「SUITS/スーツ」見逃し無料 8話動画 大輔(中島裕翔)があの子と衝撃のキス!

SUITSスーツ 「SUITS/スーツ」

フジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ』はいよいよクライマックスに突入しました。

8話は大輔(中島裕翔さん)と砂里(今田美桜さん)と真琴(新木優子)の三角関係がこじれてしまうのでしょうか?!

中島さんファンの方はちょっと嫉妬しちゃうかも(>0<)

こちらでは、2018年11月26日(月)よる9時00分放送、フジテレビ連続ドラマ「SUITS/スーツ」8話の見逃し動画を無料視聴する方法と8話あらすじ、7話ネタバレと感想をまとめています。

 今すぐ【SUITS/スーツル】の8話見逃し無料動画を見るFOD
☆Amazonアカウントでログインアカウントを作成☛初回1ヶ月無料視聴☆

 

「SUITS/スーツ」1話 感想とネタバレ!中島裕翔演技上手いと好評価!はこちら
「SUITS/スーツ」1話 感想とネタバレ!中島裕翔演技上手いと好評価!

「SUITS/スーツ」 見逃し配信 2話あらすじネタバレと感想「裕翔のスーツ姿カッコいい!」
●>「SUITS/スーツ」 見逃し配信 2話あらすじネタバレと感想「裕翔のスーツ姿カッコいい!」

【SUITS/スーツ】3話感想「小手伸也の痛快ギャグが面白い!」あらすじネタバレ
【SUITS/スーツ】3話感想「小手伸也の痛快ギャグが面白い!」あらすじネタバレ

「SUITS/スーツ」7話見逃し無料動画の視聴方法

「SUITS/スーツ」の見逃したドラマ無料動画はFODにて配信。

FODでは新規登録に限り、有料コースを1ヶ月間無料お試し視聴キャンペーン中です。

このサービスを使うことで見逃がした「SUITS/スーツ」の第1話~最新話までの動画を一気に視聴することも可能です。

FOD

FODプレミアム会員登録時の注意点

FODプレミアムコースに登録する際は、

「Amazonアカウント」で新規登録します。

ドラマ「SUITS/スーツ」の見逃した動画は

初回1ヶ月間無料視聴キャンペーンを利用して、無料で見ることができます。

このお試し期間中に、他にもたくさんのドラマやコミック、雑誌などを見ることができます。

サービスをもう使わない場合は無料期間中に、いつでも解約できるので安心です。

但し、一度解約して再登録する場合は、「1ヶ月間無料おためし視聴」は使えませんので注意してくださいね。

⇒ >>【FOD公式】1ヶ月間無料おためし視聴<<

FODで配信中のドラマ

FODでは他に以下のドラマが無料視聴できます。

・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
・東野圭吾スペシャル
・ポルノグラファー
・グッド・ドクター
・限界団地
・覚悟はいいかそこの女子
・パフェちっく
・不倫食堂
・彼氏をローンで買いました
・コードブルー(シーズン1・2・3)
・コンフィデンスマンJP
・空飛ぶタイヤ
・Love or Not
・Love or Not2(2018年10月配信予定)

※上記は2018年10月時点の情報ですので、最新の情報は公式サイトでご確認ください。

「SUITS/スーツ」8話 あらすじと予告動画

「SUITS/スーツ」8話 予告動画

【公式】フジテレビ月9ドラマ SUITS/スーツ 8話 60秒予告

「SUITS/スーツ」8話 あらすじ

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)、真琴(新木優子)らとともに、大手建設会社『烏丸建設』を相手取った集団訴訟に取り組む。

この案件は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた、原告団総勢462人の大きな訴訟だ。

だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却していた。

 

 

甲斐たちは、さっそく原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。

そこで、一審を担当した原告団の弁護士が、裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれ、ついには廃業にまで追い込まれていたことを知る甲斐たち。

それには、烏丸建設の顧問弁護士――甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)が関わっているという噂もあるらしい。

甲斐は、美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔たちに指示した。

 

 

一方、大輔とともに甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は、膨大な情報を読み込んでいく大輔の姿に圧倒されつつも、真琴に向かってある疑念を口にする。

健斗は、以前、大輔が「ダイキ」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折、甲斐のもとに、突然、美智瑠が現れる。

美智瑠は、甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた。

何者かから送られてきたのだという。

それを受け、チカ(鈴木保奈美)は、蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じるが……。

引用元:「SUITS」公式HP

「SUITS/スーツ」7話ネタバレと感想

「桜庭リゾート&ホテル」と「KJO」グループの合併

甲斐(織田裕二)は、クライアントの「桜庭リゾート&ホテル」社長である桜庭庸司(高橋洋)に呼び出され、会いに行く。

桜庭は、この10年の間に国内に13個ものホテルを造り上げ、そのうちの4カ所は五つ星の評価を獲得することがすでに決まっていた。

業界ではトップだと言う甲斐に、目標とする所はそこじゃない、と話す桜庭。

そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ「KJO」社長のジーン・クライン(クリスバテン)から合併話を持ち掛けられたという。

最高のタイミングで最高のチャンスが舞い込んできた。

合併すれば世界50か国にホテルを持つオーナーになる、と手放しで喜ぶ桜庭に、海外進出には賛同するが大手との合併が果たしてベストかどうか疑問だと、言葉を返す甲斐。

それは桜庭が今まで作った独創性やブランド価値まで無くなってしまう可能性があるからだ。

しかし桜庭の心は既に合併することで決まっており、甲斐には応援してほしいと伝えるのであった。

聖澤真琴の悩みに大輔は

外出しようとした大輔(中島裕翔)は、一人で憂鬱そうな顔をしてコーヒーを飲んでいる聖澤真琴(新木優子)を見つける。

話を聞くと、真琴は諦めずに弁護士を目指しているが司法試験に合格できず悩んでいた。

受験恐怖症になっていると言う。

いざ試験になるとプレッシャーからパニックになって実力を発揮することができないらしい。

そんな真琴に、試験は得意と言う大輔は協力を申し出る。

二人は早速試験対策に取り組み始める。

そんな中で真琴は、父親が弁護士で将来的には自分も弁護士になって父親のファームで働きたいと思ってたのに、未だパラリーガルのまま。それがプレッシャーになっていると言う。

父親は代表の幸村と甲斐を足して蟹江で割った感じだという真琴。それを聞いて思わず吹き出してしまう大輔だった。

蟹江の野心

また蟹江はその頃、大学時代からの知り合いの弁護士・木次谷公一(橋本さとし)と会っていた。

木次谷は、好条件で引き抜かれファームを移ったらしい。

木次谷からのチャレンジしてみたら という言葉に心を動かされる蟹江。

「KJO」グループの代理人弁護士とは

その夜、甲斐と秘書の玉井(中村アン)は桜庭から食事を招待されていた。

そこで紹介されたのは、大手ファーム「弁護士法人セイント」に移籍した木次谷公一だった。

木次谷が「KJO」の代理人弁護士だったのだ。

大輔が替え玉した相手が目の前に

同じころ「幸村・上杉法律事務所」では新人弁護士の採用面接が行われていた。

幸村に用事ができた為、蟹江が一人で面接を行っていた。

そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子[石橋靜河)の姿を見つけて驚く。

実は大輔は、2年前の司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。

大輔からその事を打ち明けられた甲斐は、本人が自分から替え玉受験のことを話すわけがないから大丈夫だ、と大輔に言うのだが…。

実は町田日向子とは、二人で高校から弁護士を目指してきた真琴の大親友だったのだ。

 

