「私のおじさん」城田優は女性なら誰とでもキスできるっ!?

2019年1月11日に、岡田結実主演ドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』の第一話が始まりました。

妖精役の遠藤憲一さん、一生懸命な新人AD役の岡田結実ちゃん、ドSキャラのプロデューサー役・城田優さんがメインで出演してます。

するとドラマが始まってめちゃくちゃ楽しく見ていると、最後の最後でまさかの城田優の手慣れた濃厚キスシーン!!

これは地でやってるのか?

今回はあまりにキスに慣れているイメージが強いので、城田優さんは女性なら誰とでもキスができる役どころなのか調べてみました。

『私のおじさん〜WATAOJI〜』1話 あらすじ

恋に破れ、働き口も無くし、人生崖っぷちの一ノ瀬ひかり(岡田結実)が就職したのは、制作会社『テレドリーム』。

超過酷ロケで有名なバラエティ番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりは、裸足に革靴の適当プロデューサー・泉雅也(田辺誠一)の雑な指示で、さっそくロケ現場へ。

 

しかしそこには、理不尽すぎるデブチーフADの出渕輝彦(小手伸也)、働き方改革を盾にするイマドキADの九条隼人(戸塚純貴)、通称ババアのお局APの馬場桃花(青木さやか)、そしてやり手だが“超クソ男”の番組ディレクター・千葉迅(城田優)といった、ヤバすぎる面々と出逢いがあった…。

 

無理難題ばかり押し付けられ、一生懸命頑張っても怒られるばかり。

「もう辞めてやる!」とトイレの個室に泣きながら駆け込むと、「おじさんが慰めてあげようか?」という声が。

おそるおそる振り向くと、便器に座って微笑むおじさん(遠藤憲一)の姿が…。

え、変態!?ストーカー!?と絶叫するひかりに、おじさんは自らを「妖精」と名乗り…?

 

その日から、ひかりにしか見えないらしき“妖精おじさん”は、会社でもプライベートでも四六時中そばにぴったりと張り付き、何かにつけて横から愚痴や文句を挟んでくるようになる。

そして、言いたいことも言えず、何事も笑ってやり過ごすひかりに「嬉しくないのに、なんで笑ってるの?ムカついたんじゃないの?」と言い放ち…?

 

我慢ばかりで疲れ切ったすべての日本人に送る―

忖度0の痛快社会派コメディ、ここに開幕!

(引用元:『私のおじさん〜WATAOJI〜』

城田優のプロフィールや経歴

 

View this post on Instagram

 

城田優 Yu Shirotaさん(@yu_shirota)がシェアした投稿


千葉迅(ちば・じん)を演じる城田優さんのプロフィール。
生年月日は 1985年12月26日、現在33歳、俳優、タレント、歌手、シンガーソングライター。

東京都出身。身長190cm、血液型はO型。

事務所はワタナベエンターテインメント所属。

13歳から芸能事務所に所属し、デビューに向けレッスンに集中するが、人並み以上の高身長と西洋風の顔立ちの為、役柄が限定されることでオーディションにも100回以上落ちるなどデビューへの壁は高かったようです。

しかし17歳で舞台出演をきっかけに数々の経験を積むことになる。

2003年  ミュージカル 『美少女戦士セーラームーン』の地場衛・タキシード仮面役で俳優デビュー。

2005年『ミュージカル・テニスの王子様』

2007年『スウィーニー・トッド』

2006年『純ブライド』で映画初主演。

2007年 『ハケンの品格』で天谷リュート役でレギュラー出演。
『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』神楽坂真言役でレギュラー出演。

2008年『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜』真里谷恭介役でレギュラー出演。

2010年 (第65回)文化庁芸術祭・演劇部門で「芸術祭新人賞」を受賞。

2011年『四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜』香月歩役で連続ドラマ初主演。

2016年  ミュージカル『アップル・ツリー』で演出家デビュー。

2018年10月24日  ミュージカルアルバム「a singer」を発売、6年半ぶりに歌手活動を再開。

代表的な出演作品
テレビドラマ:『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(2007年)、『ROOKIES』(2008年)、『天地人』(2009年)、GTO『文学処女』(2018年)

映画:『テニスの王子様』(2006年)、『ヒートアイランド』(2007年)、『ROOKIES -卒業-』(2009年)

舞台:『美少女戦士セーラームーン』(2003年)、『テニスの王子様』(2005年)、『エリザベート』(2010年、2015年、2016年)

『私のおじさん〜WATAOJI〜』城田優の役どころは?

城田優さんは、テレドリーム『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』担当のディレクター・千葉迅(ちば・じん)役を演じます。

 

View this post on Instagram

 

私のおじさん〜WATAOJI〜【公式】さん(@wataoji_friday)がシェアした投稿

性格は頑固で口が悪く、不器用。

身なりは伸びっぱなしの長髪にゆるゆるの服を着用することが多く、どこから見てもほぼほぼ不審者。

仕事面では面白いものを作るために、決して妥協を許さない熱血漢タイプ。

 

城田優の女性に対して見せる行動は?

 

城田優演じる、千葉迅が女性に対して見せる行動は

千葉迅は女関係に関しては超絶だらしなく、控えめにいっても超クソ男。なんか、キスくらい、ぜんっぜん誰とでもする。

どうやら、城田優さんはドラマの中では、女遊びが激しくキスに慣れてそうな役なので「相手が女性なら誰とでもキスOK!」のようです。

なので2話以降ももっとエロエロなシーンが出てくるかも知れませんね。

でも1話の最後のキスシーンはあまりに情熱的で、地でやってるように見えました(^▽^;)

まとめ

今回は「私のおじさん」1話の城田優さん演じる千葉迅のキスシーンに着目し、城田優さんは誰とでもキスするのか?についてまとめました。

ファンの方はショックだと思いますが、城田優さんは「キスぐらい全然誰とでもする超クソ男」みたいです。

但し、あくまでもドラマ中の役どころです(≧∇≦)

プライベートの城田優さんは、一途に一人の女性を愛すような、非常に真面目な男性かもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!