚活名言⑦「空いてる市場を見つける」「顧客の要望に徹底的に応える」

COACHのマーケティング戦略

かつては高級革製品のみを扱うブランドだった。でも90年代半ばに非情のカジュアル化が進んで厳しい局面に立たされた。そこでCOACHはポジショニングを変えたんだ。

COACHが徹底的に市場調査をした結果、20万だったらラグジュアリーブランドを買う。安物のバッグは持ちたくない。だが5万~8万のバッグを提供していないブランドが存在していないホワイトスペースを発見した!そこでCOACHはアクセシブルラグジュアリー手の届く高級品にポジショニングを変え2000年代にはシグネチャーが大ヒットして一気に幅広い層に愛されるブランドに発展を遂げた。つまりCOACHは勝てる戦場を選んで勝負をしてるんだ。

そしてもう一つ、COACHには他のブランドが決してやらなかった戦略があった。ポケットはここにあった方がいいとか、持ち手の長さはどのくらいが使いやすいかなど顧客の声を聞いて商品に反映させたんだ。既に若い女性から人気があったCOACHがそれをやったのは日本でもメンズのビジネスバッグを売り出すことだったんだ。現状に甘んじず常にマーケットのニーズに応え改革し続けることこそがCOACHの成功の秘訣なんだ。

 

先ず、②「顧客の要望に徹底的に応える」ところから始めます。
今回売り手は女性なので、顧客は「男性」になります。
先ず男性の要望から応えるところから始めます。

それは見かけの第一印象が恋愛にも大きく影響する「服・ファッション」を変える戦略です。

これは最も優先順位の高い改善事項ですね。

婚活名言⑧「男のニーズを知れ」

足、腕、デコルテは必ず出す!
男という生き物は女の肌に自然に目がいくものだ。一回肌を出して街を歩いてみると、男の視線が集まることに気付くはずだ。それに自信がない体を見せることによって羞恥心を感じれば何とかよくしようという気持ちだって湧いてくるので己の欠点を隠すことに成功はない!

 

男に興味がないから男を知ろうとしない。
男を知ろうとしないから男のニーズに応えられないという原理原則が働きます。

男が何を考え、何を求めてるのかを知ると、男のためにファッションを変えることくらい簡単に出来るのではないでしょうか!?

婚活名言⑨「聞くばかりではなくてやってみろ!」

聞くばかりではなくてやってみろ!
①百聞は一見にしかず
②百見は一考にしかず
③百考は一行にしかず
④百行は一果にしかず

①聞くだけじゃなくて実際に見ないと前に進まない。
②見るだけじゃなくて実際に考えないと前に進まない。
③考えるだけじゃなくて行動しないと前に進まない。
④行動するだけじゃなくて結果を残さないと成長しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラン

三毛猫が大好きで料理が得意な主婦のランです。 昔のバブリーなトレンドドラマからドラマ大好きで感情移入しやすい性格でドラマにはまっています。 最近のドラマは、昔のようなトレンドドラマではなく、とても緻密でそして、人間模様もものすごく複雑なので、いつも展開にハラハラさせられながら、楽しく観ています。 昔は、録画し忘れて、見逃したら、大変だったけど、今は、見逃しても動画サイトがあるから、便利な時代になりましたね。それにまとめて一気に観れるというのもちょっとドラマを楽しむ醍醐味でもありますね。 ストーリー展開が面白いドラマが多くて、いつもどれも見ようか迷ってしまうけど、やっぱり、キュンキュンものが個人的には、好きかな。。 まあ、いつまでも乙女の心は忘れちゃいけないしね♪ そんな私が気になるドラマやドラマにまつわることを気ままに書いてみたので読んでみてね♪