「KJO」グループとの一回目の合併交渉

事務所に戻った甲斐は、「KJO」の経営状況を公開情報だけでなく、不動産とブランドの知的財産および非公開のクレームも全て調べるように大輔に命じる。

甲斐に命じられ「KJO」グループの経営状況を調べていた大輔は、グループのタイにあるホテルが一時的に営業が止まっていた事実が発覚した。

そのことを報告すると、甲斐は関係者を探して詳しい情報を集めるようにと大輔に指示するのであった。

合併交渉の為に「セイント」を訪れる甲斐と大輔。

木次谷の息子の替え玉受験をした自分が交渉の場にいるのはマズイのでは、と心配する大輔に、大輔が居ることの方が精神的優位に立って話を進めやすいと甲斐は言う。

いざ交渉の場になると、そこに姿を現したのは社長のジーン・クラインと真琴の父親である「セイント」代表の聖澤敬一郎(竹中直人)であった。

木次谷は東京での連絡係であり、「KJO]グループの世界戦略は自分聖澤が代理人を勤めると言うのであった。

聖澤から提示された書類に目を通した甲斐は、そのファイルを突き返す。

それは従業員の雇用の保証もなく、桜庭リゾートの名前すら残らない、しかもこんな合併比率ではそれは合併ではなく乗っ取りだ!対等な合併でない限り、こんな条件はのめない、と話し合いは決裂するのであった。

事務所に戻り幸村に報告する甲斐。桜庭から幸村に、交渉決裂を知ったが、多少不利な契約条件でも合併を進めるように甲斐を説得してほしいという内容の電話があったらしい。

甲斐はクライアントの意思を尊重するために、あんな上から目線の条件をのまなくちゃいけないのか、と反論する。

なぜか、今回は甲斐の意見に乗ろうかな、と幸村は言うのであった。

相手が聖澤だから?と言う甲斐に、何か試されてる気がすると話す幸村。

誰が弁護士でも抵抗するような合併条件を出してきて、上杉が抜けた後のこのファームの力を試されてる気がするという幸村。

ここで意地を見せた方がいいと甲斐に告げるのであった。

幸村と聖澤に一体なにが

同じく事務所に戻った大輔は、玉井に甲斐と聖澤敬一郎の間に何かあったのか?と尋ねる。

甲斐とではなく代表の幸村との間のことかな、という玉井。

「幸村・上杉法律事務所」と事務所名にある上杉は代表の幸村が追放したのだと言う。

その上杉と聖澤は大学の同期で無二の親友である為に、上杉が追放されたことを聖澤は気に入らないのであろうというのが玉井の話であった。

 

親友町田日向子の告白

その夜、真琴と町田日向子は食事をしていた。

弁護士への面接に立て続けに不合格になり落ち込む日向子。

仲間内で最初に司法試験に合格をしたのに、弁護士になる資格なんて無いと言う日向子に対して、それ嫌み?と言う真琴。

そんな真琴に日向子は真実を話すのであった。

翌日、大輔の携帯に日向子から連絡が入る。

自分の親友に替え玉受験のことを話したら、自分も頼んでみたいとの連絡であった。

その話を聞き大輔は瞬時に真琴のことだと気付き、そして頭を抱えるのであった。

 

「KJO」グループの隠蔽

真琴のことをどうすべきか悩んでいた大輔の元にタイよりメールが入る。

「KJO」グループのタイにあるホテルでストライキがあった事実が判明する。

その原因はアジア地区の12のホテルを統括するマネジャーによる横領事件であった。

その事実を「KJO」グループは隠蔽していたのであった。そのことを桜庭に報告する甲斐と大輔。

これでウィンウィン以上の関係に持ち込めるかも知れないと強気になる甲斐であった。

 

新たな交渉条件

偶然を装って幸村に直接しかけてくる聖澤。

横領事件の調査をしていることに気付き、焦って合意に持ち込もうと譲歩をにおわせてきたのでは?と言うのが幸村と甲斐の読みであった。

後日、甲斐はこっちの交渉条件を提示するため「セイント」を訪れる。

全てのホテルに桜庭の名を併記するとか、こんな条件は有りえないと言う聖澤と木次谷。

それに対し、社長の桜庭が自ら横領事件の火消し役を買ってでることを甲斐は伝える。

最初から今回の合併をすることで横領事件を隠そうとしたのではないか?と言う甲斐に、渋々前向きに検討することを伝える聖澤。

そして、お互いの資産情報が入ったUSBを交換するのであった。

大輔の真琴への助言

真琴は日名子の紹介で替え玉受験をしてくれる相手と会う約束をする。

その人と待合せをしていると、そこに偶然を装った大輔が現れる。

父親のことを気にし過ぎてるから、もっと自分を信じたほうがいい!

