福井県 天たつの『汐うに』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、7月1日~7月5日は香福井県からの絶品朝ごはん特集です!

福井県の最終日は天たつの『汐うに』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された『汐うに』の内容に加え、天たつの「汐うに」の詳細や店舗情報についてまとめてみました。

ご興味があればご覧くださいね♪

福井県 天たつの『汐うに』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「汐うに」マーティン朝ごはんファイル 福井編

福井県の最終日はめがねのまち・鯖江市からの出発です。

マーティンもめがねをかけてます(笑)

マーティンが選んだ視聴者からの福井県おすすめ朝ごはんのお供は、「汐うに」に決定!

福井県は今日が最後、頑張って「行ってきマーティン!」

『汐うに』とは一体なに?福井市内で聞き込み調査開始!

『汐うに』は塩っ辛くて美味しい、ご飯が進むので朝ごはんにピッタリという声が。

聞き込みの情報を元に『汐うに』を販売しているお店へ向かい、早速取材交渉!

果たして結果は?

「YES!マーティン!」

 

このお店は江戸時代からウニ屋として創業した老舗「天たつ」。

創業当時と変わらない製法で作られている『汐うに』は「カラスミ」「このわた」と並ぶ日本三大珍味の一つ。

塩味がキツイので小指の先ぐらいの量をご飯にのせるのがちょうどいいらしい。

ほんのちょっとで美味しいと言う福井県民が愛してやまない『汐うに』をON THE RICE!

大きい口にパクり!

「おおおおーーすごい!」磯の風味に塩がちょうどよく組み合わさって、後味もくどくない。

ちょっとの量にウニの味がギュッと凝縮されていて、すごくご飯に合うとパクパクパクパク、勢いがが止まりません。

何杯でもいけちゃうとアッという間に完食しました!

美味しかったー♪ごちそうさまです~とご満悦(//∇//)

天たつの『汐うに』とは?

「カラスミ」「このわた」と並ぶ日本三大珍味の一つで、そもそもは日持ちのする保存用のウニとして加工されたもの。

越前仕立ての『汐うに』は江戸時代より越前の海岸で獲れたバフンウニの卵巣と塩だけで作られています。保存料は使わず獲れたてのウニに塩をふりかけ、浜風に数日間さらして熟成させていきます。

近年バフンウニの漁獲量が減少のため、越前海岸近海、鳥取、北海道、長崎などの国内産のバフンウニの卵巣を使用されているようです。

『汐うに』100g作るのになんと100個以上のバフンウニが使われる高級珍味!

「天たつ」の店舗情報

「天たつ」は福井市順化地区(通称:片町)にある200年の歴史を持つウニ専門店。

店名:天たつ本店
住所:福井県福井市順化2-7-17
TEL:0776-22-1679
営業時間:[月~土] 9:00~18:00 [日・祝] 10:00~17:00
定休日:不定休
交通手段:福井城址大名町駅から276m
「天たつ」公式HP:https://www.tentatu.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された『汐うに』の内容に加え、天たつの「汐うに」の詳細や店舗情報についてまとめてみました。

福井を訪れた際にはぜひ越前地方まで足を伸ばして本場ならではの海の幸をご堪能くださいね。

来週の朝ごはんジャーニーは神奈川県特集です。

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました