ZIP!マーティンの石川 金澤こっぺの『コッペパン』朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、4月15日~19日は石川県からの絶品朝ごはん特集です!

4月17日は石川金澤こっぺの『コッペパン』をご紹介します。

身近で気軽な存在のコッペパンですが、最近専門店が続々登場し、具材もあんこやイチゴジャムといった昔なつかしいものではなく、惣菜系からスイーツ系までバリエーション豊かな進化系コッペパンが大ブームとなってますね。

今回は番組で紹介された『金澤こっぺのコッペパン』の詳細と、都内で美味しいと人気のコッペパン専門店をまとめてみました。

興味のあるお店があれば是非足を運んでみてくださいね!

石川県 金澤こっぺ『コッペパン』/朝ごはんジャーニー

マーティンはいつものようにSNSをCheck!

コッペパン屋さんは金沢中央市場外にあるとのことで、早速地元の人に聞き込み調査を開始します!

コッペパン屋さん…?

コッペパンしか置いてないのかな…マーティンの頭はグルグル

「行ってきマーティン!」

地元の人からはこんな声が!

「種類が多い」
「まとめ買いをする人が多い」
「早く買いに行かないと自分の欲しい種類がなくなる」

マーティンは「市場のぱんや・金澤こっぺ」という看板を見つけました!

すぐさま取材交渉に店内に入ります。

結果は、「YES!マーティン!」

 

金澤こっぺはお昼時には完売してしまうほど地元で大人気のコッペパン専門店。

味は惣菜系からスイーツ系までバリエーション豊富に全30種類。

その中でも一番人気は、『とりごぼうコッペパン』

美味しい!ふわふわで噛み応えもしっかりあって、絶妙な甘辛さとパンとの相性もよく、パクパクあっという間に完食!

 

取材中にもお客さんが続々と入ってきます。

初めて来たという女性が「たまごコッペパン」を注文するのを見たマーティンはつられてしまい2個目を購入し、パクリと完食しました(╹◡╹)

 

金澤こっぺのコッペパンの詳細情報

駅西の金沢中央卸売市場商店街・市場正門の近くにあるコッペパン専門店・『金澤こっぺ』

 

View this post on Instagram

 

nana☺︎hachiさん(@hachi38098)がシェアした投稿

看板メニューはコッペパン!朝7時にはオープンしている早起きパン屋さんで地元で大人気。

パン生地は能登地鶏のたまご、中能登町のノンホル牛乳、国産小麦100%とこだわりの原材料を使って、朝早くから丁寧に手作りされ、単体で食べてもコシの良さや甘みが感じられ十分美味しいです。

 

View this post on Instagram

 

ともみ◡̈⃝︎さん(@tomonon_)がシェアした投稿

嬉しいポイント

★フワッフワッの焼きたてボリューム満点のパン。
★具材(惣菜系、甘い系)の種類が豊富。
★注文を受けてから具材を挟んでくれるので作りたてが食べられる。
★一度にいろいろな種類を買って楽しめる。

こっぺぱんの販売は朝7時~昼2時頃まで、売切れ次第終了しますので、早目に行くのがおすすめです。食パンやその他のパンはお昼に焼き上がり午後からの販売。朝7時から事前予約もできます。

 

店舗情報
店名:金澤こっぺ
住所:石川県金沢市西念4-7-1(金沢市中央卸売市場正門横)
営業時間:[月・火・木・金・土] 7:00~17:00  [日] 7:00~15:00
日曜営業
定休日:水曜日
お問い合わせ 076-263-2323
交通手段:上諸江駅から1,470m

出典:https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17009682/

 

東京近郊で美味しいと人気のコッペパン専門店

東京近郊で美味しいコッペパンが食べられる人気のお店を厳選5選ご紹介します。お気に入りのお店があればぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

吉田パン 亀有本店

吉田パン 亀有本店 画像
出典:面食いcloverさん  

場所は亀有駅から徒歩数分、テイクアウト専門の惣菜パン屋さん。「盛岡の福田パン」でノウハウを学んだ方が開業。パンはでっかくふわふわ、具材がたっぷり入っているのでボリューム満点。きんぴらやポテトサラダ、ごぼうサラダなどの惣菜や、ピーナッツバター、あんこ、ホイップなどのスイーツ系などバリエーション豊富。注文してから作り始めるので行列必須のお店です。パンがなくなり次第終了。

 

