静岡・伊豆天城の『わさび漬け』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、5月13日~5月17日は静岡県からの絶品朝ごはん特集です!

5月14日は静岡県伊豆天城の『わさび漬け』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された天城の『わさび漬け』の内容に加え、わさび栽培や効能、伊豆天城のわさびを使ったご当地グルメについてまとめてみました。

ご興味があればご覧くださいね♪

静岡・伊豆天城の『わさび漬け』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「桜エビ」マーティン朝ごはんファイル 静岡編[ZIP!公式チャンネル]

今日マーティンは静岡県伊豆市だるま山高原からの出発です!

富士山、海、周りの山々の風景がとっても美しい☆(´∀`)

本日のおすすめ朝ごはんは何でしょう!?

「静岡といえばわさび漬けがおすすめ!東部、中部に有名なお店があるとのこと」

富士山のように日本一の朝ごはんを求めて「行ってきマーティン!」

マーティンは修善寺の方へ移動し『わさび漬け』について聞き込みをします。

出会ったおじさまたちに伊豆天城がわさび漬けの名産地であることを教えてもらい、早速「天城わさびの里」へ向かい取材交渉!

結果は?「YES!マーティン!」

 

ようやく自前のライスが登場し、静岡県民の大好物『わさび漬け』をON THE RICE!

そこにしょうゆをON THE WASABIZUKE!

ツーンとする辛さの中、酒かすの甘みで味全体がマイルドになると言いながらもツーンとした辛さがきつそうー、しかし箸を止めることなく食べ続け、完食ー!

いや、わさび漬けをこんな食べ方したら辛いでしょう(笑)

伊豆天城はわさびの名産地

伊豆天城は日本有数のわさびの名産地。天城山麓の水温13~15℃の豊富な湧き水を利用して緑深い山の中で無農薬でわさび栽培が行なわれています。

わさびの栽培方法は、下から大きな「石」、「砂利」、「砂」の三層からなる畳石式わさび田に天城山麓の湧水を流すことにより、わさび田一面に澄んだ水が流れるため、瑞々しく元気な極上わさびが育ちます。

できれば採れたての本物のわさび食べてみたいですね。擦りたての生わさびはチューブのわさびと違ってさほど辛くないのでわさびが苦手な人でも嫌な鼻ツーンはこないはずです。ただわさびは根に近いほど辛味が強くなるので豆知識として知っておいた方がよいでしょう。

わさびの栄養価と効能

わさびの辛味成分アリルイソチオシアネートには、抗菌作用や魚介類の寄生虫の抗虫効果、消化促進作用があるとされています。昔からお寿司やお刺身と一緒にわさびを食べるのにも、生魚の臭みを消したり、食中毒を防いだりきちんと意味があるんですね。

また、ワサビの香り成分には抗ストレス作用、精神安定作用があり、タンパク質やミネラル、食物繊維などの栄養価も高い食材と言われています。

伊豆天城のわさびを使ったご当地グルメ

伊豆で食べれるわさびを使った美味しいグルメをご紹介します。

伊豆天城「天城わさびの里」のわさび漬け

わさび漬け 画像

出典:bigstone-319さん 

静岡のお土産としてお馴染みの『わさび漬け』は刻んだわさびを酒かすに漬けたもの。今ではわさび専門店からお土産物屋まで幅広い場所で購入できます

今回ZIPで紹介された、わさびの名産地・伊豆天城にある道の駅「天城わさびの里」はわさび生産者直営店。『わさび漬け』以外にも、わさびみそ、わさびのり、わさび金山寺、わさび茎三杯漬け、わさび茎醤油漬けなど、わさびを使った様々な商品があります。

また伊豆天城の「わさび収穫体験」や、わさびと酒粕を使った「わさび漬加工体験」などのイベントも行なわれています。めったに経験できない貴重な体験ができますね。どちらも事前予約が必要ですのでご注意ください。

 

店舗情報
店名:天城わさびの里 (「道の駅」天城越え内)
所在地:静岡県伊豆市湯ヶ島892-6 道の駅」天城越え内
お問い合わせ:0558-85-1110
営業時間:8:30~17:00(冬季〜16:30) 日曜営業
定休日:無休
交通手段;国道414号線沿い。「道の駅天城越え」

出典:食べログ

深夜ドラマで取り上げられ有名になった「わさび丼」

わさび丼

賀茂郡河津町梨本371丁目にある「わさび園 かどや」。深夜のドラマ番組内で「生わさび付き・わさび丼」が取り上げられ有名になったお店。

あつあつのご飯にかつお節とおろしたての新鮮な生わさびをのせ、お醤油を回しかけるだけの至ってシンプルな食べ方なのに、生わさびの豊かな香りと上品な辛味で本当に味わい深い逸品です。

「わさび丼」を美味しく食べるには、生わさびのおろしたての香味と辛味を上手く引き出すようにおろすことが重要。おろし金で「の」の字を描くようにクルクル回しながらすります。

「かどや」はワサビ農家の店主が経営している食堂。こちらで提供される「わさび丼」は新鮮な生わさびの本当の味を堪能できるために開発されたメニューの一つ。

一度はおろしたてのわさびを食べて見たいと思っている方は是非おすすめです。

 

店舗情報
店名:わさび園 かどや
所在地:静岡県賀茂郡河津町梨本371-1
お問い合わせ:0558-35-7290
営業時間:[月、火、木~日]9:30~14:00 ※わさび直営所は17:00まで営業。売り切れ次第、早じまいあり。日曜営業
定休日:不定休(水曜日定休)
交通手段;車:沼津ICから天城超え 3.5hくらい。
電車:特急踊り子号で「河津駅」へ。 バスに乗り換えて25分、「河津七滝バス停」で下車、徒歩1分。バス代片道600円、駅前売店で往復切符を買うと1080円。

出典:食べログ

天城のおかあさんが作ったわさび葉コロッケ

わさびコロッケ 画像
地元天城のおかあさんたちが営んでいるお店『竹の子かあさん』。生わさび、山菜、野菜、工芸品やお惣菜ものががゴロゴロ売られています。

中でもおかあさんたちの手作り「わさび葉コロッケ」が超美味しいと、それを目当てに来る人が後を絶ちません。

水分が多目で柔らか目のホクホクじゃがいもに刻んだわさびの葉が沢山入っています。辛さはほとんどなく、時々鼻にツーンと抜ける程度の心地よい辛さ。天城特産のしいたけを使った「しいたけコロッケ」もあり、わさびやしいたけと天城の恵みがたっぷりと入ったコロッケは是非とも味わってみたいご当地グルメです。

 

店舗情報
店名:竹の子かあさん
所在地:静岡県伊豆市湯ケ島892-6
お問い合わせ:0558-85-1140
営業時間:9:30~16:00
定休日:水曜日(季節により変動)

出典:食べログ

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は朝ごはんジャーニーで紹介された天城の『わさび漬け』の内容に加え、わさび栽培や効能、伊豆天城のわさびを使ったご当地グルメについてまとめてみました。

伊豆を訪れた際には是非足を伸ばして本場でしか味わえない味をご堪能ください。

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました