ZIP!マーティン 高知県四万十市の『青さのりの佃煮』朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、4月22日~26日は高知県からの絶品朝ごはん特集です!

4月25日は高知県四万十市の魚富本店『青さのりの佃煮』が紹介されました。

今回は番組で紹介された『青さのりの佃煮』の内容と、魚富青さのりの購入方法に加え、地元民に愛されている四万十川おすすめご当地グルメをまとめてみました。

老舗店や実際のクチコミを調べて評判の良いお店を7選ピックアップしました!

全部オススメです(笑)

どうぞ四万十に行かれる際は是非立ち寄ってみてくださいね♪

高知県四万十市の『青さのりの佃煮』朝ごはんジャーニー

今日のマーティンは高知市は「はりまや橋」からの出発です!

先ずはSNSをチェック!

視聴者からの今日のおすすめ朝ごはんは「四万十で採れたあおのり」がホカホカご飯にのせて食べると最高ーという情報。

のせると最高というフレーズに、マーティンはこれはもうのせなきゃダメですねと言って、

「行ってきマーティン!」

情報を元に高知市より車で西へ約2時間走った所に位置する、清流・四万十川が流れる四万十市へやって来ました。

早速聞き込み調査開始!

すると魚富(うおとみ)さんの『四万十川のあおのりの佃煮』がオリジナルで作っていて美味しいという情報をGet!

そして歩いて5分行った所の「魚富本店」に着いたマーティンは取材交渉の為に店内に入ります!

 

結果は「YES!マーティン!」

 

お店には四万十川でとれた鮎の甘露煮や鮎の子きくらげなどが並ぶ中、一番人気が『青さのりの佃煮』。

お皿に盛られた青さのりの香りが漂ってきてサイコー!

 

そして持ち歩いてるご飯を開け、青さのりをON THE RICE!

するとマーティンは「おおーー!」とあまりの美味しさに言葉がでない。

口の中で広がるのりの香りと食感が、なんともたまらなく美味しいんだろう(´・∀・`*)!

ご飯が止まらないとパクパク食べ…完食ー!

 

四万十川はどこを流れてる?

四万十川は高知県の西南端を流れる四国最長の大河。 源流点は標高1336mの不入山中腹に始まり、檮原町、中土佐町、四万十町、四万十市を通り土佐湾に注ぐ全長196kmの清流です。

四万十川の清流に育つ天然の鮎、ごり、川エビ、青のりが名産で、河口部に棲息する天然記念物の大型淡水魚アカメの生息地として有名です。

 

四万十川の名物「青さのり」

四万十川の名物「青さのり」は香り豊かでとても柔らかく、これだけでご飯が何杯もいただけます。

美味しいのりが育つには、海水と川の水が混じり、川底まで日光が届かなければならなく、透明度が高く最高の条件が揃った四万十川河口エリアに網を張り養殖し、収穫は手作業で行われています。

 

魚富本店の『青さのりの佃煮』の購入方法

四万十川の恵み「鮎、ごり、川エビ、青さのり」などを使った加工品の専門店。店内には「鮎の甘露煮」や「鮎の子きくらげ」「わさびのり」など、多くの商品が並びます。

魚富本店の『魚富いちばんのり 540円』は、魚富本店公式HPから注文できます。

 

店舗情報
店名:魚富本店
住所:高知県四万十市中村大橋通3-15
電話番号:0880-35-2554
営業時間:9:00~17:00(閉店)
休業日:日曜 1月1~3日休
アクセス:土佐くろしお鉄道中村線中村駅から徒歩20分
ホームページ http://www.uotomihonten.jp

 

 

四万十の川の幸おすすめのご当地グルメ7選

旅ではその土地のおいしいものを食べることも楽しみのひとつですね♪四万十川のあおのりは勿論のこと、四万十の新鮮で美味しい川の幸を堪能できる、絶対行きたくなってしまうご当地グルメ7選をご紹介します!

 

四万十川のほとり『四万十屋』

四万十川のほとりに立つ、四万十の川の幸の直売・郷土料理店。 昭和42年の開業以来、原料から製法に至るまで、無添加・無着色・手づくりがモットー。2階のお食事処はお座敷形式で、四万十川の景色を眺めながらゆったりと食事が楽しめる。四万十屋のおすすめは「天然うなぎ」。1階の売店では青さのりの佃煮など、四万十珍味を販売。

 

※天然うなぎは日時によって提供できない日があるため、事前に問い合わせると入荷状況を教えてもらえます。(四万十屋お食事処 0880-36-2828(午前10時~午後4時LO)

 

店舗情報
店名:四万十屋(しまんとや)
住所:高知県四万十市山路2494-1
電話:0880-36-2828
営業時間:10:00〜16:00(食事処)9:00~17:00(売店)
定休日:無休(※12/31~1/2を除く)
交通手段:中村駅から1,618m
店舗URL: http://www.shimantoya.com/store/

 

四万十川の絶景が見える食堂『いわき食堂』

四万十川とその支流の広見川の合流点にあたる江川崎に位置し、四万十川を眺めながら、ゆったりと食事を堪能できる。四万十川で採れた川エビやゴラ(魚)などの川魚はめちゃくちゃ美味しい。定食。丼物。うどんとメニューも豊富。中でも日替わり定食はボリューム満点の人気メニュー。食堂からの絶景は撮影スポットとしてもおすすめ。