今必要なのは自分を信じることだ!と言う言葉を残し、その場を去るのであった。

窮地に立たされた甲斐が仕掛ける

「KJO」グループがダミー会社を幾つも使い、「桜庭リゾート&ホテル」の株を買い漁っていたことが判明し、敵対的買収をされた事を幸村に報告する甲斐と大輔。

最初から合併に見せかけた買収をすることが狙いだったことが分かり、何とかできる?と声を荒げる幸村。

それに対し、方法がないことはない、と伝え事務所に戻り、合併を有利に進めるためにと、ある事を桜庭に電話で依頼する。

その後、甲斐と大輔は聖澤と「KJO」社長のジーン・クラインが泊まっているホテルへ向かう。

そこで甲斐は、「KJO」グループが買い漁ってる「桜庭リゾート&ホテル」の資産価値がまもなく半分以下になることを告げる。

東京・京都・金沢・沖縄の4ホテルを「KJO」グループのライバルである「モリーザホテル」に売却するという。

だまし討ちで乗っ取られるくらいなら自らの手で売り払った方がよいという桜庭社長の合意も得ているという。

それに対し、もう一度交渉させて欲しいと聖澤は頭を下げるのであった。

真琴にばれる大輔の替え玉受験

真琴にランチを誘われる大輔。

前に道で誰かと待合せをしていた時のことを話し出す真琴。

替え玉が大輔ではないか?と疑う真琴に大輔は惚けるのだが…。

そこに日向子が現れる。

大輔と顔を合わすと大輔の名前を呼ぶ日向子。

それがきっかけで真琴に全てバレてしまう。

店を出ていく真琴を大輔は追いかけるが、大輔に掴まれた腕を振り払い、真琴は去って行ってしまう。

その後ろ姿をただ茫然と見送るしかない大輔。

勝利の美酒

その夜、幸村と甲斐は今回の勝利にシャンパンで乾杯していた。

以前、今とは逆に上杉に自分が追い出されていたらこのファームはどうなっていたか、と話す幸村に、もしそうだったら自分は移籍していたと話す甲斐。

思わず幸村は、ありがとう、と答えるのであった。

UITS/スーツ」7話 感想

 

ドラマの内容とは関係ないですが、織田裕二は元々素敵だけど、回を重ねる毎にカッコ良さが増してきてる。かっこいいだけでなく、今回は人の物まねをやったりしてひょうきんな部分がまた可愛い!この人は本当にスーツがよく似合うな。スーツに合わすネクタイの柄とか、世の男性は参考になるのではないですか。

 

大輔はバカだなあ。過去にやった替え玉受験の相手からの電話を受け取れるてことは電話を変えてない!てこと。鈴木大貴から大輔に変わったのなら、電話番号はもちろん電話も変えるのが普通だと思うけど。今回、真琴にばれてしまったことで、このまま鈴木大輔として弁護士をやり続けていけるのかなあ。


大輔(中島裕翔さん)と砂里(今田美桜さん)と真琴(新木優子)の三角関係も気になるんですけどね。

まとめ

2018年11月26日(月)よる9時放送、フジテレビ月9ドラマ「SUITS/スーツ」8話見逃し動画の無料視聴方法と8話あらすじ、7話ネタバレと感想を紹介してきました。

 

「SUITS/スーツ」見逃し動画を無料で視聴するならFODがおすすめです。

⇒ 今すぐ【SUITS/スーツ】8話見逃し無料動画を見るFOD
☆Amazonアカウントでログインアカウントを作成☛初回1ヶ月無料視聴☆

 

「SUITS/スーツ」1話 感想とネタバレ!中島裕翔演技上手いと好評価!はこちら
「SUITS/スーツ」1話 感想とネタバレ!中島裕翔演技上手いと好評価!

「SUITS/スーツ」 見逃し配信 2話あらすじネタバレと感想「裕翔のスーツ姿カッコいい!」
「SUITS/スーツ」 見逃し配信 2話あらすじネタバレと感想「裕翔のスーツ姿カッコいい!」

【SUITS/スーツ】3話感想「小手伸也の痛快ギャグが面白い!」あらすじネタバレ
【SUITS/スーツ】3話感想「小手伸也の痛快ギャグが面白い!」あらすじネタバレ

コメント

error:Content is protected !!