【黄昏流星群】見逃し配信 2話感想とあらすじネタバレ

黄昏流星群 黄昏流星群

⇒ 【黄昏流星群】動画を無料視聴FOD

 

皆さん、こんにちは!

2018年10月18日(木)よる10時~放送「黄昏流星群」2話あらすじネタバレと感想をお届けします。

『黄昏流星群』の見逃し動画配信はFODがおすすめです。
⇒ 【黄昏流星群】動画を無料視聴FOD公式
☆Amazonアカウントでログインまたはアカウントを作成☛初回1ヶ月無料視聴☆
(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はFOD公式HPにてご確認ください。)

【黄昏流星群】見逃し配信 2話 あらすじネタバレ

スイスで出会った女性、目黒 栞(黒木 瞳)のことが忘れられずにいた瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、出向先の荻野倉庫の食堂で働く栞との偶然の再会に驚く。

栞は完治と目が会った途端逃げ出すが、やっと見つけた完治は栞を引き止め、思わず「会いたかったです」と言ってしまう。

「お茶でもいかかですか?」

既婚者の完治の言動に戸惑う栞だったが、あの時スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったのでお渡ししたいと言われ、母が入居している介護施設の住所を書いたメモを渡す。

完治は銀行の名刺を渡す。


一方、真璃子(中山美穂)は完治の浮気疑惑への不信感を抑えられずにいた。

そんなある日、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)は、美咲と完治に会う約束で自宅を訪れる。

その時真璃子は庭の手入れ中に怪我をした指の手当を春樹にしてもらった。

春樹は娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝にときめいてしまう自分に呆れてしまう真璃子。

完治は美咲と約束をしていたが、仕事で帰宅できなく、春輝はまた出直すことに。

美咲は仕事仕事ばかり言ってる完治に苛立ち、完治と美咲の中に溝が生まれ始める。

完治は家に帰ってきてから、真璃子に「どんなやつだった?どこで知り合ったんだ? 」と聞く。

真璃子が合コンみたいよと言うと、合コン!?とビックリし、大丈夫か?結婚は人生の最大の取引なんだよと。


栞の母は認知症で特別養護老人ホームにいる。

栞が母を見舞いに行った時、完治から傘が届いていた。

赤い傘を広げ太陽にかざすと 母はキレイ、キレイと喜んでいた 。


完治は正式に荻野倉庫への出向内示を受けて日が経つというのに、真璃子と美咲には言えてないことが心にひっかかっている。

私物の整理していた完治に栞から電話が入る。

栞が直接お会いして傘のお礼を申し上げたいと言われ完治は大喜び。

嬉しそうに電話する完治を、部下の篠田薫(本仮屋ユイカ)が恨めしそうに見る。


自宅で美咲は母の真璃子に春樹のことはどう思ったかと聞いている。

真璃子は優しい人でいいじゃないと返事する。

美咲は春樹のことは大好きではない、結婚するには好きぐらいでいいじゃないかと言う。
そして母のことを心配する美咲は、お母さんはお父さんのこと許してるの?それとももう諦めてるの?と。


ある日、完治の同期の須藤武司のレセプションパーティーの当日、完治は真璃子から一緒にお祝いに行かないかと誘われるが、今晩話したいことがあると言って最後の銀行への勤めに出かける。

会社では最後の挨拶をする。

ここにはいつもの日常がある俺がいなくても何も変わらないと心の中でつぶやく。

自宅に完治の箱詰めにした私物が届く。

箱の底が抜け中身が下に落ちる。

その中にあった、お世話になりましたとメッセージと小さなプレゼントを見た真璃子は動揺する。


ある日の夜完治はしおりと一緒に居酒屋に来る。

完治は銀行辞めてきました。 明日は倉庫の社員です

栞も嘘をついてましたと、私はドイツ語はガイドブックを選んだだけ 再婚はしてません。

親の介護で30年

思わず旅に出ようと思ってスイスに行っちゃいましたと。

真璃子はこれだけ見るんだとプレゼントの箱を開ける。

ネクタイピンだった。

完治と栞は夕日を見ている。

栞は「綺麗な夕日、最近よく立ち止まって夕日を見てしまう。 いつもじゃなくて時々でいいから」

完治は、栞の想いを知り「はい 、それ、僕がいつもじゃなくていいから」と。


真璃子は一人で須藤武司のレセプションパーティー会場へ向かう。

須藤とも挨拶を交わし、少し時間が経ってから完治がやって来る。

完治はちょっといいか。 聞いてほしいことがあると真璃子と一緒に席を外す。

完治が出向になった話をする前に、真璃子はお世話になりましたってどういうことかと聞く。

なんでもないと答える完治にスイスにもその女と行ってたんじゃなかったの?と問い詰める。

真璃子は友人の水原聡美(八木亜希子)の家に泊めてもらうことに。

聡美からは、男の80%は浮気するもの、亭主は財布だと思って、こっちはこっちで好きなことすればいいのよと言われる。


完治は荻野倉庫に初出勤の日。

役職は財務総務部長。

完治は初めての会社では社員から冷たく当たられる。

食堂には栞の姿が見えない、今日はお母さんの具合が悪いので休んでるらしい。


完治は家に携帯を置いてきてしまう。

見つけた真璃子は完治が働いている銀行に持っていく。

篠田薫が対応し瀧沢支店長は荻野倉庫に出向になりましたと告げられる。

真璃子は突然のことでビックリする。

完治は栞に会えた。

【黄昏流星群】見逃し配信 2話 感想

 

真璃子が娘・美咲の彼氏・春樹に傷の手当てをしてもらったというだけで、どうしてときめいてしまうのかなって不思議な感じがしました。わぁーいい感じの男の子だなというのならわかるんですが、ましてや娘の結婚相手に??真璃子はよっぽど飢えてるのかなと思ってしまいます。それと春樹が真璃子をじっと見つめる行為はないない、あり得ないですね。今後真璃子と春樹がどんな関係になっていくのか見どころですが、もし2人がそういう関係になっていくんだったら、真璃子の欲求不満と春樹の美咲への想いが薄いとしか言いようがない。真璃子さん女の価値を下げてしまいます。

 

完治が長年勤め上げた銀行を辞め出向することを、妻の真璃子になかなか言うことができないのは、きっとエリートで生きてきた人間のプライドからだと思います。長い年月をかけてそういう自分を作り上げてきたんでしょうね。そこの部分が生き方下手だなと思います。もっと自分に素直になれたらどんなに楽に生きれるか、完治はわかってないんでしょうね。家族内での単なるコミュニケーション不足だけのようにも思いますが、もっと問題は深刻かなと。だからと言って本能のまま妻以外の女性にときめいてしまうというのも本末転倒かなと。それは表面で完治は自分をごまかしてるだけ、根本的な解決にならない。この「黄昏流星群」がただの不倫ドラマにならないように、それぞれの登場人物の個としての生き方や生き様を見せてほしいなと思います。真璃子も夫や娘に依存し過ぎ、暇だからいろいろ考えてしまうんですよ。まあエリートの奥様なら仕方ないのかな?でも女性としてこういうの幸せだと思わない。

 

まとめ

「黄昏流星群」見逃した2話のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

見逃し動画配信おすすめはこちら♪
FOD公式サイト

(※ご案内している内容は2018年10月時点での情報ですので、最新情報はFOD公式HPにてご確認ください。)

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!