静岡おでん『おにぎりのまるしま』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、5月13日~5月117日は静岡県からの絶品朝ごはん特集です!

5月16日は静岡おでん『おにぎりのまるしま』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された静岡おでん『おにぎりのまるしま』の内容に加え、『おにぎりのまるしま』のお店の詳細や、静岡県内で静岡おでんを食べれるお店をまとめてみました。

ご興味があればご覧くださいね♪

静岡おでん『おにぎりのまるしま』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「静岡おでん」マーティン朝ごはんファイル 静岡編

今日は三保の原からの出発です!

快晴で富士山がとっても綺麗です*.+゚☆

早速SNSで本日のオススメ朝ごはんをチェック!

「静岡駅近くにある、おにぎりのまるしまの黒いスープのおでんが美味しい!」という情報が!

なんでスープが黒いんだろう?と「行ってきマーティン!」

静岡市内で聞き込み調査開始!

「鰹節や醤油で作った個性的な黒いダシ」

「全部串で刺してある具材を好きなだけお皿に入れて食べる」

「朝はよく黒ダシおでんを食べる」などなど

たくさんの情報を聞き、教えてもらった黒いスープのおでんを食べれるお店へ歩いていくと、「おにぎりのまるしま」の看板を発見、早速取材交渉!

結果は…?

「YES!マーティン!」

 

しかし今日はなんとお店が閉店(;′Д`)

品物が入ってないので明日来てくださいということでした!

翌朝…….

店内は人がいっぱいで朝から大賑わい。

おでんのダシが本当に黒い。

昭和38年創業当時以降、豚のひき肉やしょう油がベースのダシを継ぎ足して作られたおでん。

マーティンが女将さんに物珍しそうに「これは何ですか?」と聞いたのは、イワシなどの魚を丸ごと練り込んで作られた静岡名物の黒はんぺん。

今日は静岡おでんの黒はんぺんをON THE RICE!

そしてさらに黒いダシをON THE KUROHANPEN!

うん合う!美味しい!弾力があって黒ダシの味がはんぺんに浸み込んでて美味しい。

最高のご飯のお供ですよとペロッと平らげ完食!

おにぎりのまるしまの店舗詳細

 

View this post on Instagram

 

junko amano 天野準子さん(@amajunkyoto)がシェアした投稿

昭和38年創業。静岡駅 南口より徒歩3分、昔懐かしい情緒たっぷりの雰囲気が漂うお店です。玄関には小さい赤色の「おでん」の旗と、横長の白色の「おにぎり」と描いた暖簾が垂れ下がってます。

店内に入った瞬間に50年タイムスリップしてしまう昭和レトロな雰囲気たっぷり。

300円のお得な朝食セットを出勤前に食べに寄るサラリーマンや、お昼時にはご近所の方やスーツ姿のサラリーマンがランチを楽しんだり、気軽におにぎりやいなりをテイクアウトをしていく様子が見られ、昔から地元の常連さんに親しまれているアットホームな感じです。

店頭のガラスケースには、おにぎり・おいなりさん・のりまき・天ぷらが置いてあり、店内には飲食できるテーブルがあります。おにぎりは100円前後でカツオ、しゃけ、とり、梅、お赤飯、玄米塩むすびなどのラインナップで、水分を含んだモチモチの食感。

 

View this post on Instagram

 

@mackeylemochuがシェアした投稿

静岡おでんのダシが黒いと言ってもここのおでんは薄めの黒いダシ。
筋、大根、なると、黒はんぺん、厚揚げ、モツ、玉子、こんにゃく、じゃがいも、昆布、ちくわ、さつま揚げなど、全14種類のおでんが1本60円という破格のお値段。

おでんは店の一角のテーブルに鍋ごと埋め込んであり、テーブル上のアルミケースに入った辛子や魚粉を好きなだけおでにかけて食べるとさらに味が増す感じがします。

好きなものを好きなだけセルフで取り、会計時に食べた串の本数を支払うスタイルです。

店名:おにぎりのまるしま
所在地:静岡県静岡市駿河区南町7-15
お問い合わせ:054-281-4900
営業時間:[月~金] 7:00~14:00 [土] 7:00~14:00
定休日:日曜・祝日
アクセス:JR東海 東海道本線 静岡駅 南口より徒歩3分
静岡駅から184m

出典:食べログ

静岡県内で真っ黒な「静岡おでん」が食べれるお店

真っ黒なスープに串で刺した具材をじっくり煮込み、ダシ粉や青のりなどかけて頂くちょっと風変わりな静岡おでん。

今回紹介しました「おにぎりのまるしま」以外に静岡県内で静岡おでんを食べれるお店をまとめてご紹介します。

静岡市葵区にある『青葉おでん街』
静岡駅から徒歩10分、昭和の雰囲気を醸し出す路地の両脇に、カウンターだけの小さなおでん屋さんが軒を連ねてます。

所在地:静岡県静岡市葵区常磐町2丁目3−6

青葉おでん街にある『みよしの』
おでんは真っ黒で味濃い目の大きめでお酒のツマミに最高です。

住所:静岡県静岡市葵区常磐町2-3-11
電話番号:054-255-6776

静岡市葵区にある『青葉横丁』
青葉横丁には18軒のカウンターのみで10人程度が限界のおでん屋さんが軒を連ねてます。

所在地:静岡県静岡市葵区常磐町1丁目8−7

青葉横丁にある『おばちゃん』
カウンターのみ10席所狭しとみんなで肩を寄せ合いながら座ります。おでんはほぼ一本108円。

住所:静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7
電話番号:054-221-7400

青葉横丁にある『三河屋』
青葉横町の入り口角にある4畳ほどのカウンターの店。おでん以外にフライもの、焼きものを楽しむことができます。

住所:静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7
電話番号:054-253-3836

JR静岡駅構内にある『三久』
静岡駅1階アスティにある居酒屋おでん。おでん以外にもメニューが豊富にあります。価格もリーズナブル。

住所:静岡県静岡市葵区黒金町4 アスティ東館
電話番号:050-5590-7103

静岡市駿河区にある『しぞ~か 駅南酒場』
JR静岡駅南口から徒歩1分。しぞーかっぽいメニューが豊富。安くてご当地料理が堪能できるお店。

住所:静岡県静岡市駿河区南町7-1
電話番号:050-5868-9829

静岡市葵区にある『おがわ』
浅間神社へ行く参道商店街に位置し、静岡おでんの元祖と言われる、超人気店駄菓子屋系の店。昼間のみの営業。

住所:静岡県静岡市葵区馬場町38
電話番号:054-252-2548

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は朝ごはんジャーニーで紹介された静岡おでん『おにぎりのまるしま』の内容に加え、『おにぎりのまるしま』のお店の詳細や、静岡県内で静岡おでんを食べれるお店をまとめてみました。

静岡を訪れた際には是非足を伸ばして、本場でしか味わえないおでんの味をご堪能ください。

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!