 

店舗情報
店名:いわき食堂 (いわきしょくどう)
住所:高知県四万十市西土佐津野川647-5
電話:0880-52-1172
営業時間:8:00~19:00
定休日:第1第3日曜日
交通手段:江川崎駅から3,239m
店舗HP:http://www.shimanto.or.jp/GT/58iwaki/iwakisyokudo.html

出典:https://tabelog.com/kochi/A3904/A390401/39000332/

 

豪快な味の四万十料理『季節料理たにぐち』

高知県四万十市中村にある四万十料理の老舗。うなぎが有名なお店。天然ものにこだわり、季節の食材のもち味を生かす料理に定評がある。四万十川でとれる川エビが絶品。男性的な豪快な味の四万十料理が堪能できる。ランチもコストパフォーマンスが高く、美味しくボリューム満点でクチコミ評価が高い。

 

店舗情報
店名:季節料理 たにぐち(キセツリョウリタニグチ)
住所:高知県四万十市中村大橋通4丁目−50
電話:0880-34-3388
営業時間:[月~金]11:30〜13:00 17:00~21:30 [土]17:00〜21:30
定休日:毎週日曜日
交通手段:くろしお宿毛線「中村」駅より徒歩15分
くろしお鉄道「中村」駅から西南交通バス宿毛行きで5分
バス停「市役所前」下車、徒歩すぐ
高知道須崎東ICから国道56号経由1時間30分
中村駅から1,074m

出典:https://tabelog.com/kochi/A3904/A390401/39000355/

 

劇場風居酒屋で旅行者に評判『味劇場ちか』

「劇場」という名前だけあって地元、旅行者にも評判の居酒屋。厨房を囲むようにカウンターがあり、正に劇場をイメージした造りがユニーク。四万十川を始め、高知県~愛媛県の川の幸や黒潮で獲れた魚介類を中心に、多彩な郷土料理が味わえる。中でも焼きさば姿ずしが名物。他にもサラダ、小鉢、揚げ物、串焼き、点心、ごはん、お寿司など多種多様な居酒屋メニューが勢揃い。

 

店舗情報
店名:味劇場 ちか(アジゲキジョウチカ)
住所:高知県四万十市中村新町1-39-2
電話:0880-34-5041
営業時間:17:00~23:00 (22:00 ラストオーダー)  日曜営業
定休日:毎週木曜日(ゴールデンウィーク、8月、12月、年始は無休)
交通手段:土佐くろしお鉄道 中村駅 徒歩20分  中村駅から1,288m
店舗HP:http://www.ajigekijochika.com/

出典:https://tabelog.com/kochi/A3904/A390401/39000296/

 

予約が絶えない居酒屋『食酔亭元屋』

中村の中心街にある、地元の人にも観光客にも大人気。鮮度の高い料理が堪能できる居酒屋。店内は木の落ち着いた雰囲気。四万十料理も鮎、うなぎ、川エビ、青さのりと充実。土佐清水港で毎日仕入れるカツオと脂がのった鯖が天下一品。

 

店舗情報
店名:食酔亭元屋 (しょくすいていもとや)
住所:高知県四万十市中村栄町22-1-6
電話:0880-35-0358
営業時間:17:30~23:00
定休日: 日曜日
交通手段:中村駅から1,295m
店舗HP:http://www.40010.com/sakaemachi/s-mem/motoya.html

 

地元民にも親しまれる『居酒屋 喜八』

四万十市中村の中心地に位置し、地元民にも親しまれる居酒屋。四万十川の季節料理、一番のこだわりは、毎朝ご主人が清水漁港、以布利漁港から直接買い付けする新鮮素材だけを厳選した魚料理が中心。料理人として腕をふるうオーナーはふぐ調理師免許も所持する。これだけは食べてほしい料理「活〆清水さば刺身」「かつを塩たたき」。

 

店舗情報
店名:居酒屋喜八 (いざかやきはち)
住所:高知県四万十市中村天神橋10
電話:0880-34-0633
営業時間:17:30~01:00 GW・お盆は休まず営業
定休日: 毎週日曜日
交通手段:土佐くろしお鉄道中村駅から徒歩15分。車で5分。中村天神橋通りの西に位置する。

出典:https://tabelog.com/kochi/A3904/A390401/39001203/

 

四万十川の下流域にある「道の駅よって西土佐」

江川崎駅から歩いて10分程度。一階の右側にある鮎市場では、四万十川で獲れた天然の鮎・うなぎ・ツガニ・川えびを漁師さんが持ちこみ直販します。鮎の塩焼きの実演販売も行っている。

 

名称:道の駅 よって西土佐
所在地:高知県四万十市西土佐江川崎2410-3
電話 0880-52-1398
営業時間:7:30〜18:00
料金:天然鮎の塩焼き600円〜
休み:12月〜2月の火曜
駐車場:40台
施設URL:https://yotte.jp/

 

まとめ

今回はZIP朝ごはんジャーニーで、高知県四万十市の『青さのりの佃煮』が紹介されました。魚富の青さのりの購入方法と四万十川おすすめご当地グルメもまとめてみましたが行ってみたいお店は見つかりましたか?

筆者は四万十の新鮮な川の幸も海の幸も全部味わってみたくなりました(*^〇^*)

やっぱり旅の楽しみは食べることですよね♪

それでは最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました