鳥取県 福部町の『砂丘らっきょう』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

こんにちは!

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、6月24日~6月28日は鳥取県からの絶品朝ごはん特集です!

6月24日は鳥取県福部町の『砂丘らっきょう』が紹介されました。

今回は朝ごはんジャーニーで紹介された福部町の『砂丘らっきょう』の内容に加え、砂丘らっきょうのあれこれついてまとめてみました。

ご興味があればご覧くださいね♪

鳥取県 福部町の『砂丘らっきょう』ZIP!マーティンの朝ごはんジャーニー

「砂丘らっきょう」マーティン朝ごはんファイル 鳥取編

鳥取県の初日は広大な大絶景の鳥取砂丘からの出発です。

マーティンが選んだ視聴者からの鳥取県おすすめ朝ごはんのお供は、米子の「砂丘らっきょう」に決定です!

砂丘で育ったらっきょうなんですかね?と「行ってきマーティン!」

砂丘近くの鳥取駅前で『砂丘らっきょう』について聞き込み調査を開始!

鳥取県は砂丘で作るらっきょうが有名で朝の食卓には並ぶことが多いとか。

ということでマーティンは『砂丘らっきょう』を栽培している福部町へ移動します。

福部町では大正時代に砂丘でらっきょうを栽培することに成功し、今では『砂丘らっきょう』として鳥取県を代表するブランドになったようです。

地元のらっきょう畑?かららっきょうの匂いが漂う中、らっきょうの収穫をしている男性に生で食べられるのかと聞くと、

残念ながら、生のらっきょうは時期によっては食べられるとのこと、今収穫しているものは加工用のらっきょうのようでした。

マーティンはらっきょうを食べたいとお願いし、お兄さんから美味しいらっきょうを食べられるところへ連れて行ってもらうことになり、やった「YES!マーティン!」

するとその男性がマーティンの後ろからなんと「ZIP!ポーズ」(爆)

 

マーティンはお兄さんのお仕事が終わるまで収穫のお手伝いをして、砂丘らっきょうがある加工場へ向かいます。

そこで見せてもらったのは「らっきょう漬け」

一般的ならっきょうは1ヶ月くらいの漬け込みで十分食べ頃を迎えるようですが、『砂丘らっきょう』は1年間漬け込んであるので深みのある味わいに仕上がっているようです。

そんな格別な『砂丘らっきょう』をON THE RICE!

口に含んだ瞬間甘くてまろやかな口あたりにビックリ!

マーティン曰く、酸っぱいイメージがあったけどデザートみたいに甘味が強く、シャキシャキ感がご飯を進ませると箸が止まらない勢いで完食しました!

マーティンが知ってるらっきょうのイメージと全く違いとっても美味しかったようです。

『砂丘らっきょう』のあれこれをカンタン解説!

『砂丘らっきょう』の産地

鳥取県東部・中部の砂丘地で栽培され、鳥取砂丘の隣、福部村は全国屈指の大産地です。

『砂丘らっきょう』の歴史

江戸時代の参勤交代の時に、江戸幕府の薬草園・小石川薬園より持ち帰ったと言われ、生命力が旺盛ならっきょうは砂丘地帯でも育つということがわかり、当初は少数の農家で自家用として栽培されていたのが、戦後にスプリンクラー灌水が導入されてから大規模栽培が可能になり本格的始動となりました。

『砂丘らっきょう』の植え付けから収穫まで

7月下旬から8月末頃までの真夏の暑い中、1玉 1玉手作業で植え付け作業を行います。一人で1日平均1万球も植付けします。

極寒の冬を越した、翌年5月~6月にやっとらっきょうの収穫を行います。昔は一つ一つ手作業で収穫したという大変な重労働、今では機械が導入され随分と楽になったようです。

『砂丘らっきょう』の花

らっきょうの花 画像
10月下旬~11月上旬にらっきょうの花が畑一面に咲きます。その光景は赤紫のじゅうたんを敷き詰めたようで絶景です。

「砂丘のラベンダー」と呼ばれ、鳥取砂丘オアシス広場周辺と、東伯郡北栄町北条砂丘周辺で見ることができます。

寒さの厳しい冬の『砂丘らっきょう』

12~2月、日本海の厳しい風雪に耐える『砂丘らっきょう』は、冬の寒さが厳しければ厳しいほど、色が白く堅く引き締まったらっきょうに育ち春を待ちます。夏は地表面温度60℃、冬は氷点下という過酷な条件で育つ砂丘らっきょうは、生命力の塊といえます。

参照:全農とっとり公式HP

『砂丘らっきょう』を購入できる通販サイトは?

『砂丘らっきょう』はネット通販なら全国どこからでも自宅で気軽に本場鳥取の味を楽しむことができます。楽天通販ならポイントが付くのでお得ですね。

詳細はこちら

https://a.r10.to/hzYM0Y

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旅人マーティンが日本全国を旅しながら美味しい朝ごはんを探す『朝ごはんジャーニー』、6月24日~6月28日は鳥取県からの絶品朝ごはん特集です!

デザートのような甘みのあるらっきょうって一度食べてみたいですね♪

らっきょうの花「砂丘のラベンダー」も見てみたいなと思いました。

10月下旬~11月上旬に鳥取を訪れた際にはぜひ美しいラッキョウの花をお楽しみくださいね♪♪

それでは最後まで読んでいただきおおきにありがとうございます(*^^)/

コメント

error:Content is protected !!