岩手県盛岡市 神子田朝市の『ひっつみ』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、5月27日~5月31日は岩手県からの絶品朝ごはん特集です!

5月28日は岩手県盛岡市 神子田朝市の『ひっつみ』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された神子田朝市の『ひっつみ』の内容に加え、「木偶の坊」の噂のひっつみの特徴や、都内でひっつみが食べれるお店をピックアップしてみました。

ご興味があればご覧くださいね♪

岩手県盛岡市 神子田朝市の『ひっつみ』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「ひっつみ」マーティン朝ごはんファイル 岩手編

今日は盛岡城跡公園からの出発。

マーティンが選んだ視聴者からのおすすめ情報は、「神子田朝市のひっつみ」。

ひっつみって何だろう?想像つかないまま「行ってきマーティン!」

「ひっつみとは一体なに?」

まずは盛岡市内で『ひっつみ』の聞き込み調査開始!

ひっつみとは、醤油ベースの汁に入れて具材として食べるお団子のすいとんのようだとか。

そしてマーティンはもらった情報に従って、神子田朝市へ向かい取材交渉を開始!

さて交渉の結果は?

「YES!マーティン!」

 

市場内でひっつみを探していると、「あっZIPだ、ZIP!」とどこからか女性の声が聞こえてきて、ひっつみを食べたいのでお店を探しているとマーティンが言うと、なんと気前のいいお母さんが一言「ごちそうするよ!」

マーティンはお母さんの厚意でひっつみをごちそうしてもらうことになりました(≧▽≦)

つるっと柔らかいひっつみの食感ともちもちの生地に野菜の旨味が染みて飲みやすい、優しい味!

ご飯がなくてもこれだけで満足できますねーごちそうさまでしたと完食!

お母さん、お父さんにまたおいでねと言ってもらって、マーティンは大喜び!

神子田朝市とは?

神子田朝市とは昭和43年に始まり、年間300日以上開催される朝市。多い日で一日5000人以上が訪れる盛岡市内の台所。

地元の野菜が売られていたり、飲食店も軒を連ねています。

「木偶の坊」の噂のひっつみの特徴

ひっつみは岩手県の郷土料理。すいとんと同じように小麦粉を練って薄く伸ばした生地を野菜と一緒に醤油ベースのダシで煮込んだもの。

食感はすいとんより餃子の皮やワンタンやきしめんの巨大版に近く、ボリュームがあるのでご飯がなくてもお腹がいっぱいになります。

岩手のひっつみに似た料理が山梨の「ほうとう」や青森県の「せんべい汁」です。

「木偶の坊」のひっつみは、普通のひっつみと違い、べろーんととんでもなくデカくて長ーいのが特徴。

ひっつみ 画像

出典:とんちゃんさん

適度なとコシとモッチリ食感でかなりの食べ応えがあります。

 

木偶の坊の店舗情報

名称:木偶の坊 (噂のひっつみ)
所在地:岩手県盛岡市神子田町20-3 神子田朝市
電話番号:0196-52-1721
営業時間:5:00~8:30 日曜営業
定休日:月曜日
交通アクセス:JR盛岡駅から車(タクシー)で約10分
東北自動車道の盛岡南インターから車で約10分
東北自動車道の盛岡インターから車で約20分
仙北町駅から1,212m

出典:食べログ

都内で「ひっつみ」が食べれるお店

岩手屋 本店

湯島の路地にたたずむ岩手の郷土料理が味わえるお店。岩手の海の幸や山の幸と東北の地酒を楽しむことができます。

名称:岩手屋本店
所在地:東京都文京区湯島3-38-8
電話番号:03-3836-9588
営業時間:16:00~21:30(L.O)
定休日:日曜・祝日
交通アクセス:地下鉄→千代田線「湯島」駅・徒歩二分。銀座線「上野御徒町」駅・徒歩四分。
JR「御徒町」駅・徒歩五分。
湯島駅から125m

出典:食べログ

はま焼き デンサク屋

岩手の海の幸や山の幸と東北の地酒をメインにした居酒屋。

岩手の郷土料理 ひっつみ汁
いりこ出汁に鰹節、鯖節、宗田鰹節、昆布で引いた出汁を掛け合わせ化学調味料を一切使用せず仕上ってます。
390円(税抜)

名称:デンサク屋 浜焼き 海ごはん
所在地:東京都葛飾区亀有5-28-12 YBCビル 4号室
電話番号:03-5849-3489
営業時間:[月~土]11:00~翌3:00 [日・祝日]16:00~23:00
定休日:無休
交通アクセス:常磐線 亀有駅 徒歩2分 亀有駅から179m

出典:食べログ

南部屋

地元で頂くひっつみはガッツリとボリューム満点ですが、こちらでは小ぶりのお椀に入ってる程度の量なのでお酒を飲んだ後のシメにおすすめです。

名称:南部屋
所在地:東京都杉並区上井草2-45-6
電話番号:03-3396-3823
営業時間:17:00~翌3:00 日曜営業
定休日:月曜日
交通アクセス:上井草駅から116m

出典:食べログ

津軽じょっぱり漁屋酒場銀座分店

八戸ひっつみ鍋
寒い冬に食べられる八戸や三戸周辺の伝承郷土料理。やはり南部藩の影響をうけた料理であり岩手名物としても名高い。いわゆる『すいとん』である。地域によっては『はっと』とも呼ぶ。

1人鍋 990円(税抜)

名称:津軽じょっぱり漁屋酒場 銀座分店
所在地:東京都港区新橋1-5-6 銀座第三誠和ビル 6F
電話番号:050-5589-0327
営業時間:[月~金] 17:00~24:00(L.O.23:00) [土] 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日(祝日も店休の場合がある)
交通アクセス:・JR新橋駅銀座口 徒歩2分
・東京メトロ銀座線新橋駅(3番出口) 徒歩1分 新橋駅から200m

出典:食べログ

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は朝ごはんジャーニーで紹介された神子田朝市の『ひっつみ』の内容に加え、「木偶の坊」の噂のひっつみの特徴や、都内でひっつみが食べれるお店をピックアップしてみました。

岩手を訪れた際には是非足を伸ばして本場でしか味わえない「木偶の坊」の噂のひっつみをご堪能くださいね。

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!