神奈川県 厚木市の『とん漬け』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、7月8日~7月12日は神奈川県からの絶品朝ごはん特集です!

神奈川県の4日目は厚木の『とん漬け』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された『とん漬け』の内容に加え、厚木市内でとん漬けが買えるお店をピックアップしました。

ご興味があればご覧くださいね♪

神奈川県 厚木の『とん漬け』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「とん漬け」マーティン朝ごはんファイル 神奈川編

神奈川県の4日目は鎌倉の御霊神社からの出発です。

マーティンが選んだ視聴者からの神奈川県おすすめ朝ごはんのお供は、厚木市の「とん漬け」に決定

厚木で『とん漬け』が有名とは知らなかったと「行ってきマーティン!」

『とん漬け』とは一体なに?厚木市内で聞き込み調査開始!

『とん漬け』は厚木で有名。

マーティンは神奈川出身なのに今まで『とん漬け』というものを知らなかったそうです。

「今冷蔵庫に入っている」と言った地元在住の奥さんに、なんとマーティンは「ぼくそれ食べれませんか?」と交渉!?

奥さんはマーティン持参のジャーを指さし、ご飯入ってるんですか?と聞きます(笑)

マーティンはそれに対して、「準備はいつでもできてます。」と返します(笑)

奥さんから、可能ですと返事をもらい、「YES!マーティン!」

 

早速お宅訪問をし冷凍庫から『とん漬け』の袋が出てきました。

『とん漬け』は元々養豚が盛んな厚木にある精肉店が考案したもので、現在は各々のお肉屋さんで特製味噌に豚肉を漬け込んんだものを食べるのが主流だそうです。

マーティンが待つテーブルに『とん漬け』ときゅうりとミニトマトを盛り合わせたお皿が運ばれてきます。

そしてジャーからアツアツご飯を取り出し、『とん漬け』をON THE RICE!

お肉でご飯を巻いてパクり!

「うまぁーー!」

美味しすぎて口の中にとん漬けご飯を入れすぎて「うーうー」何も話せない(゜∀。)

香ばしく焼かれた合わせ味噌の風味が漂い、食べるとパンチのある味噌の味と豚の味が合わさってめちゃくちゃ美味しかったと完食!

ごちそうさまでした(*⌒¬⌒*)

厚木の『とん漬け』はどこで買える?

焼いた『とん漬け』は白ご飯ととっても相性が良く、家庭の食卓以外にもお土産や贈り物として重宝される厚木の名産品。

こちらでは『とん漬け』が買える厚木市内の精肉店をご紹介します。

(株) 肉の田口

こちらのこだわりの漬けダレは、信州米みそ、中京豆みそ、九州麦みその三大合わせ味噌に厚木の地酒「盛升」を加えた自慢の味噌だれ。

店舗情報

店名:(株) 肉の田口
住所:神奈川県厚木市水引1-15-12
TEL:046-221-0822
営業時間:9:30~19:00
定休日:年中無休(年始を除く)
交通手段:【車】東名「厚木IC」から約15分  圏央道「海老名IC」から約15分
【公共交通(バス・徒歩)】
小田急本厚木駅北口から徒歩20分
本厚木駅北口(1) 松蓮寺、半原、田代行きバス「市立病院前」下車、徒歩1分
(株) 肉の田口公式HP:http://www.nikunotaguchi.com/

参照:http://www.atsugi-kankou.jp/

とん漬 (株)波多野商店

こちらは国産豚のロースを先祖代々伝わる秘伝の特製味噌ダレにじっくり漬け込み、代々変わらぬ老舗の味で親しまれている。

店舗情報

店名:とん漬 (株)波多野商店
住所: 神奈川県厚木市元町6−18
TEL: 046-221-0068
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日
交通手段:【車】東名「厚木IC」から約15分 圏央道「海老名IC」から約15分
【公共交通(バス・徒歩)】小田急本厚木駅北口から徒歩15分
とん漬 (株)波多野商店公式HP:http://www.tonduke.jp/

参照:http://www.atsugi-kankou.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された『とん漬け』の内容に加え、厚木市内でとん漬けが買えるお店をピックアップしました。

『とん漬け』は自宅で気軽に食べれますので、一度本場の味を食べてみるのも楽しみですね♪

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!