店舗情報
店名: 吉田パン 亀有本店
住所:東京都葛飾区亀有5-40-1
営業時間:[月]7:30~13:00(売切次第終了) [火~日]7:30~17:30(売切次第終了)
日曜営業
定休日:無休
お問い合わせ 03-5613-1180
交通手段:JR亀有駅北口 徒歩5分  亀有駅から290m

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13155555/dtlphotolst/1/smp2/

 

イアコッペ

イアコッペ 画像出典:フォルトゥナさん

 

上野駅の近く、さくらテラスのエスカレーターを上がっていくと目の前にあるコッペパン専門店。西日暮里のianak!自慢のパンで作ったコッペパン。売切必至の懐かしさに新しさが詰まった個性派コッペパンで一度食べたら忘れられない。自家製酵母を使用したしっとりもっちりが特徴。手土産に購入する人も多いよう。店頭にベンチがある程度なので、テイクアウトがおすすめです。

 

店舗情報
店名: イアコッペ (iacoupé)
住所:東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F
営業時間:10:00~19:00(なくなりしだい閉店)
日曜営業
定休日:無休
お問い合わせ 03-5812-4880
交通手段:JR線上野駅不忍口より徒歩約3分 上野の森サクラテラス3階
京成上野駅から174m

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13168047/

 

えびすぱん

出典:えもやん★スイーツハンターさん

 

恵比寿駅東口を出て広尾方面にしばらく歩いた通り沿いにある、焼印がかわいい恵比寿のコッペパンのお店。店内飲食可、テイクアウト可。サイズは小さめで恵比須ではリーズナブルな価格設定です。 国産小麦、天然酵母のパン、自家製のお惣菜を挟んだ塩っぱい系と、あんこやクリームを使った甘い系があり。たまごぱんはお店人気No.1。現代風にアレンジされた昔懐かしいコッペパンが特徴。

 

店舗情報
店名: えびすぱん
住所:東京都渋谷区恵比寿1-23-16 第六大浦ビル1F
営業時間:[月〜日]7:30-18:00 (モーニング7:30-10:00 テイクアウトのみ)
日曜営業
定休日:水曜日(不定休あり)
お問い合わせ 03-6450-2362
交通手段:JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅東口徒歩5分
恵比寿駅から495m

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13205790/

 

大平製パン

大平製パン 画像

出典:opallさん

千代田線千駄木駅から5分程度、不忍通り沿い、千駄木と根津のちょうど中間にある、レトロな雰囲気の小さなコッペパン専門店。看板の女の子の焼き印がなんともかわいらしいコッペパン。フワフワパンで美味しくって、種類が豊富、それでいて安価。店内はこじんまり、イートインのカウンター席が5席。人気店のため早目がおすすめです。

 

店舗情報
店名:大平製パン
住所:東京都文京区千駄木2-44-1 刈谷店舗
営業時間:平日 8:00~19:00(cafe 8:00~18:00) 土日祝 8:00~18:00(cafe 8:00~17:00) ※パンはなくなり次第終了
日曜営業
定休日:月曜(不定休あり)
お問い合わせ 非公開
交通手段:東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口から徒歩5分
都営バス 千駄木二丁目バス停前
千駄木駅から355m

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13170444/

 

盛岡製パン 狛江店

盛岡製パン 狛江店 画像出典:えもやん★スイーツハンターさん

 

東京・狛江市の小田急狛江駅前、岩手の味を気軽に楽しめる盛岡製コッペパン専門店。ふわふわしっとりのおおきいコッペパンに前沢牛コロッケ、ジャジャ麺など、盛岡の名物をサンド。11種類のおかずコッペパンと14種類のお菓子コッペパンの計25種類のラインナップ。テイクアウト専門店。

 

店舗情報
店名: 盛岡製パン 狛江店
住所:東京都狛江市中和泉1-1-1
営業時間:10:00~19:00 無くなり次第終了
定休日:無休
お問い合わせ 03-5761-7907
交通手段:J狛江駅から186m

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132603/13212751/

 

まとめ

今回はZIP朝ごはんジャーニーで紹介された、石川県『金澤こっぺのコッペパン』の詳細情報と、都内で美味しいと人気のコッペパン専門店をまとめてみました。

お気に入りのコッペパンのお店は見つかりましたか?

ブームにあやかって、一度コッペパン専門店のパンを味わってみるのもオススメです(*ノ´∀`)

それでは最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました