【SUITS/スーツ】3話感想「小手伸也の痛快ギャグが面白い!」あらすじネタバレ

SUITSスーツ 「SUITS/スーツ」

 

皆さん、こんにちは!

2018年10月22日(月)よる9時放送「SUITS/スーツ」の3話あらすじネタバレと感想をお届けします。

 

『SUITS/スーツ』の見逃し動画配信はFODがおすすめです。
⇒ 【SUITS/スーツ】動画を無料視聴FOD公式
☆Amazonアカウントでログインまたはアカウントを作成☛初回1ヶ月無料視聴☆
(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はFOD公式HPにてご確認ください。)

 

 

「SUITS/スーツ」3話ネタバレと感想

 

今日の着こなしは…

出勤途上で出会った甲斐(織田裕二)と鈴木大輔(中島裕翔)。

今日の着こなしにスーツは及第点、だが62点だと。

どこが悪いのか?と聞くと自分で考えろ…。

また同じ時間に出勤かと朝から嫌味を言われる大輔。どうもスーツにカジュアルな時計がマッチしてない様子。

 

仕事をもらえない大輔

甲斐は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔に、その必要はないと言う。

では何をしたらいいのか、と聞くと、自分で考えろ!弁護士は個人事業主だ。

この世界はクライアントを持たない弁護士は人として認められないと言い放つ。

甲斐に顧客とは会うなと言われ会議へも出させてもらえない大輔は、パラリーガルの聖澤(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。

聖澤いわく、甲斐は同じ様にして何人ものアソシエイトを辞めさせてきたようだ。

周囲にも大輔が生き残れるか、消えてしまうのか、賭けをされているようである。

大輔が仕事を欲しがっている事を聞きつけた蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。

社長の葬儀を巡って

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカーのKAMIYAを訪れていた。

KAMIYAでは娘の靜佳と取締役の安楽孝志が葬儀を巡ってもめていた。

娘の静佳は父親の意向にそい家族葬にしたいらしい。

マスコミ対応さえ出来れば…と言う安楽。

臨終にも立ち会った古株の工場長岡林も不機嫌な様子で、その内わかるさ、弁護士先生にとっては悪くない話だろうがねと、意味ありげな言葉を残しその場を去っていく。

 

蟹江の陰謀

その頃、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパークリング相手を務めていた。

そこに世界的なゲームメーカーBPMのCEO兼チーフクリエーターの藤ヶ谷樹がやってくる。
蟹江は、藤ヶ谷が最近顧問弁護士ともめて辞めさせた。

その代わりに自分を売り込んでほしい。

ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だったであろう大輔に間を取り持ってもらおう、ということだった。

上手くいけば大輔に実務も任せるという蟹江。

自分の事がばれないか?困惑する大輔。

しかし、ハーバード入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷も授業どころではなかったらしい。

ほっとする大輔に対して、蟹江のようなキモイ奴にリーガル面を任せられない。

だから売り込みは諦めた方がいいと言う藤ヶ谷。

だが藤ヶ谷が着けていた「KAMIYA」の時計をきっかけに、BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、彼と意気投合する。

その二人の姿を目にして、よし!と意気込む蟹江。

 

暗躍する取締役の安楽

甲斐は、社長が亡くなってまだ数日しか経ってないのに、取締役の安楽達が東南アジアに土地をさがしている。

どうも亡くなる前から国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと動いていたらしいと娘の静佳の話から知る。

 

甲斐から告げられたミッション

事務所に戻り仕事を探していたと言う大輔に甲斐は、KAMIYAの多量の資料を全て頭に叩き込むという仕事を言い渡す。

何故この仕事を?と問う大輔に、甲斐は、新社長を会社から追い出すのが目的とのこと。
社長が亡くなった場合、次期社長は取締役会で任命されるがまだ取締役会は開かれていない。

来週の取締役会で安楽が新社長に任命される前に、他の社長候補をさがし出すとのことであった。

 

昼間から酒をあびる大輔

事務所を掃除中の大輔に藤ヶ谷からの電話が入り、クラブに呼び出される。

クラブに入ると大画面ではゲームが実況され、たくさんの若者がグラス片手に盛り上がっていた。

大輔も勧められるまま昼間からグラスを手にする。

酔いのまわった状態で出勤する大輔。

エスカレーターで所長の幸村から突然、うちでの仕事はどう?と問いかけられ慌てる大輔。

また甲斐先生との仕事はどう?と聞く幸村に最高です!とハイテンション答える大輔であった。

 

難航する社長候補者選び

中々社長候補がみつからないことに対して、甲斐は安楽に直接会いに行き、工場の移転延期をのませるしか方法はなさそうと決意する。

甲斐はある料亭へ出向き安楽に会いにいく。

するとそこでは何故か安楽と蟹江が会食中。

蟹江は、安楽社長はインドネシアで新工場の土地購入を進めていて、自分が代理人として交渉に当たることになったと言う。

どうして顧問の自分を通さずに進めているのか、という甲斐に対し、新工場移転を邪魔しようとする人に相談なんか出来ないと言う安楽。

まだ取締役会で社長として承認されてない貴方に移転を進める権限はない!

勝手に時計の針を進めるな!と言い放つ甲斐。

幼なじみ砂理からの追及に

大輔は、谷元遊星の妹 砂理(今田美桜)から呼び出しをうけ、弁護士のことを追及される。

砂理から追及された大輔は経歴詐称して弁護士事務所で働いていることを打ち明ける。

砂理からそんなことで大丈夫なのか、その上司を本当に信じていいのか、また高校の時の二の舞にならないかと攻められるが…。やるしかない!そうつぶやくのであった。

そこにKAMIYAの持ち株比率を確認しておけ、という甲斐からのメッセージ。

 

甲斐の幸村への宣告

一方幸村の事務所では、甲斐はなぜ蟹江が代理人として動いているのか?と幸村を追及していた。

安楽から海外実績のある弁護士を紹介して欲しいと言われ蟹江を紹介した。

がしかし問題のあるのは甲斐あなたの方。弁護士が社長のすげ替えを画策することは越権行為以外の何ものでもない。

あなたがやってる行為はクーデターだと注意をされる。

それに対して、逆に安楽の目論みの方がクーデターではないか。

法的には安楽はまだ社長ではない、それまでは先代の社長を優先する。

邪魔する人間がいれば、例え同じファームの人間だとしても潰す!そう宣言するのであった。

 

甲斐の作戦とは

KAMIYAの持ち株比率は?と甲斐。

筆頭株主は亡くなった社長であったが、今は娘の静佳が全て相続している。

三分の一以上もっている者はいないことを確認した甲斐は、娘の静佳に臨時の取締役を開いてもらうようにする。

そこで取締役を後2名増員することを承認してもらう。

KAMIYAの取締役は安楽を含め5名。そのうち2名は安楽が連れてきたYesマン。

残る2名は創業時からのメンバーで先代への忠誠心が高く、安楽の一党独裁を快く思っていないはず。

ここに反対派を2名増員して安楽の社長就任を阻止すると甲斐は大輔に伝える。

新社長は新たに招聘する人ではなく、古株の工場長の岡林に頼むしかないと考えるのであった。

岡林への説得

その後、甲斐は岡林の元へ。

次期社長になってくれと頼む甲斐。

自分は社長の器ではない。しかも、会社も辞めてもいいと一蹴する岡林。

しかし甲斐は、だめだ貴方は社長になって会社を守れ!。

経営がわからないなら俺が教える。貴方は社長室で孫の写真でも見てればいい、と岡林を説得するのであった。

甲斐からの指示により、社長に立候補する人のスピーチ用の原稿を作成する大輔。

このような作業は大変苦手な様子。そこに弁論部出身の聖澤が現れ、彼女に手伝ってもらう。

大輔が作成したスピーチの原稿を岡林に覚えさせる甲斐と大輔。

無理だ、覚えられない。中卒の自分は社長の器じゃない、とごねる岡林に甲斐は、覚えるまでは絶対家に帰すなと大輔に命じ部屋を出て行くのであった。

岡林さんが怒るのはもっともです、とスピーチの原稿を破る大輔。

少し気分が和らいだ岡林に大輔は尋ねる。

確か岡林さんはムーブメント製作の担当でしたか?と。

すると岡林は、ムーブメント製作の難しさを語り始める。

それに対し大輔は、そういう話をスピーチにすればいいんじゃないですか?

KAMIYAの売りの技術の高さや難しさを素直に主張すればいい。

それができるのは岡林さんしかいないと説得する。

その言葉に心を動かされた岡林は自らスピーチ原稿を書き始めた。

臨時株主総会では

臨時株主総会当日。

新たな取締役2名が増員されることが提案され2名が紹介される。

うち1名は岡林だ。その提案も賛成多数で承認された。週明けの取締役会に向けてスピーチの練習を重ねる岡林。

取締役会当日

そして取締役会当日、この日も同行をさせて貰えなかった大輔。

腐りながら窓拭きでもしましょうか、と言う大輔に秘書の玉井(中村アン)は、なんか頑張り方が間違ってる気がする。

誰も先生に掃除を命令する権利はない。

何をするか決めるのは鈴木先生です、と。

その言葉に背中を押された大輔は事務所を飛び出しKAMIYAへ向かう。

甲斐に追いついた大輔が、僕も取締役会に参加させて下さいと申し出ると、しないつもりだったのか、と甲斐は微笑むのであった。

会議室に入る甲斐たち。

そこで予期せぬ出来事が待ち受ける。

たった今、安楽さんの社長就任が承認されたよ。となんと蟹江から伝えられる。

実は安楽たちはクーデターを仕掛けられる前に臨時の取締役会を開き、そこで安楽の社長就任を可決していたのであった。

安楽は、顧問の甲斐ををクビにし、その代わりを蟹江に努めてもらうことを伝える。

また岡林ともう一人にもクーデターを起こそうと目論んだ代償として会社の退職金は期待しないほうがいい、と解雇を言い渡す。

甲斐を責める岡林、しかし甲斐はうなだれるしかなかった。

いわゆるクーデターは失敗に終わったのであった。

このことは全て部下の越権行為を未然に防ぐために所長弁護士の幸村が仕組んだことであったのだ。

甲斐の応戦

実はKAMIYAに安楽を招きいれたのは甲斐であったのだ。

品質ばかり追求して品質重視で売れ行きの方が芳しくなく、そんな状況を変えるべく安楽を招聘したのだ。

しかし、亡くなった社長と交わした会社の根幹であるマニファクチュールだけは絶対に守るという約束。

だが安楽はその約束を社長が亡くなった途端に反故にした。

だから安楽は許せない。その約束だけは守りたいと大輔に話すのであった。

取締役会に甲斐たちは乗り込む。

KAMIYAの筆頭株主である娘の静佳の代理人として報告すべきことがあり来たのだ。

BPMとういう会社が買収を希望していて、それに対し娘の静佳は応じるつもりだというものだ。

またその会社の社長藤ヶ谷はマニファクチュールを継続できる人材を次期社長にしたいと考えていて、岡林を社長にと希望しているという。

それに対し反論する安楽に、約束を破ったのはどっちだ、先代の社長が作り上げた大事なものまで勝手に刷新されて、遺族も社員もたまったものじゃない、と声を荒げる甲斐。

突然のことに困惑する周囲に、今後KAMIYAをどのようにしていきたいのかを岡林に決意表明させる。

それを受け決意表明のスピーチをする岡林。岡林の社長就任が可決され取締役会も無事終了する。

 

蟹江の異常さとは

幸村・上杉法律事務所では、BPM社長の藤ヶ谷が顧問契約を蟹江ではなく甲斐と大輔にお願いしたいと幸村の元を訪れていた。

どうして蟹江ではいけないのでしょうか、と尋ねる幸村に藤ヶ谷は本当の理由を言っていいものか戸惑いながら、ジムでスパーリングをした際に蟹江が自分の耳の中に舌を入れてきたと言う。

思わず幸村はゾッとし、耳を押さえてしまうのであった。

大輔を巡る女性たち

また大輔が事務所にやって来た聖澤に、スピーチの原稿の手助けをしてくれたお礼がしたいと食事に誘うが、同じファームの人とはその様なことはしないと断られてしまう。

しかし断ったものの聖澤はまんざらでもなく、大輔のことがどうも気になる様子。

砂理が会社にやって来て、ちょうど帰ろうとしていた聖澤に、そこの弁護士事務所に鈴木大輔という人は働いているかと尋ねる。

 

幸村と一人の男性

あるバーに入る甲斐。そこで幸村がある男性と一緒にいるところを目にする。

注文を取りにきたバーテンダーに、今日は帰るよと言い甲斐は席を立ち店をあとにする。

その男性の顔に覚えのあるような甲斐…。

「SUITS/スーツ」3話 感想

 

最初の頃は織田裕二も弁護士甲斐になりきれてない感じで、演技が少しオーバーで違和感を感じていたけど、今回はしっくり馴染んできたように思う。元々好きな俳優さんであったがやっぱりこの役を通してカッコ良さを改めて感じてる今日この頃です。
これからもより素敵な織田裕二を期待してます。

 

蟹江、やっぱりこの人キモイ人だったんだ。最初から少し性格異常者の部分が垣間見れてたけど。今後もっと異常な部分がすっぱ抜かれていくのかな。ライバル視してる甲斐にこてんぱにやられるのが痛快で何時もスッとします。今回の、蟹江はカニでも食ってろ、て部分面白い!めっちゃ笑いました。弁護士を題材とした結構むずかしい内容に痛快なギャグが入ってると何かホッとしますね。

 

徐々に近づいてきた聖澤と砂理。大輔を巡る三角関係へとこのまま発展していくのでしょうか。三人の行方、今後が楽しみ。

 

最後の場面でバーで幸村と男性を目撃する甲斐。声もかけず、お酒も飲まずそのまま店を出て行ったのはどんな思いだったのかな。まだまさかとは思うけど、二人の姿を見て心穏やかではなかったのかな?もしかして。この場面が今後にどう発展していくのか、どう関係していくのか楽しみにしてます。

 

毎回感じますが、鈴木保奈美、中村アン、新木優子の三人の服装がほんとオシャレですね。年代は違えども全て着てみたいなぁと思います。次回も楽しみにしてます。

まとめ

2018年10月22日放送、「SUITS/スーツ」第3話のネタバレと感想を紹介しました。

 

「SUITS/スーツ」見逃し動画配信おすすめはこちら♪
FOD公式サイト

(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はFOD公式HPにてご確認ください。)

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!